北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

スノーピクニックが好評【名寄】

秘密基地をバックに笑顔を見せる参加者たち

 名寄振興公社とリバートリップキャメル(美深)による「ピヤシリの森スノーピクニック」が、市内日進のピヤシリスキー場周辺の森林で行われており、子どもから大人までが、スノーシューでの森林散策やソリ滑りなど、名寄の冬を満喫している。ツアーガイドを務めるリバートリップキャメルの辻亮多さんは「この地域の冬は、きれいで優しい。子どもからお年寄りまでが、ピヤシリの自然を満喫してもらえるプログラムを提供したい」と語っている。

 同ツアーは、スキーやスノーボードをしない人でも、ピヤシリの森で雪や自然に親しんでもらおうと、昨年から「ピヤシリの森スノーツアー」の一環として実施。地域住民をはじめ、道内外からの参加者も多い。

 スノーピクニックは、なよろ温泉サンピラーから雪上車に乗り込み、パウダースノーで彩られた木々に囲まれた山道を揺られること約5分、ベースキャンプとなる通称「秘密基地」と呼ばれる「ウパシ(アイヌ語で雪を意味する)」に到着。秘密基地は、畳二畳分ほどの広さのテント。薪ストーブを備えた癒しの空間となっている。ここで参加者はスノーシューを装着。辻さんの案内で起伏に富んだピヤシリの森を散策。途中、クマゲラなど森の動物を目にしたり、新雪の斜面を尻滑り。また、カレンツ(干しブドウ)といった木の実を収穫するなど、森内の探検を満喫。

 一通り散策を楽しんだ後は、秘密基地に戻り薪ストーブで暖を取る。小枝の先に刺してストーブの火であぶったマシュマロや、熱々の紅茶を味わうなど癒しのひととき。ひと休みした後は、秘密基地周辺でソリ滑りや雪合戦など、雪にまみれながら歓声を上げてはしゃぐ子どもたち。自然の魅力や雪遊びの楽しさを肌で感じさせていた。

関連記事

日高報知新聞

森林資源の有効活用【様似】

【様似】日高地区「森林・林業・林産業活性化を促進するための連絡会議」(賀集繁喜会長)主催の特別講演会が14日、町立様似図書館視聴覚ホールで開かれ、林野庁北海道森林管理局の新島俊哉局長が貴重な再生資源...

日高報知新聞

営農状況を現地調査【新ひだか・新冠】

【新ひだか・新冠】日高振興局の松浦英則局長による管内農業情勢現地調査が15日、新ひだか、新冠両町で行われ、ピーマン、ミニトマト、肉牛の選果場や生産農家を回り、現地の状況を確認した。  今年2月の大...

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同...

苫小牧民報

豪華な飾りや塗装 苫小牧でデコトラ展示、募金イベント

 電飾やペイントなどで派手に装飾したデコレーショントラック(デコトラ)を全国から集めたチャリティーイベントが17日、苫小牧市若草町の中央公園で行われた。道内のデコトラ愛好家でつくる、北海道はまな...

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布が...