北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「食育センター」オープン、16日から供用開始【伊達】

テープカットで完成を祝う関係者

 伊達市が梅本町の総合公園だて歴史の杜内に整備した「だて歴史の杜食育センター」の完成に伴う、オープニングレセプションが10日、同センターであった。関係者が学校給食の提供、市民の健康づくりを支える食育、災害時の食事供給―を担う三つの機能を持った拠点の誕生を祝った。3学期に合わせて16日に供用を始める。同時に営業を始める食育レストランの愛称は「Eスプーン」に決まった。

 食育センターは大滝区を含めた市内と壮瞥町の計17小中学校に約3300食を提供する。アレルギー対応食を供給するほか、災害時には自家発電機を動かして最大3日間、最低限の食事を提供できる。2階ラウンジに設けた食育レストランでは、学校給食と同じメニューを一般向けに各日100食限定(1食・税込み500円)で提供する。営業日は月曜―土曜の午前11時~午後3時。

 レセプションには関係者45人が出席。菊谷秀吉市長は「2000年有珠山噴火時に給食センターは機能せず、どんなときでも稼働させたいという思いがあった。伊達の食材をPRする発信基地にしたい」とあいさつした。

 設計・建設から運営管理までを民間事業者に一括で託すPFI方式を採用した。学校給食などを手掛ける日総(札幌)や地元の須藤建設など6社で構成する特別目的会社・ふれあいだて歴史の杜食育センターが管理運営する。平井英司代表取締役は「学校給食センターとして道内初のPFI事業になる。子どもたちに喜んでもらうのはもちろん、安心・安全な食の提供と災害対応で地域に喜んでもらえる施設にしたい」と決意した。

 レセプションと並行して、実際に給食を調理して各校に配送する手順を確かめるリハーサルがあり、目立ったトラブルはなかった。レセプションの出席者はポークカレーと海藻サラダを試食し「おいしい」と好評だった。

関連記事

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...

室蘭民報

わくわく発掘体験、縄文楽しむ講座スタート【伊達】

 史跡北黄金貝塚公園(伊達市北黄金町)の解説ボランティア・オコンシベの会(小倉定一代表)は本年度、同公園と縄文文化により理解を深めてもらおうと、講座「縄文を楽しむ」を企画した。初回の16日には...

室蘭民報

宮蘭フェリー22日就航、新たな“海路”誕生祝う【室蘭】

 川崎近海汽船(東京)が室蘭市と岩手県宮古市を結ぶフェリー航路があす22日、就航する。室蘭の航路消滅から10年、北海道に新たな物流ルートが誕生する。両市では歓迎の準備が大詰めを迎えた。川近...

根室新聞

ビザなし交流 四島ファミリー訪問団帰島【根室】

 今年度のビザなし交流で受け入れ第2陣となった四島在住ロシア人のファミリー訪問団は19日夕、3泊4日にわたる管内住民との交流を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)でそれぞれの島へ戻った。管内...