北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

売り込め「恋人たちのまち」 動画やポスター作成【函館】

 函館市は、新たな観光資源として「恋人たちのまち」をキャッチフレーズに据え、本年度中にキャッチコピー、動画、ポスターを作成する。海まで真っすぐ伸びる坂道、坂の下に広がる函館港、異国情緒漂う教会群…。函館の持つまち並みの魅力を前面に出し「カップルに似合うまち」としてイメージ定着を図る。宣伝ツールを作った上で、新年度以降のプロモーション活動に活用していく考えだ。

 「恋」や「カップル」を連想させるまちとして売り込み、冬季に落ち込む観光客を底上げする。函館は食器用洗剤のCMで、老夫婦が手をつないでスキップする場面が有名になり、八幡坂を中心にカップルから人気がある。

 キャッチコピーはポスターや動画のオープニングに使う計画で、継続して使用できるものとする。動画はスライドショー形式を基本とし、時間は2~3分。八幡坂は必須で、港や教会を盛り込み、恋やカップルの雰囲気が感じられる内容。字幕を使う場合は、日本語のほか、英語、韓国語、簡体字と繁体字に対応する。ナレーションは入れず、BGMと画像だけとする。動画サイト・ユーチューブをはじめ、中国で3強と呼ばれる「愛奇芸」「騰訊」「優酷」の動画サイトに投稿。動画はDVDで納品する。

 ポスター(B1判)は計1000枚作り、日本だけではなく、中国にも対応。市内外の飲食店や国内外でのプロモーション活動で掲示する。いずれの制作も専門業者に委託し、3月末までに完成予定。

 市観光部は「カップルが何度も訪れたいと思ってもらえる、まちのイメージを植え付けられれば。カップルに似合うまちとして育て上げたい」と意気込む。工藤寿樹市長も、4日に開いた市年賀会でのあいさつで「夜景だけに頼らない観光資源づくりが重要。西部地区の直線的な坂、港、教会が織りなす風景を『恋人たちのまち』函館というキャッチフレーズで国内外に売り込むとともに、冬場の観光客誘致のためのプロモーションにも力を入れたい」と強調した。

関連記事

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...

室蘭民報

わくわく発掘体験、縄文楽しむ講座スタート【伊達】

 史跡北黄金貝塚公園(伊達市北黄金町)の解説ボランティア・オコンシベの会(小倉定一代表)は本年度、同公園と縄文文化により理解を深めてもらおうと、講座「縄文を楽しむ」を企画した。初回の16日には...

室蘭民報

宮蘭フェリー22日就航、新たな“海路”誕生祝う【室蘭】

 川崎近海汽船(東京)が室蘭市と岩手県宮古市を結ぶフェリー航路があす22日、就航する。室蘭の航路消滅から10年、北海道に新たな物流ルートが誕生する。両市では歓迎の準備が大詰めを迎えた。川近...

根室新聞

ビザなし交流 四島ファミリー訪問団帰島【根室】

 今年度のビザなし交流で受け入れ第2陣となった四島在住ロシア人のファミリー訪問団は19日夕、3泊4日にわたる管内住民との交流を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)でそれぞれの島へ戻った。管内...