北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

大正期に建築した旧長谷川貿易ビルが解体【室蘭】

大正期に建築され、市民に親しまれてきた旧長谷川貿易ビル

 大正期に建築され、室蘭商工協会(現在の室蘭商工会議所)などとして、長年室蘭市民に親しまれてきた旧長谷川貿易ビル(室蘭市海岸町)が昨年11月下旬に解体された。歴史的建造物を残すには活用方法が欠かせないとあって、保存を求める運動の難しさを改めて浮き彫りにした。

 旧長谷川貿易ビルは、北欧の木造建築で多用されている建築様式「ハーフティンバー工法」で建てられた。楢崎産業の倉庫として使用された後、1923年(大正12年)から28年(昭和3年)まで室蘭商工協会、46年からは長谷川貿易の事務所として利用された。

 建物は何度か改築を重ね、貸家としても利用された。老朽化などを受けて解体の話が出たのは3年ほど前。建物の所有者だった長谷川立興さん(千葉県在住)は「父から譲り受けた建物であり何とか残したいと思ったが、老朽化による事故などが危惧されたため解体を決断した」と当時を振り返る。

 市内の歴史的建造物の調査に携わった室蘭工業大学の武田明純助教は「使い道を明確にしないと、古い建物を残していくのは難しい。まちづくりの中でこのような建物の活用を考える取り組みを活性化させていくことが、今後重要になってくる」と建築物保存の課題を指摘している。

 市内で歴史的建造物の保存を推進している蘭歴建見会の吉田幸恵会長は「当時の生活や時代の変化をうかがわせる貴重な建物だっただけに解体は残念。会でも活用案を考えたが、どれもしっくりこなかった」と話す。同会では、まち歩きなどを通じて市民に歴史的建造物の価値を知ってもらうことで、保存へのきっかけづくりを模索している。

昨年11月に解体され、更地となった建物跡地

関連記事

室蘭民報

中野さんが毎月発行の「白老の自然」が200号に【白老】

 白老町本町の中野嘉陽さん(77)が毎月発行している個人通信「白老の自然」(B4判)がこのほど通算200号を達成した。2001年(平成13年)の第1号以来、途絶えることなく発行し、四季折々の話...

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...