北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭・西野製作所などが開発のEVをモーターショーに出展【札幌】

西野製作所などが開発した寒冷地仕様EV「ネイクル」の試作2号車

 中小機構北海道の戸田直隆本部長が10日、室蘭民報社を訪れ、同北海道が調整役となり、室蘭の西野製作所(西野義人代表取締役社長)など道内のものづくり企業10社が共同開発を進めている寒冷地仕様の小型電気自動車(EV)「ネイクル」の2人乗りタイプを試作し、19日に札幌ドームで開幕する「札幌モーターショー」でお披露目する方針を明らかにした。

 ネイクルは、国内初となる寒冷地仕様EVの製造・販売を目指し、同北海道がコーディネート役を務め、代表企業である同製作所はじめ、道内のものづくり関連企業10社でつくるコンソーシアム「チーム・ネブス」が、各社の技術を結集し開発に取り組んでいる。

 ネイクル初の2人乗りとなる試作3号車は、光岡自 動車(富山県)のトライク型(三輪バイク)EVベースに、100キロまで積載可能な荷台を搭載。このほか、走行距離など昨年1月に完成した1人乗り用の2号車から性能面も進化しているという。

 戸田本部長は「ネイクル開発には自動車に直接関係のない企業も参加しているが、取り組みがメディアに取り上げられたり、異業種同士のつながりが生まれ、新規開拓や顧客獲得につながるなど大きな効果があった」と手応え。モーターショーでは2号車と3号車を展示するほか、6月にネイクルを納車予定の民間企業との調印式も実施する。

 こうした寒冷地仕様EV開発を通じ「農業用トラクターのEV化や、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)による生産効率化にもつながっていけば」と期待。企業の事業継承支援、Webを利用したビジネスマッチングシステム「J―GoodTech(ジェグテック)」にも力を入れる考えを示した。

関連記事

室蘭民報

西胆振の自然切り取る、「チーム雲海」が写真展【登別】

 西胆振のアマチュアカメラマンでつくる「チーム雲海」(今田丈嗣代表)のお気に入り写真展が17日、登別市緑町の市民活動センターのぼりんで始まった。西胆振を中心としたさまざまな自然の姿を撮影した作...

室蘭民報

18日から新春女流芸術展、水墨画など50点展示【伊達】

 伊達市南稀府町のギャラリーカフェ里庵(岸さちこ庵主)で18~23日、「新春女流芸術展」が開かれる。書道家として活動する庵主の岸さんと縁や絆で結ばれた、水墨画や刺しゅうなどに取り組む市内外の作...

函館新聞

2月9~11日に函館海上冬花火2018【函館】

 冬の函館ベイエリアを彩る「函館海上冬花火2018」(実行委主催)が2月9~11日に開かれる。期間中は午後7時40分から20分間、函館湾豊川埠頭(ふとう)沖から2000発の花火を打ち上げ、冬の夜...

室蘭民報

サンライバスキー場で13、14日にスノーボードイベント【登別】

 アジアの各国協会公認のプロスノーボーダーで構成する「PSA ASIA」公認のスノーボード大会「ブラックパールカップ@登別サンライバ」(実行委員会主催)が13、14日、カルルス温泉サンライバス...

室蘭民報

登別伊達時代村で日本伝統の正月遊びに夢中【登別】

 江戸情緒を楽しめるテーマパーク・登別伊達時代村(登別市中登別町)は元日から営業を行い、お正月イベント「新春江戸まつり」を開催した。現代ではなかなか見られなくなった日本伝統のお正月行事が数多く...