北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

認知症予防へ一丸 早期発見、治療に力【更別】

認知症相談や治療の流れをまとめた「さらべつ版ケアパス」

 更別村は1日付で「認知症になりにくいまちづくり宣言」をした。従来の認知症の知識や情報提供に加え、村民と医療・福祉施設と連携して認知症の予防や早期発見・治療に力を入れる。

 村によると、道内では池田町や上士幌町など8自治体が同様に宣言。昨年末配布した村広報誌で宣言を周知するとともに、認知症の進行状況に応じた支援サービスや相談窓口を記載した「さらべつ版認知症ケアパス」を配布した。

 宣言は5項目。認知症サポーター養成講座や症状・対処法の紹介などの知識普及をはじめ、高齢者の体力・認知力の測定による軽度認知障害の早期発見、要介護認定を受けていない高齢者向けの「健康増進クラブ」など運動教室の開催、住民や企業との見守りなどを掲げる。

 村は保健師と社会福祉士、村国民健康保険診療所医師の3人体制による「認知症初期集中支援チーム」を2016年に設置。それぞれの場面で認知症が疑われる村民の情報交換をし、早期発見や必要な介護サービスとの連携につなげている。

 チームの一員で、村地域包括支援センターの竹村友美保健師は「認知症は人ごとではなく、誰でもなり得る病気。『恥ずかしい』と思われる偏見をなくして、隠さずに安心して暮らせる村にしたい」と話す。

21日に講演会

 村は21日午前10時から、さらべつ熱中小学校(旧十勝南部農業開発事業所)で認知症講演会を開く。NPOソーシャルビジネス推進センターの相内俊一理事長が「認知症になりにくいまち、なりにくい暮らし方」と題して講演する。入場無料。申し込みは19日まで。問い合わせは村地域包括支援センター(0155・53・3000)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...