北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

倒壊灯台海底で発見 当面は簡易標識で対応【留萌】

海底で発見された留萌港の灯台の折れた部分(留萌海保提供)

 昨年12月に発達した低気圧の影響による強風や高波の影響で倒壊した留萌港西防波堤の南灯台の残骸が9日、灯台設置付近の海底で発見された。

 倒壊した灯台は、昭和50年10月に設置。鉄筋コンクリート造で高さ約16メートル、直径約2・7メートル。黄金岬付近から北に約1・8キロメートルの距離にあり、昨年12月26日に土台を含む高さ約3メートルの部分を残してなくなったことが発見された。

 留萌海保では、巡視艇の測定機器、業務を委託した民間ダイバーによる潜水調査などで倒壊した灯台部分の捜索を昨年12月31日から実施しており、9日午前8時23分ごろ、灯台の基礎部分がある場所から東約35メートルの海中、水深約9メートル~17メートルで灯塔部分と灯籠部分(合わせて高さ約12メートル)を発見。船の運航に支障はないとみられることから、早ければ3月に引き上げ作業を行いたい意向だ。

 また、留萌海保は緊急措置として、昨年12月31日に代替の簡易標識(仮灯)を設置した。光の到達距離は13キロメートルで従来設置されていた灯台の約3分の1となる。来年をめどに灯台の修復作業を開始する予定だ。

関連記事

室蘭民報

おとなのかるた大会で木札に集中し熱戦【洞爺湖町】

 新春・おとなのかるた交流大会が14日、洞爺湖町高砂のあぶた体育館であった。参加者9人が木札に集中し、熱戦を繰り広げた。  洞爺湖スポーツクラブ(青木佐智子会長)が主催し2014年(平成26...

室蘭民報

ひな人形がずらり、室蘭市内の大型店などで販売本格化【室蘭】

 室蘭市内の大型店などで、ひな人形の販売が本格化した。店頭には赤やピンク色のかわいらしいおひなさまがずらりと並び、まな娘の成長を願う両親や祖父母が好みの商品を探し求めている。  イオン室蘭店...

函館新聞

函館マラソン、エントリー2月19日開始 宿問題解消へ宿泊予約あっせん【函..

 函館市教委は16日、フル・ハーフ同時開催となって3回目の「2018函館マラソン」(7月1日、市千代台公園陸上競技場発着)について、2月19日にエントリー受け付けを開始することを明らかにした。昨...

函館新聞

「焼きピロシキ」好評 各店独自に工夫、味めぐりするファンも【函館】

 はこだて雇用創造推進協議会(会長・谷口諭函館市経済部長)が開発し、市内の6事業者が昨年12月に販売した「はこだて焼きピロシキ」が好評だ。一定のルールを基にロシア風のパンの中に各店がオリジナルの...

釧路新聞

野生動物飾る光の演出/釧路空港

 たんちょう釧路空港を利用する観光客を歓迎しようと、16日から釧路空港ターミナルビル正面のモニュメント一帯が発光ダイオード(LED)イルミネーションの彩りに包まれている。釧路空港利用整備促進期成...