北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「イカすニモカ」順調に普及 上期の利用率15%【函館】

順調に普及している交通系ICカード「イカすニモカ」

 昨年3月に函館市電、函館バスで運用が始まった交通系ICカード「ICAS nimoca(イカすニモカ)」の利用が広がりをみせている。本年度上期(昨年4~9月)の全ICカードを含めた利用率は15%前後に達し、市企業局交通部と函館バスは「想定以上」として手応えをつかんでいる。

 同部が乗客の人数ベースでまとめた上期の利用率は、JR東日本が発行する「Suica(スイカ)」やJR北海道の「Kitaca(キタカ)」なども含めて14%。月別にみると、導入間もない4月は9%にとどまったが、5、6月が14%、7月が15%、8、9月が16%と徐々に数字を伸ばした。

 同一停留所で1時間以内に乗り継ぐと、2回目の乗車料金が160円割り引きになる新設のサービスを活用し、買い物や通院などで上手に市電を利用する市民も多いという。

 函館バスの上期のICカード利用率は17%。年代別では50、60代の女性の割合が高まっているといい、同社は「当初は1割程度を見込んでいたが、思った以上に利用いただいており、年間で2割の利用率を目指したい」とする。

 イカすニモカの販売枚数は2万5000枚を突破。市交通部が約8700枚(昨年11月末現在)、函館バスが約1万7000枚(12月末現在)となっている。

 利用ごとに料金の3%相当のポイントが付くなどの特典もあり、同部事業課は一層の普及に向けて「市内の商店街などと連携してイカすニモカが使えるスポットを増やすことが重要だ」と強調。その上で、「買い物でポイントが多く付く日などを設定してもらい、地域一体となって利便性向上に向けた取り組みを進めたい」としている。

関連記事

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...

室蘭民報

わくわく発掘体験、縄文楽しむ講座スタート【伊達】

 史跡北黄金貝塚公園(伊達市北黄金町)の解説ボランティア・オコンシベの会(小倉定一代表)は本年度、同公園と縄文文化により理解を深めてもらおうと、講座「縄文を楽しむ」を企画した。初回の16日には...

室蘭民報

宮蘭フェリー22日就航、新たな“海路”誕生祝う【室蘭】

 川崎近海汽船(東京)が室蘭市と岩手県宮古市を結ぶフェリー航路があす22日、就航する。室蘭の航路消滅から10年、北海道に新たな物流ルートが誕生する。両市では歓迎の準備が大詰めを迎えた。川近...

根室新聞

ビザなし交流 四島ファミリー訪問団帰島【根室】

 今年度のビザなし交流で受け入れ第2陣となった四島在住ロシア人のファミリー訪問団は19日夕、3泊4日にわたる管内住民との交流を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)でそれぞれの島へ戻った。管内...