北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

各店の逸品まとめてPR 朝市がブランド化へ新事業【函館】

セレクト朝市として認定された商品を店頭で紹介するポップのイメージ

 函館朝市は、朝市で提供する商品のブランド化に向けた新事業に乗り出す。9日に発足した市や函館商工会議所などでつくる「函館朝市ブランド推進協議会」が各店自慢の逸品を集め、基準に従って「セレクト朝市」として商品を認定。一覧にまとめて3月からホームページなどで情報発信し、イメージ向上と売り上げアップを狙う。

 朝市の各店が提供する味やサービスの魅力を高め、広くPRするのが目的。総事業費は約150万円で、道中小企業総合支援センターの助成金を活用。地元市民が朝市で扱うグルメや海産物などを観光客に紹介する際にも役立ててもらう。

 1月中に朝市内の約150店から各店一押しの商品、サービスを2点まで募集。申請のあった商品について同協議会が、他の地域や店舗にない独自性や品質向上に向けた取り組みなどを基に審査。2月下旬をめどにセレクト朝市としてブランド化する商品を決める。

 各店は、同協議会が制作した認定マーク入りの販売用ポップを掲示し、商品に認定シールを貼付。同協議会は、ポスターやガイドブックを製作するほか、朝市のホームページや旅行雑誌などを通してPRに取り組む。

 セレクト朝市は随時、商品を入れ替える予定。函館朝市協同組合連合会の松田悌一事務局長は「露出が高まることで各店に足を運ぶ客が増え、セレクト朝市と併せて他商品を購入するきっかけにつながれば」と期待を寄せている。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...