北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

倒壊灯台海底で発見 当面は簡易標識で対応【留萌】

海底で発見された留萌港の灯台の折れた部分(留萌海保提供)

 昨年12月に発達した低気圧の影響による強風や高波の影響で倒壊した留萌港西防波堤の南灯台の残骸が9日、灯台設置付近の海底で発見された。

 倒壊した灯台は、昭和50年10月に設置。鉄筋コンクリート造で高さ約16メートル、直径約2・7メートル。黄金岬付近から北に約1・8キロメートルの距離にあり、昨年12月26日に土台を含む高さ約3メートルの部分を残してなくなったことが発見された。

 留萌海保では、巡視艇の測定機器、業務を委託した民間ダイバーによる潜水調査などで倒壊した灯台部分の捜索を昨年12月31日から実施しており、9日午前8時23分ごろ、灯台の基礎部分がある場所から東約35メートルの海中、水深約9メートル~17メートルで灯塔部分と灯籠部分(合わせて高さ約12メートル)を発見。船の運航に支障はないとみられることから、早ければ3月に引き上げ作業を行いたい意向だ。

 また、留萌海保は緊急措置として、昨年12月31日に代替の簡易標識(仮灯)を設置した。光の到達距離は13キロメートルで従来設置されていた灯台の約3分の1となる。来年をめどに灯台の修復作業を開始する予定だ。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...