北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭・西野製作所などが開発のEVをモーターショーに出展【札幌】

西野製作所などが開発した寒冷地仕様EV「ネイクル」の試作2号車

 中小機構北海道の戸田直隆本部長が10日、室蘭民報社を訪れ、同北海道が調整役となり、室蘭の西野製作所(西野義人代表取締役社長)など道内のものづくり企業10社が共同開発を進めている寒冷地仕様の小型電気自動車(EV)「ネイクル」の2人乗りタイプを試作し、19日に札幌ドームで開幕する「札幌モーターショー」でお披露目する方針を明らかにした。

 ネイクルは、国内初となる寒冷地仕様EVの製造・販売を目指し、同北海道がコーディネート役を務め、代表企業である同製作所はじめ、道内のものづくり関連企業10社でつくるコンソーシアム「チーム・ネブス」が、各社の技術を結集し開発に取り組んでいる。

 ネイクル初の2人乗りとなる試作3号車は、光岡自 動車(富山県)のトライク型(三輪バイク)EVベースに、100キロまで積載可能な荷台を搭載。このほか、走行距離など昨年1月に完成した1人乗り用の2号車から性能面も進化しているという。

 戸田本部長は「ネイクル開発には自動車に直接関係のない企業も参加しているが、取り組みがメディアに取り上げられたり、異業種同士のつながりが生まれ、新規開拓や顧客獲得につながるなど大きな効果があった」と手応え。モーターショーでは2号車と3号車を展示するほか、6月にネイクルを納車予定の民間企業との調印式も実施する。

 こうした寒冷地仕様EV開発を通じ「農業用トラクターのEV化や、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)による生産効率化にもつながっていけば」と期待。企業の事業継承支援、Webを利用したビジネスマッチングシステム「J―GoodTech(ジェグテック)」にも力を入れる考えを示した。

関連記事

室蘭民報

室清水高出身で日本画家・小島さんが作品展【室蘭】

 きょう22日に開かれる室蘭清水丘高校(菅原和良校長)の創立100周年記念式典に合わせ、14期生で日本美術院特待の日本画家、小島和夫さん(72)=東京都在住=の日本画展が21日、室蘭市中央町の...

室蘭民報

即売や体験…16日に「のぼりべつ技能祭」

 第9回のぼりべつ技能祭(登別技能協会、登別職業訓練協会主催、室蘭民報社中部支社など後援)が16日、登別市青葉町の登別地方高等職業訓練校で行われる。訓練生らが手掛けた作品を販売するほか、餅まき...

室蘭民報

伊達信金のキッズ探検隊で1億円の重さ体験

 伊達信用金庫(舘崎雄二理事長)は12日、梅本町の本店で「2018だてしんキッズ探検隊」を開いた。市内の京王幼稚園、虹の橋保育園、つつじ保育所の園児ら約120人が参加し、お金の重さ体験では、1...

室蘭民報

「じゃり道工房」で優しさあふれる染め絵並ぶ【洞爺湖町】

 石川県在住の加賀友禅作家、志田弘子さんと家族による「じゃり道工房」の作品展が8日、洞爺湖町洞爺町の洞爺湖芸術館で始まった。志田さんの母親としての愛情や、命の大切さなどへの強い思いを込めた染め...

十勝毎日新聞

特製草履で挑め「世界一」 23日「ナウマン卓球」【幕別】

 「第4回全世界ナウマンぞうり卓球大会in忠類」が23日、十勝ナウマン温泉ホテルアルコ(町忠類白銀町384)で開かれる。町忠類で発掘されたナウマンゾウの化石にちなみ、特製の草履ラケットを使用。“海外...