北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

売り込め「恋人たちのまち」 動画やポスター作成【函館】

 函館市は、新たな観光資源として「恋人たちのまち」をキャッチフレーズに据え、本年度中にキャッチコピー、動画、ポスターを作成する。海まで真っすぐ伸びる坂道、坂の下に広がる函館港、異国情緒漂う教会群…。函館の持つまち並みの魅力を前面に出し「カップルに似合うまち」としてイメージ定着を図る。宣伝ツールを作った上で、新年度以降のプロモーション活動に活用していく考えだ。

 「恋」や「カップル」を連想させるまちとして売り込み、冬季に落ち込む観光客を底上げする。函館は食器用洗剤のCMで、老夫婦が手をつないでスキップする場面が有名になり、八幡坂を中心にカップルから人気がある。

 キャッチコピーはポスターや動画のオープニングに使う計画で、継続して使用できるものとする。動画はスライドショー形式を基本とし、時間は2~3分。八幡坂は必須で、港や教会を盛り込み、恋やカップルの雰囲気が感じられる内容。字幕を使う場合は、日本語のほか、英語、韓国語、簡体字と繁体字に対応する。ナレーションは入れず、BGMと画像だけとする。動画サイト・ユーチューブをはじめ、中国で3強と呼ばれる「愛奇芸」「騰訊」「優酷」の動画サイトに投稿。動画はDVDで納品する。

 ポスター(B1判)は計1000枚作り、日本だけではなく、中国にも対応。市内外の飲食店や国内外でのプロモーション活動で掲示する。いずれの制作も専門業者に委託し、3月末までに完成予定。

 市観光部は「カップルが何度も訪れたいと思ってもらえる、まちのイメージを植え付けられれば。カップルに似合うまちとして育て上げたい」と意気込む。工藤寿樹市長も、4日に開いた市年賀会でのあいさつで「夜景だけに頼らない観光資源づくりが重要。西部地区の直線的な坂、港、教会が織りなす風景を『恋人たちのまち』函館というキャッチフレーズで国内外に売り込むとともに、冬場の観光客誘致のためのプロモーションにも力を入れたい」と強調した。

関連記事

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...

苫小牧民報

苫小牧のホッキ貝水揚げ 17年連続日本一

 苫小牧市の2016年ホッキ貝漁獲量は前年比30トン増の715トンで、産地の市町村別で17年連続日本一になったと、16日に同市が発表した。漁獲量全体の13%を占め、苫小牧産ホッキ貝のブランド力...