北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

スノーピクニックが好評【名寄】

秘密基地をバックに笑顔を見せる参加者たち

 名寄振興公社とリバートリップキャメル(美深)による「ピヤシリの森スノーピクニック」が、市内日進のピヤシリスキー場周辺の森林で行われており、子どもから大人までが、スノーシューでの森林散策やソリ滑りなど、名寄の冬を満喫している。ツアーガイドを務めるリバートリップキャメルの辻亮多さんは「この地域の冬は、きれいで優しい。子どもからお年寄りまでが、ピヤシリの自然を満喫してもらえるプログラムを提供したい」と語っている。

 同ツアーは、スキーやスノーボードをしない人でも、ピヤシリの森で雪や自然に親しんでもらおうと、昨年から「ピヤシリの森スノーツアー」の一環として実施。地域住民をはじめ、道内外からの参加者も多い。

 スノーピクニックは、なよろ温泉サンピラーから雪上車に乗り込み、パウダースノーで彩られた木々に囲まれた山道を揺られること約5分、ベースキャンプとなる通称「秘密基地」と呼ばれる「ウパシ(アイヌ語で雪を意味する)」に到着。秘密基地は、畳二畳分ほどの広さのテント。薪ストーブを備えた癒しの空間となっている。ここで参加者はスノーシューを装着。辻さんの案内で起伏に富んだピヤシリの森を散策。途中、クマゲラなど森の動物を目にしたり、新雪の斜面を尻滑り。また、カレンツ(干しブドウ)といった木の実を収穫するなど、森内の探検を満喫。

 一通り散策を楽しんだ後は、秘密基地に戻り薪ストーブで暖を取る。小枝の先に刺してストーブの火であぶったマシュマロや、熱々の紅茶を味わうなど癒しのひととき。ひと休みした後は、秘密基地周辺でソリ滑りや雪合戦など、雪にまみれながら歓声を上げてはしゃぐ子どもたち。自然の魅力や雪遊びの楽しさを肌で感じさせていた。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...