北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

大正期に建築した旧長谷川貿易ビルが解体【室蘭】

大正期に建築され、市民に親しまれてきた旧長谷川貿易ビル

 大正期に建築され、室蘭商工協会(現在の室蘭商工会議所)などとして、長年室蘭市民に親しまれてきた旧長谷川貿易ビル(室蘭市海岸町)が昨年11月下旬に解体された。歴史的建造物を残すには活用方法が欠かせないとあって、保存を求める運動の難しさを改めて浮き彫りにした。

 旧長谷川貿易ビルは、北欧の木造建築で多用されている建築様式「ハーフティンバー工法」で建てられた。楢崎産業の倉庫として使用された後、1923年(大正12年)から28年(昭和3年)まで室蘭商工協会、46年からは長谷川貿易の事務所として利用された。

 建物は何度か改築を重ね、貸家としても利用された。老朽化などを受けて解体の話が出たのは3年ほど前。建物の所有者だった長谷川立興さん(千葉県在住)は「父から譲り受けた建物であり何とか残したいと思ったが、老朽化による事故などが危惧されたため解体を決断した」と当時を振り返る。

 市内の歴史的建造物の調査に携わった室蘭工業大学の武田明純助教は「使い道を明確にしないと、古い建物を残していくのは難しい。まちづくりの中でこのような建物の活用を考える取り組みを活性化させていくことが、今後重要になってくる」と建築物保存の課題を指摘している。

 市内で歴史的建造物の保存を推進している蘭歴建見会の吉田幸恵会長は「当時の生活や時代の変化をうかがわせる貴重な建物だっただけに解体は残念。会でも活用案を考えたが、どれもしっくりこなかった」と話す。同会では、まち歩きなどを通じて市民に歴史的建造物の価値を知ってもらうことで、保存へのきっかけづくりを模索している。

昨年11月に解体され、更地となった建物跡地

関連記事

函館新聞

福島・岩部海岸クルーズが高評価 町民向けモニター乗船好調【福島】

 【福島】福島町まちづくり工房(代表理事・高木寿副町長)が町民対象に実施している「岩部海岸クルーズ」のモニター乗船が好評だ。利用者アンケートもほとんどが「非常に満足した」というもので、同法人は来...

函館新聞

蔦屋書店でGLAYの衣装展示 5年前の野外ライブで着用【函館】

 25、26日に緑の島(函館市大町)で開催される函館出身のロックバンド「GLAY」の野外ライブを記念し、函館蔦屋書店(石川町)は20日から、同店2階の大型モニター前にメンバー4人の衣装を展示して...

室蘭民報

野球教室でシャークスナインが小学生に技術指導【室蘭】

 小学生を対象にした室蘭シャークスの野球教室が19日、室蘭市の新日鉄住金球場で行われ、子どもたちが基礎技術を学び、シャークスナインと交流した。  教室には少年団8チームから100人が参加。シ...

室蘭民報

「宮古市民号」の第1陣が到着、夜景や観光満喫【室蘭】

 宮蘭フェリー就航を記念した岩手県宮古市の本年度事業「宮古市民号」の第1陣が20日夜、室蘭港に到着した。同市の委託事業で旅行会社3社が10月末までに各1回、冠の付いたツアーを計画している。下船...

室蘭民報

太陽を囲む虹のリング…「日暈」を観測【室蘭地方】

 20日午後1時ごろ、太陽を虹の輪が囲む「日暈(ひがさ)」と呼ばれる現象が室蘭地方で見られた。  室蘭地方気象台によると、太陽の光が空気中の氷の粒によって屈折し輝いて見える現象。この日の室蘭...