北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

各店の逸品まとめてPR 朝市がブランド化へ新事業【函館】

セレクト朝市として認定された商品を店頭で紹介するポップのイメージ

 函館朝市は、朝市で提供する商品のブランド化に向けた新事業に乗り出す。9日に発足した市や函館商工会議所などでつくる「函館朝市ブランド推進協議会」が各店自慢の逸品を集め、基準に従って「セレクト朝市」として商品を認定。一覧にまとめて3月からホームページなどで情報発信し、イメージ向上と売り上げアップを狙う。

 朝市の各店が提供する味やサービスの魅力を高め、広くPRするのが目的。総事業費は約150万円で、道中小企業総合支援センターの助成金を活用。地元市民が朝市で扱うグルメや海産物などを観光客に紹介する際にも役立ててもらう。

 1月中に朝市内の約150店から各店一押しの商品、サービスを2点まで募集。申請のあった商品について同協議会が、他の地域や店舗にない独自性や品質向上に向けた取り組みなどを基に審査。2月下旬をめどにセレクト朝市としてブランド化する商品を決める。

 各店は、同協議会が制作した認定マーク入りの販売用ポップを掲示し、商品に認定シールを貼付。同協議会は、ポスターやガイドブックを製作するほか、朝市のホームページや旅行雑誌などを通してPRに取り組む。

 セレクト朝市は随時、商品を入れ替える予定。函館朝市協同組合連合会の松田悌一事務局長は「露出が高まることで各店に足を運ぶ客が増え、セレクト朝市と併せて他商品を購入するきっかけにつながれば」と期待を寄せている。

関連記事

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...

苫小牧民報

苫小牧のホッキ貝水揚げ 17年連続日本一

 苫小牧市の2016年ホッキ貝漁獲量は前年比30トン増の715トンで、産地の市町村別で17年連続日本一になったと、16日に同市が発表した。漁獲量全体の13%を占め、苫小牧産ホッキ貝のブランド力...