北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館市役所 4月から建物内禁煙【函館】

 

建物内禁煙のため喫煙場所として使われる駐輪場

 函館市は4月1日から、市役所庁舎(4支所含む)の建物内禁煙に踏み切る。本庁舎はこれまで地下の喫煙室(約21平方メートル)で完全分煙を行ってきたが、屋内喫煙は廃止する。替わりに西側駐輪場の一部を改修し喫煙場所(約35平方メートル)として使う。職員は勤務時間外しか利用できなくなるため、愛煙家の肩身はますます狭くなりそうだ。

 官公庁の建物内禁煙を義務付ける健康増進法改正案や、道が受動喫煙防止条例を検討するなど、禁煙をめぐる議論を高まったことを受け、市も建物内禁煙を決めた。工藤寿樹市長の意向も反映した。新たな喫煙スペースは、2カ所ある西側駐輪場のうち庁舎側1カ所に半透明の板を張り付けて設ける。屋根が付いており、雨天時や冬季でも利用できる。

 基本は来庁者のための対応で、職員は庁舎外に出ることになるため勤務時間外のみ利用可。ただ、違反しても罰則はなく「職員のモラルに頼るしかない」(市総務部)という。4支所は支所ごとの対応に任せる方針。

 本庁舎では、もともと職場で喫煙できたが、時代の流れとともに各階2カ所での空間分煙(のちに1カ所に半減)となり、正面玄関を入って左側に完全分煙の個室を併用していた時代もあった。その後、2011年8月に現行の地下喫煙室を設け、建物内での完全分煙を続けていた。喫煙室廃止後の利用方法は未定。

 市総務部によると、4月を控え、今から禁煙を始める職員もおり「喫煙する職員が減るかもしれない」とみている。喫煙者が減ると、市のたばこ税の税収も減るが、たばこに起因する疾病が減り、医療費の削減にもつながる可能性も。同部は「職員が率先して健康増進を図るための措置」と理解を求めている。

関連記事

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

十勝毎日新聞

患者搬送で大規模練習 11月移転に向けて 厚生病院【帯広】

 帯広厚生病院(菊池英明院長)は22日、11月に予定する新病院(帯広市西14南9)への移転に向け、患者搬送のリハーサルを行った。引っ越しに向けた大規模練習は2回目。8日の1回目は胆振東部地震の...

十勝毎日新聞

3人の奮闘 実話で全道へ 帯北高演劇部【帯広】

 高文連十勝支部の演劇発表大会(17、18日・帯広市民文化ホール)で2年連続の最優秀賞に輝き、11月の全道大会(札幌)出場を決めた帯広北高演劇部(顧問・加藤真紀子教諭)。今回挑んだ作品「放課後談話...

室蘭民報

エアガン専用の射撃場「遊びに来て」【豊浦】

 豊浦町の元地域おこし協力隊の大戸有道さん(51)が町内大和でエアソフトガンの専用射撃場「BLOWBACK(ブローバック)」を開業した。道内でも珍しい屋外フィールドで人気を集めている。大戸さん...

室蘭民報

さいわい福祉会が車いす利用者の浴室整備【登別】

 社会福祉法人登別さいわい福祉会(山瀬隆幸理事長)は、運営する生活介護事業所「サポートセンター心愛(ここあ)」(登別市中央町)に、車いす利用者専用の浴室を整備した。専用機器を用いることで、車...