北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

スノーピクニックが好評【名寄】

秘密基地をバックに笑顔を見せる参加者たち

 名寄振興公社とリバートリップキャメル(美深)による「ピヤシリの森スノーピクニック」が、市内日進のピヤシリスキー場周辺の森林で行われており、子どもから大人までが、スノーシューでの森林散策やソリ滑りなど、名寄の冬を満喫している。ツアーガイドを務めるリバートリップキャメルの辻亮多さんは「この地域の冬は、きれいで優しい。子どもからお年寄りまでが、ピヤシリの自然を満喫してもらえるプログラムを提供したい」と語っている。

 同ツアーは、スキーやスノーボードをしない人でも、ピヤシリの森で雪や自然に親しんでもらおうと、昨年から「ピヤシリの森スノーツアー」の一環として実施。地域住民をはじめ、道内外からの参加者も多い。

 スノーピクニックは、なよろ温泉サンピラーから雪上車に乗り込み、パウダースノーで彩られた木々に囲まれた山道を揺られること約5分、ベースキャンプとなる通称「秘密基地」と呼ばれる「ウパシ(アイヌ語で雪を意味する)」に到着。秘密基地は、畳二畳分ほどの広さのテント。薪ストーブを備えた癒しの空間となっている。ここで参加者はスノーシューを装着。辻さんの案内で起伏に富んだピヤシリの森を散策。途中、クマゲラなど森の動物を目にしたり、新雪の斜面を尻滑り。また、カレンツ(干しブドウ)といった木の実を収穫するなど、森内の探検を満喫。

 一通り散策を楽しんだ後は、秘密基地に戻り薪ストーブで暖を取る。小枝の先に刺してストーブの火であぶったマシュマロや、熱々の紅茶を味わうなど癒しのひととき。ひと休みした後は、秘密基地周辺でソリ滑りや雪合戦など、雪にまみれながら歓声を上げてはしゃぐ子どもたち。自然の魅力や雪遊びの楽しさを肌で感じさせていた。

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...