北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

舞う雪 蹴散らし 十勝牧場馬追い【音更】

冬場の運動不足解消のために馬場を駆ける農用馬

 音更町駒場の家畜改良センター十勝牧場(櫻井保場長)で9日、農用馬の運動不足解消や難産を防ぐための馬追い運動が始まった。雪が降る中、妊娠馬が白い息を吐きながら巨体を揺らして走り回っている。

 この日の十勝地方は低気圧の通過に伴い雪が降り、正午までに上士幌町ぬかびら源泉郷で11センチ、新得10センチなどの降雪を記録。帯広は5センチ。

 十勝牧場では国内公的機関で唯一、農用馬の改良、繁殖を行い、171頭を飼育している。冬は厩舎(きゅうしゃ)などで過ごすことが多くなり運動が不足する。出産に向け体力をつけるため、主に妊娠馬を対象に馬追いを行っている。

 午前9時半ごろから、80頭が3グループに分かれ、職員の乗る馬に追われながら、1周800メートルの運動場を2、3周ずつ走った。馬追いは一般公開しており、毎年写真愛好家が訪れる。町内の会社員大西ちひろさん(38)は「動きのある馬の写真を撮れる機会は少ない。また来たい」と話していた。

 2月末まで平日午前9時半ごろから1時間程度行う。問い合わせは同牧場(0155・44・2131)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

小学生の写真サークル発足 プロ招き技術学ぶ【十勝】

 十勝管内の小学生でつくる写真サークル「十勝フォトキッズ」が発足した。プロカメラマンを講師に約半年間、帯広市内を中心に月1、2回、写真講座を開く。小学生が自前で趣味やサークル活動の場を立ち上げるケ...

十勝毎日新聞

ばん馬の親子伸び伸び 今春オープン「ばんえい十勝牧場」【帯広】

 ばん馬の繁殖と育成に取り組む観光牧場として、今年4月にオープンした「ばんえい十勝農場」(帯広市泉町西9線、寄木貴広牧場長)。敷地内では生まれて間もない若駒に母馬が寄り添う姿が見られ、観光客らの人...

十勝毎日新聞

ロケット30日に再挑戦 IST【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は21日、延期していた高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを6月30日、7月1、4日の日程で行うと発表...

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...