北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「プチ検診」500円で 院外券売機で検査選択【清水】

ハーモニープラザ内に設置したプチ検診の券売機と藤城院長

 清水赤十字病院(藤城貴教院長)は10日、日ごろ気になる身体の状態をワンコインの500円から検査できる「プチ検診」を始めた。JR十勝清水駅に隣接するハーモニープラザ内に、検査券を販売する自動販売機を設置。測定項目を選んで券を購入し、予約や健康保険証は必要なく短時間で血液検査などを実施する。健康診断を受ける機会が少ない主婦や、生活習慣病が気になる中高年の健康維持にも役立ちそうだ。

 院外に券売機を置いた同システムの導入は、全国92カ所の赤十字病院で初めて。藤城院長が「ネガティブな病院のイメージを変え、来院するきっかけづくりにしたい」と考案し、清水町や町商工会、JR十勝清水駅の協力を受け、人でにぎわう施設で気軽に検査券が購入できる仕組みを構築した。

 検査メニューは血糖値や肝・腎機能、脂質、貧血、痛風、ピロリ菌など11種類。1検査500円からで、6項目を同時に調べる「おすすめパック」(2000円)もあり、全てに学割を適用している。

 病院受付にハーモニープラザで購入した検査券を提示し、採血や検尿・検便をして帰宅するだけ。結果は1週間程度で自宅に郵送で届く。検査券の使用期限もない。

 清水赤十字病院によると、一般的な健康診断は、約10項目の血液検査を胸部X線や心電図など他の検査と併せて実施し、数時間ほどかかる。一方のプチ検診は、検査メニューを絞るために時間や費用負担も少ない。「時間が取れない」「費用が高い」「面倒だ」という理由で、健診や人間ドックから遠ざかる人たちの問題を解決する。

 検査受け付けは平日午前9時~午後4時。藤城院長は「予防は治療に勝る。疾患の早期発見にもつなげてほしい」と町外在住者も含めた広い利用を呼び掛けている。問い合わせは清水赤十字病院(0156・62・2513)へ。

関連記事

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...

苫小牧民報

苫小牧のホッキ貝水揚げ 17年連続日本一

 苫小牧市の2016年ホッキ貝漁獲量は前年比30トン増の715トンで、産地の市町村別で17年連続日本一になったと、16日に同市が発表した。漁獲量全体の13%を占め、苫小牧産ホッキ貝のブランド力...