北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

氷像制作見学ツアー初めて企画 湖水氷結過程楽しむ-支笏湖氷濤まつり

氷像制作が進む氷濤まつり会場

 千歳市支笏湖温泉のカヌーを中心としたアウトドアショップ「支笏ガイドハウスかのあ」(松澤直紀代表)は、開幕準備の作業が進む2018千歳・支笏湖氷濤まつり(支笏湖まつり実行委主催、1月26日~2月18日)の会場内見学ツアーを初めて実施している。25日までの毎日2回催行。寒中に湖水を散布して氷像を大きくしていく作業の様子を間近に見て楽しむ内容だ。

 松澤代表は、支笏湖まつり実行委会場制作管理部のメンバーとして作業にも携わる。「完成後だけでなく、制作過程の氷像の美しさを知ってもらいたい」とツアーを企画。この時期の地元温泉施設の宿泊客向けアクティビティーとしての新機軸にもした。

 現在、まつり会場では材木や鉄パイプで組み立てた骨組みに漁網を掛け、ノズルやスプリンクラーで水を掛けて氷を定着させる作業が本格化している。散水がヤマ場を迎え、今月は100本以上並んだノズルから水が常時噴射されて氷が大きくなっていく。

 巨大なつららが伸びていき、平面の氷が広がりつつある様子など、完成前の会場のダイナミックな野趣を目の当たりにできる。松澤さんは「まつりだけではなく制作段階も観光資源にしたい。観光客のみならず地元の方にも見てもらえたら」と話す。

 会場ではショップで貸し出すスパイク付き長靴やヘルメット、雨がっぱや防水手袋を着用してもらう。危険箇所を把握したスタッフが案内し、氷像制作について説明する。

 開催時間は①午前7時~8時半②同11時45分~午後1時15分。対象は中学生以上で、料金はガイド料、道具レンタル、保険料込みで1人3000円。個人で帽子、防寒着を準備。問い合わせは支笏ガイドハウスかのあ 電話0123(25)2430。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...