北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「イカすニモカ」順調に普及 上期の利用率15%【函館】

順調に普及している交通系ICカード「イカすニモカ」

 昨年3月に函館市電、函館バスで運用が始まった交通系ICカード「ICAS nimoca(イカすニモカ)」の利用が広がりをみせている。本年度上期(昨年4~9月)の全ICカードを含めた利用率は15%前後に達し、市企業局交通部と函館バスは「想定以上」として手応えをつかんでいる。

 同部が乗客の人数ベースでまとめた上期の利用率は、JR東日本が発行する「Suica(スイカ)」やJR北海道の「Kitaca(キタカ)」なども含めて14%。月別にみると、導入間もない4月は9%にとどまったが、5、6月が14%、7月が15%、8、9月が16%と徐々に数字を伸ばした。

 同一停留所で1時間以内に乗り継ぐと、2回目の乗車料金が160円割り引きになる新設のサービスを活用し、買い物や通院などで上手に市電を利用する市民も多いという。

 函館バスの上期のICカード利用率は17%。年代別では50、60代の女性の割合が高まっているといい、同社は「当初は1割程度を見込んでいたが、思った以上に利用いただいており、年間で2割の利用率を目指したい」とする。

 イカすニモカの販売枚数は2万5000枚を突破。市交通部が約8700枚(昨年11月末現在)、函館バスが約1万7000枚(12月末現在)となっている。

 利用ごとに料金の3%相当のポイントが付くなどの特典もあり、同部事業課は一層の普及に向けて「市内の商店街などと連携してイカすニモカが使えるスポットを増やすことが重要だ」と強調。その上で、「買い物でポイントが多く付く日などを設定してもらい、地域一体となって利便性向上に向けた取り組みを進めたい」としている。

関連記事

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...

苫小牧民報

苫小牧のホッキ貝水揚げ 17年連続日本一

 苫小牧市の2016年ホッキ貝漁獲量は前年比30トン増の715トンで、産地の市町村別で17年連続日本一になったと、16日に同市が発表した。漁獲量全体の13%を占め、苫小牧産ホッキ貝のブランド力...