北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

大正期に建築した旧長谷川貿易ビルが解体【室蘭】

大正期に建築され、市民に親しまれてきた旧長谷川貿易ビル

 大正期に建築され、室蘭商工協会(現在の室蘭商工会議所)などとして、長年室蘭市民に親しまれてきた旧長谷川貿易ビル(室蘭市海岸町)が昨年11月下旬に解体された。歴史的建造物を残すには活用方法が欠かせないとあって、保存を求める運動の難しさを改めて浮き彫りにした。

 旧長谷川貿易ビルは、北欧の木造建築で多用されている建築様式「ハーフティンバー工法」で建てられた。楢崎産業の倉庫として使用された後、1923年(大正12年)から28年(昭和3年)まで室蘭商工協会、46年からは長谷川貿易の事務所として利用された。

 建物は何度か改築を重ね、貸家としても利用された。老朽化などを受けて解体の話が出たのは3年ほど前。建物の所有者だった長谷川立興さん(千葉県在住)は「父から譲り受けた建物であり何とか残したいと思ったが、老朽化による事故などが危惧されたため解体を決断した」と当時を振り返る。

 市内の歴史的建造物の調査に携わった室蘭工業大学の武田明純助教は「使い道を明確にしないと、古い建物を残していくのは難しい。まちづくりの中でこのような建物の活用を考える取り組みを活性化させていくことが、今後重要になってくる」と建築物保存の課題を指摘している。

 市内で歴史的建造物の保存を推進している蘭歴建見会の吉田幸恵会長は「当時の生活や時代の変化をうかがわせる貴重な建物だっただけに解体は残念。会でも活用案を考えたが、どれもしっくりこなかった」と話す。同会では、まち歩きなどを通じて市民に歴史的建造物の価値を知ってもらうことで、保存へのきっかけづくりを模索している。

昨年11月に解体され、更地となった建物跡地

関連記事

室蘭民報

噴火湾文化研究所が江戸後期の能衣装公開【伊達】

 伊達市噴火湾文化研究所(館山町)で収蔵されている江戸時代後期に作られた仙台藩亘理伊達家の能の衣装「濃茶地丸紋散(こいちゃじまるもんち)らし繍箔能装束(ぬいはくのうしょうぞく)」が25日、報道...

室蘭民報

室蘭遺族会が会員減少と高齢化で活動休止へ【室蘭】

 室蘭出身戦没者の遺族でつくる室蘭遺族会(徳中嗣史会長)が、会員の減少と役員の高齢化のため活動を休止する。同会が室蘭八幡宮境内に建立した招魂社も築60年以上がたち老朽化しており、近く解体する予...

室蘭民報

幕西の柏木さん宅に愛情注いだツツジと藤の花【室蘭】

 室蘭市幕西町の柏木むつ子さん宅の庭では、春の陽気に誘われて、鮮やかな3色のツツジと藤の花が咲き誇り、さわやかな香りを届けている。  母親が花を好きだったこともあり、幼い頃から触れ合い育った...

函館新聞

親世代に出張無料相談 ららぽーとブライダル【函館】

 日本ブライダル連盟加盟の結婚相談所「ららぽーとブライダル」(函館市新川町、米木司代表)は、独身者の親に対してアドバイスをする出張無料相談を始める。未婚の子を心配する親世代からの相談機会が...

函館新聞

尾道市の空き家再生に取り組む豊田さん招く 箱バルが1日【函館】

 西部地区の古い建物の利活用を進めている合同会社箱バル不動産(蒲生寛之代表)は6月1日午後6時半から、「地域をつなぐ小商いミーティングin函館西部地区」を入舟町の倉庫で開く。広島県尾道市で旧...