北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

認知症予防へ一丸 早期発見、治療に力【更別】

認知症相談や治療の流れをまとめた「さらべつ版ケアパス」

 更別村は1日付で「認知症になりにくいまちづくり宣言」をした。従来の認知症の知識や情報提供に加え、村民と医療・福祉施設と連携して認知症の予防や早期発見・治療に力を入れる。

 村によると、道内では池田町や上士幌町など8自治体が同様に宣言。昨年末配布した村広報誌で宣言を周知するとともに、認知症の進行状況に応じた支援サービスや相談窓口を記載した「さらべつ版認知症ケアパス」を配布した。

 宣言は5項目。認知症サポーター養成講座や症状・対処法の紹介などの知識普及をはじめ、高齢者の体力・認知力の測定による軽度認知障害の早期発見、要介護認定を受けていない高齢者向けの「健康増進クラブ」など運動教室の開催、住民や企業との見守りなどを掲げる。

 村は保健師と社会福祉士、村国民健康保険診療所医師の3人体制による「認知症初期集中支援チーム」を2016年に設置。それぞれの場面で認知症が疑われる村民の情報交換をし、早期発見や必要な介護サービスとの連携につなげている。

 チームの一員で、村地域包括支援センターの竹村友美保健師は「認知症は人ごとではなく、誰でもなり得る病気。『恥ずかしい』と思われる偏見をなくして、隠さずに安心して暮らせる村にしたい」と話す。

21日に講演会

 村は21日午前10時から、さらべつ熱中小学校(旧十勝南部農業開発事業所)で認知症講演会を開く。NPOソーシャルビジネス推進センターの相内俊一理事長が「認知症になりにくいまち、なりにくい暮らし方」と題して講演する。入場無料。申し込みは19日まで。問い合わせは村地域包括支援センター(0155・53・3000)へ。

関連記事

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...

苫小牧民報

苫小牧のホッキ貝水揚げ 17年連続日本一

 苫小牧市の2016年ホッキ貝漁獲量は前年比30トン増の715トンで、産地の市町村別で17年連続日本一になったと、16日に同市が発表した。漁獲量全体の13%を占め、苫小牧産ホッキ貝のブランド力...