北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭港フェリーターミナルビルの改修完了、輝き再び【室蘭】

改修工事が完了した室蘭港のフェリーターミナルビル

 宮蘭フェリー就航に向けた、室蘭港フェリーふ頭のターミナルビル改修工事が完了した。約10年間利用されておらず老朽化していたが、内壁には真新しいクロスが張られ、トイレなど衛生設備も更新されるなど、輝きを取り戻した。船社事務所の稼働に合わせ、2018年度(平成30年度)から供用される。

 施設は1994年完成。鉄骨造り3階建て延べ3152平方メートル。東日本フェリーの青森航路が08年11月で廃止されてからは、ほぼ使われない状態が続き、雨漏りのほか、配管、電気関係設備の傷みが目立っていた。

 室蘭市は17年度予算に、ターミナルビル改修を含む、同ふ頭関連工事経費として8億5千万円を計上した。昨年7月工事に着手し、ターミナルビルと船を結ぶ空中渡り廊下改修、岸壁付帯施設で車両移動に使う可動橋のメンテナンス、人道橋更新などを進めてきた。

 ターミナルビル改修や渡り廊下の改修は11日までに完了し、月内の検査を予定している。屋根や外壁補修、暖房や電気、衛生設備の工事に取り組んだ。渡り廊下(延長200メートル、地上高5・2メートル)も屋根や外壁を改修、フロアカーペット更新、船の乗降口に合わせて20メートル延長した。

 ターミナルビル1階は受け付けロビーで、船社事務所が入る。2階は待合ロビーと乗船口、売店などとして活用する。授乳室なども備えた。3階の活用策は未定で、当面は立ち入りを制限する方針。市はテナントによる活用も視野に、活用策を検討している。

 今後は、可動橋のメンテナンス工事や就航船側の船尾可動橋と岸壁側可動橋を接続するための岸壁改良、道内からの主力貨物となる家畜輸送対応の屋外給水設備更新などの工事を継続・着手しながら、3月末の全面完成を目指す。

関連記事

室蘭民報

中野さんが毎月発行の「白老の自然」が200号に【白老】

 白老町本町の中野嘉陽さん(77)が毎月発行している個人通信「白老の自然」(B4判)がこのほど通算200号を達成した。2001年(平成13年)の第1号以来、途絶えることなく発行し、四季折々の話...

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...