北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「プチ検診」500円で 院外券売機で検査選択【清水】

ハーモニープラザ内に設置したプチ検診の券売機と藤城院長

 清水赤十字病院(藤城貴教院長)は10日、日ごろ気になる身体の状態をワンコインの500円から検査できる「プチ検診」を始めた。JR十勝清水駅に隣接するハーモニープラザ内に、検査券を販売する自動販売機を設置。測定項目を選んで券を購入し、予約や健康保険証は必要なく短時間で血液検査などを実施する。健康診断を受ける機会が少ない主婦や、生活習慣病が気になる中高年の健康維持にも役立ちそうだ。

 院外に券売機を置いた同システムの導入は、全国92カ所の赤十字病院で初めて。藤城院長が「ネガティブな病院のイメージを変え、来院するきっかけづくりにしたい」と考案し、清水町や町商工会、JR十勝清水駅の協力を受け、人でにぎわう施設で気軽に検査券が購入できる仕組みを構築した。

 検査メニューは血糖値や肝・腎機能、脂質、貧血、痛風、ピロリ菌など11種類。1検査500円からで、6項目を同時に調べる「おすすめパック」(2000円)もあり、全てに学割を適用している。

 病院受付にハーモニープラザで購入した検査券を提示し、採血や検尿・検便をして帰宅するだけ。結果は1週間程度で自宅に郵送で届く。検査券の使用期限もない。

 清水赤十字病院によると、一般的な健康診断は、約10項目の血液検査を胸部X線や心電図など他の検査と併せて実施し、数時間ほどかかる。一方のプチ検診は、検査メニューを絞るために時間や費用負担も少ない。「時間が取れない」「費用が高い」「面倒だ」という理由で、健診や人間ドックから遠ざかる人たちの問題を解決する。

 検査受け付けは平日午前9時~午後4時。藤城院長は「予防は治療に勝る。疾患の早期発見にもつなげてほしい」と町外在住者も含めた広い利用を呼び掛けている。問い合わせは清水赤十字病院(0156・62・2513)へ。

関連記事

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...

日高報知新聞

日高線協議進展なし

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が21日、公民館で開かれた。JR北海道の綿貫泰之常務が出席し、今後のあり方を話し合ったが、前回臨時会議から大きな進展はなかった。...

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...