北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

各店の逸品まとめてPR 朝市がブランド化へ新事業【函館】

セレクト朝市として認定された商品を店頭で紹介するポップのイメージ

 函館朝市は、朝市で提供する商品のブランド化に向けた新事業に乗り出す。9日に発足した市や函館商工会議所などでつくる「函館朝市ブランド推進協議会」が各店自慢の逸品を集め、基準に従って「セレクト朝市」として商品を認定。一覧にまとめて3月からホームページなどで情報発信し、イメージ向上と売り上げアップを狙う。

 朝市の各店が提供する味やサービスの魅力を高め、広くPRするのが目的。総事業費は約150万円で、道中小企業総合支援センターの助成金を活用。地元市民が朝市で扱うグルメや海産物などを観光客に紹介する際にも役立ててもらう。

 1月中に朝市内の約150店から各店一押しの商品、サービスを2点まで募集。申請のあった商品について同協議会が、他の地域や店舗にない独自性や品質向上に向けた取り組みなどを基に審査。2月下旬をめどにセレクト朝市としてブランド化する商品を決める。

 各店は、同協議会が制作した認定マーク入りの販売用ポップを掲示し、商品に認定シールを貼付。同協議会は、ポスターやガイドブックを製作するほか、朝市のホームページや旅行雑誌などを通してPRに取り組む。

 セレクト朝市は随時、商品を入れ替える予定。函館朝市協同組合連合会の松田悌一事務局長は「露出が高まることで各店に足を運ぶ客が増え、セレクト朝市と併せて他商品を購入するきっかけにつながれば」と期待を寄せている。

関連記事

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...

日高報知新聞

日高線協議進展なし

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が21日、公民館で開かれた。JR北海道の綿貫泰之常務が出席し、今後のあり方を話し合ったが、前回臨時会議から大きな進展はなかった。...

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...