北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

子牛初競り高値 1頭50万円前後 ホクレン市場【音更】

 ホクレン十勝地区家畜市場(町音更西2線)で10日、今年の初競りとなる乳牛の育成牛市場が行われた。出品者や購買者が集まり、今年の市場の活況を願った。

初競りでにぎわうホクレン十勝地区家畜市場

 十勝家畜市場運営委員会(委員長・新津賀庸JAあしょろ組合長)、ホクレン帯広支所の主催。初競りは生後数カ月から種付けするまでの育成牛市場を皮切りに、翌週にかけて黒毛和種などの肉牛でも行われる。

 競りに先立ち、新津委員長が「売りやすく、買いやすい、信頼される安心な市場運営をしたい」とあいさつ。購買者を代表し、士幌町の高橋良浩さんの発声で乾杯した。この日は前年比87頭増の511頭の出品申し込みがあった。1頭目はご祝儀相場もあり70万円を超える値が付き、以降も50万円前後の値段が続いた。

 育成牛市場は、昨年4~12月の1頭当たりの平均価格が54万円の高値となっている。乳牛への黒毛和種の種付けで頭数が減る一方、引き合いが強いことが影響している。ただ、性判別精液の普及などで頭数も増加傾向にあり、価格は若干の落ち着きを見せ始めている。

 市場全体では昨年4~12月の取扱頭数は5万2731頭、取扱高は292億5900万円で、頭数、取扱高とも高水準だった前年とほぼ同等だ。

関連記事

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...

日高報知新聞

日高線協議進展なし

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が21日、公民館で開かれた。JR北海道の綿貫泰之常務が出席し、今後のあり方を話し合ったが、前回臨時会議から大きな進展はなかった。...

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...