北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

認知症予防へ一丸 早期発見、治療に力【更別】

認知症相談や治療の流れをまとめた「さらべつ版ケアパス」

 更別村は1日付で「認知症になりにくいまちづくり宣言」をした。従来の認知症の知識や情報提供に加え、村民と医療・福祉施設と連携して認知症の予防や早期発見・治療に力を入れる。

 村によると、道内では池田町や上士幌町など8自治体が同様に宣言。昨年末配布した村広報誌で宣言を周知するとともに、認知症の進行状況に応じた支援サービスや相談窓口を記載した「さらべつ版認知症ケアパス」を配布した。

 宣言は5項目。認知症サポーター養成講座や症状・対処法の紹介などの知識普及をはじめ、高齢者の体力・認知力の測定による軽度認知障害の早期発見、要介護認定を受けていない高齢者向けの「健康増進クラブ」など運動教室の開催、住民や企業との見守りなどを掲げる。

 村は保健師と社会福祉士、村国民健康保険診療所医師の3人体制による「認知症初期集中支援チーム」を2016年に設置。それぞれの場面で認知症が疑われる村民の情報交換をし、早期発見や必要な介護サービスとの連携につなげている。

 チームの一員で、村地域包括支援センターの竹村友美保健師は「認知症は人ごとではなく、誰でもなり得る病気。『恥ずかしい』と思われる偏見をなくして、隠さずに安心して暮らせる村にしたい」と話す。

21日に講演会

 村は21日午前10時から、さらべつ熱中小学校(旧十勝南部農業開発事業所)で認知症講演会を開く。NPOソーシャルビジネス推進センターの相内俊一理事長が「認知症になりにくいまち、なりにくい暮らし方」と題して講演する。入場無料。申し込みは19日まで。問い合わせは村地域包括支援センター(0155・53・3000)へ。

関連記事

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...

室蘭民報

わくわく発掘体験、縄文楽しむ講座スタート【伊達】

 史跡北黄金貝塚公園(伊達市北黄金町)の解説ボランティア・オコンシベの会(小倉定一代表)は本年度、同公園と縄文文化により理解を深めてもらおうと、講座「縄文を楽しむ」を企画した。初回の16日には...

室蘭民報

宮蘭フェリー22日就航、新たな“海路”誕生祝う【室蘭】

 川崎近海汽船(東京)が室蘭市と岩手県宮古市を結ぶフェリー航路があす22日、就航する。室蘭の航路消滅から10年、北海道に新たな物流ルートが誕生する。両市では歓迎の準備が大詰めを迎えた。川近...

根室新聞

ビザなし交流 四島ファミリー訪問団帰島【根室】

 今年度のビザなし交流で受け入れ第2陣となった四島在住ロシア人のファミリー訪問団は19日夕、3泊4日にわたる管内住民との交流を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)でそれぞれの島へ戻った。管内...