北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

随筆や小説、俳句など

【新ひだか】新ひだか文芸刊行委員会(竹田雄三編集委員長)はこのほど、「新ひだか文芸」第12号=写真=を発行した。随筆・随想や俳句、短歌、レポート、小説の寄稿28作品を掲載している。A5判181㌻。

 前身の静内文芸が昭和53年12月15日に創刊してから通巻38号、新ひだか文芸刊行委員会は今年で結成40周年を迎える。12号の巻頭では、もりみかげ(永井敦子)さんが昨年9月に町公民館で傘寿記念作品展を開くまでの半生をつづった「傘寿で初絵画展」。

 随筆・随想はこのほか、「文学散歩『岩内の旅』参加記(もりみかげ)、「我家の庭に咲く花たち」(中沢儀則)、「可愛い冬の訪問者たち」(同)、「鹿屋」(飛野涼子)の4作品。

 俳句は「夜桜」(三国矢恵子)など12作品、短歌は「わが一年」(高橋ゆき)など4作品。レポートは「龍雲閣から見えた東アジアと日本」(田畑隆章)、「馬産地日高誕生の理由を描く」(斉藤大朋)、小説は「河は呼んでいる」(堂本甫)、「あの夜の夢」(せつみ)、「サクラソウ」(新井田麗子)、「老醜(うたかたの記)」(桑野敏)、「笑説 生涯一記者 日高は楽しい」(長瀬千年)。

 表紙絵は自由美術協会会員の永野曜一さんが担当。12号の合評会は2月16日午後1時半から静内御幸町6のCoKoRo357で行われる。

 1冊千円で町図書館、文具のなかむら、CoKoRo357、松屋菓子舗で取り扱っている。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...