北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭・西野製作所などが開発のEVをモーターショーに出展【札幌】

西野製作所などが開発した寒冷地仕様EV「ネイクル」の試作2号車

 中小機構北海道の戸田直隆本部長が10日、室蘭民報社を訪れ、同北海道が調整役となり、室蘭の西野製作所(西野義人代表取締役社長)など道内のものづくり企業10社が共同開発を進めている寒冷地仕様の小型電気自動車(EV)「ネイクル」の2人乗りタイプを試作し、19日に札幌ドームで開幕する「札幌モーターショー」でお披露目する方針を明らかにした。

 ネイクルは、国内初となる寒冷地仕様EVの製造・販売を目指し、同北海道がコーディネート役を務め、代表企業である同製作所はじめ、道内のものづくり関連企業10社でつくるコンソーシアム「チーム・ネブス」が、各社の技術を結集し開発に取り組んでいる。

 ネイクル初の2人乗りとなる試作3号車は、光岡自 動車(富山県)のトライク型(三輪バイク)EVベースに、100キロまで積載可能な荷台を搭載。このほか、走行距離など昨年1月に完成した1人乗り用の2号車から性能面も進化しているという。

 戸田本部長は「ネイクル開発には自動車に直接関係のない企業も参加しているが、取り組みがメディアに取り上げられたり、異業種同士のつながりが生まれ、新規開拓や顧客獲得につながるなど大きな効果があった」と手応え。モーターショーでは2号車と3号車を展示するほか、6月にネイクルを納車予定の民間企業との調印式も実施する。

 こうした寒冷地仕様EV開発を通じ「農業用トラクターのEV化や、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)による生産効率化にもつながっていけば」と期待。企業の事業継承支援、Webを利用したビジネスマッチングシステム「J―GoodTech(ジェグテック)」にも力を入れる考えを示した。

関連記事

室蘭民報

小幌駅で24、25日にXマスパーティー【豊浦】

 周辺に人家がなく、「日本一の秘境駅」で知られる豊浦町のJR小幌駅で24、25日、クリスマスパーティーが開かれる。今年で3回目。徐々に人気を集め、すでに数人が参加予定という。主催者は「冬の『秘...

室蘭民報

あつま国際雪上3本引き大会の参加チーム募集【厚真】

 震災にも負けず、開催します―。「第12回あつま国際雪上3本引き大会」(同実行委主催)が来年1月20日、厚真町本郷234のかしわ公園野球場で開かれる。優勝チームには賞金20万円と厚真産のさくら米...

室蘭民報

市内のテーマパークで冬イベント多彩「来てね」【登別】

 登別市内のテーマパークで、ウインターシーズンや年末年始にちなんだイベントが多彩だ。サンタクロースを模した展示や日本文化の体験コーナーなど、季節感あふれる仕掛けが充実している。  登別マリン...

室蘭民報

象徴空間開設まで500日、各地でイベント【札幌、白老、室蘭】

 白老町に建設中の民族共生象徴空間(2020年4月24日オープン予定)の開設500日前となった11日、札幌市、室蘭市、白老町で記念のカウントダウンセレモニーやイベントが開かれた。象徴空間の愛...

室蘭民報

15日にミニ四駆レース大会【室蘭】

 室蘭まちづくり放送(愛称・FMびゅー、室蘭市輪西町、沼田勇也代表取締役社長)は、15日に同市中央町のスーパーアークス室蘭中央店でMINI4GP(ミニヨングランプリ)を開催する。FMびゅー開局...