北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

広尾スナエビでカレー 見た目イマイチ 風味抜群【帯広】

えびじゃこのスープカレーを開発した古田店長(右から2人目)、辻田部長(同3人目)と青年部メンバー

 広尾漁協青年部(辻田基樹部長、32人)はシシャモ漁で混獲される広尾産スナエビ(愛称・広尾えびじゃこ)の消費拡大を進めている。22日から帯広市内のカレー店「十勝スープカリーBelieve」(清流東2、古田誠一店長)の協力で、えびじゃこを使った新メニューを販売する。えびじゃこは一般に流通していないが、濃厚なエビの風味を生かし販路開拓につなげたい考えだ。

 えびじゃこを使った商品は、昨年満寿屋商店(帯広)と開発したパンやピザに続く第2弾となる。

 えびじゃこはサイズの小ささや殻の硬さ、見た目などから市場に流通せず、利用されていない。ただエビの味は濃厚で、漁師の間ではゆでたり揚げたりして食べられている。

 今回はエビ風味を生かそうと、油で揚げた後フレーク状に加工してスープのだしとして活用した。同店でもともとある甘エビを使った「海老スープカリー」(1130円)などの原料を、えびじゃこに置き換える。その他のメニューのスープも、えびじゃこスープに変更できる。

十勝港で水揚げされるえびじゃこ

 原料のえびじゃこは青年部が手作業でシシャモや他の魚と選別して提供した。辻田部長(34)は「生産者が良さを直接伝え、工夫して広めていきたい」とし、古田店長は「風味が強く、だし原料として優れている。十勝産のエビをぜひ味わって」と話している。

 同店を運営するアルムフードサービス(帯広、清信祐司社長)では3~6月に期間限定で、系列のラーメン店「北海道十勝らーめん木の葉」の十勝、日高の計4店でも、えびじゃこを使ったメニューの提供を予定している。

<スナエビ>
 正式名称アムールエビジャコ。北海道沿岸など、特に道東に多く生息する。体長は3~5センチで、色は黒っぽく、加熱してもあまり赤くならない。満寿屋商店でもソース原料として使われている。

関連記事

十勝毎日新聞

甘さギュッ アイスワインのブドウ収穫始まる【池田】

 十勝ワインの中でも極甘口とされる「アイスワイン」。その原料となるブドウの収穫が12日午前5時半、池田町千代田の町営ブドウ畑で始まった。畑の気温計で氷点下13.5度の寒さの中、ヘッドライトを着け...

十勝毎日新聞

十勝産のコラボ弁当 帯南商と福原 販売【帯広】

 スーパーを展開する福原(帯広、福原郁治社長)が帯広南商業高校クッキング部(村井彩花部長、28人)と共同開発した「十勝をまるっともぐもぐ弁当」。9日まで数量限定で販売するフクハラの市内8店舗の...

十勝毎日新聞

ウチダザリガニおいしく変身 ラーメンやおかきに【鹿追】

 生態系に悪影響を及ぼす特定外来生物で然別湖の“悪役”だったウチダザリガニが、おいしいラーメンやおかきに変身した。然別湖生物多様性保全協議会(会長・吉田弘志鹿追町長)が開発した粉末状ザリガニパウダ...

十勝毎日新聞

プレ宇宙食に挑戦 地場食材ハンバーグで【清水】

 十勝スロウフード(藤田惠社長)は、2020年にも使用が予定される「Pre宇宙日本食(プレ宇宙食)」への採用を目指し、地場産食材を使ったハンバーグの開発に挑戦している。宇宙航空研究開発機構(JA...

室蘭民報

風味と食感が十分な孫ろく農園のポット三つ葉【伊達】

 伊達市松ヶ枝町の「孫ろく農園」では12月に入り、苗ポットで栽培した三つ葉(セリ科)の出荷が始まった。経営する佐藤英明さん(73)が独自に考案し、知的所有権を持つ「ポット三つ葉」で、今季は全体...