北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

減少幅縮小も2984人減 函館市17年人口【函館】

 函館市が11日に公表した住民基本台帳に基づく2017年12月末現在の人口は26万2519人で、前年同期と比べて2984人減少した。女性は14万3001人、男性は11万9518人で12万の大台を割った。減少幅は2年ぶりに縮小したが、死亡数から出生数を引いた自然減は、依然として過去最大を更新する状態が続いている。

 自然減は前年同期比126人増の2246人。死亡数は同2人増の3661人にとどまったが、出生数が同124人減の1415人と、1985年以降で最少となった。転出超過による社会減は844人で、前年の1136人から減少幅は縮小。世帯数は14万3249世帯だった。

 支所管内別で、減少幅が最も大きかったのは椴法華で同5・6%減の928人。恵山は同3・4%減の3011人、南茅部は同2・7%減の5260人で、旧4町村の人口減の割合が高くなっている。

 年齢別の割合は、年少人口(14歳以下)が同0・1ポイント減の10・0%、生産年齢人口(15~64歳)が同0・7ポイント減の56・2%、老年人口(65歳以上)が同0・8ポイント増の33・8%。5歳ごとの区切りでは65~69歳が2万5519人と最多で、全体の9・5%を占めた。

 市は人口減少対策として、若年層を中心とした安定雇用の確保や都市機能の集約化による持続可能なまちの形成などに優先的に取り組む考え。市企画部計画推進室は「人口減少への特効薬はない。交流人口の増加でまちの活気を維持しながら、福祉、子育て対策を通して豊かな市民生活の形成に努めたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...