北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

都市空間をコースターで疾走  みらい館にVRコンテンツ【函館】

都市空間を駆け抜けるジェットコースターに乗っているような仮想現実体験ができるアーバンコースター

 はこだてみらい館(若松町、キラリス函館3階)は8日、期間限定の体験型仮想現実(VR)コンテンツ「アーバンコースター」の展示を開始した。飛行機などが行き交う近未来の都市空間をジェットコースターで走り抜ける体験ができる。2月12日まで。

 アーバンコースターはハシラス(東京都千代田区)が開発。ブランコ型の座席と足下には送風機があり、体験者は頭部装着型のディスプレーを使用することで、都市空間を360度見渡しながら高層ビルの谷間を高速で走るコースターに搭乗している疑似体験ができる。実際には体が多少揺れる程度だが、画面上ではビルが目前に迫ってきたり、高所から急降下したりする迫力のある映像を見ているため、体験者の中には何かを避けるように体を動かしたり、思わず声を上げたりする姿もあった。

 知内小学校6年生の成田天真君(12)は「曲がるところは迫力があって楽しかった」と話した。札幌から旅行中に訪れた澤田和枝さん(47)は「臨場感がすごい。(大丈夫だと)分かっていても怖いですね」と話していた。

 対象は13歳以上で、小学生は保護者の同意が必要。未就学児不可。入館料は大人600円、高校生以下300円。問い合わせは同館(0138・26・6000)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...