北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

雪遊び楽しい! ノース・スノーランドin千歳オープン

勢いよくチューブ滑り

 千歳市蘭越のザ・ノースカントリーゴルフクラブ(GC、太田康裕社長)は29日、冬ならではの遊びを有料で提供する、「ノース・スノーランドin千歳」をオープンした。初日はオープニングを告げる大お菓子まきを行い、地元の子供を中心に大にぎわいで、チューブ滑りや雪上乗馬なども人気を集めている。

 この日は午前、午後と2回に分け、小学生以下を対象に大お菓子まきを行い、お菓子を計400袋まいた。中にはホテル宿泊券が入った「当たり」もあり、取れなかった子供にもお菓子を手渡すサービスの厚さ。午前中は100人以上の子供が参加し、千歳市の男の子は(8)は「5個取れて良かった」と笑顔を見せていた。

 今年は例年と比べて雪不足だが、雪をかき集めて会場を設営し、一部の遊びを除いて営業を開始した。高さ4メートル、斜面約15メートルの滑り台で行うチューブ滑り(4回分400円)は、雪不足で斜面はまだ長さ10メートル程度だったため、この日は地元の子供たちに無料開放。ゴムチューブでくるくる回りながら斜面を滑る遊びに、苫小牧の女の子(8)は「回って楽しかった」と喜んだ。

 雪上乗馬(大人1000円、小学生700円)、ミニスノーモービル(同)は長蛇の列ができる人気ぶり。銀世界の中で引き馬を楽しんだ苫小牧の島村篤樹君(8)は「落ちるかそわそわしたけど楽しかった」と話していた。同日午後からはインバウンド(訪日外国人旅行者)の団体客も入り、にぎわいも増している。

 「ノース~」は2009年度から取り組み、千歳の冬観光の目玉の一つに成長している。特にインバウンドから人気を集めており、09年度は入場者約8300人だったが、16年度は約4倍の約3万2300人に達した。今季は来年3月6日までの予定で、営業時間は午前9時~午後4時。問い合わせは同GC 電話0123(27)2121。

関連記事

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...

苫小牧民報

苫小牧のホッキ貝水揚げ 17年連続日本一

 苫小牧市の2016年ホッキ貝漁獲量は前年比30トン増の715トンで、産地の市町村別で17年連続日本一になったと、16日に同市が発表した。漁獲量全体の13%を占め、苫小牧産ホッキ貝のブランド力...