北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

減少幅縮小も2984人減 函館市17年人口【函館】

 函館市が11日に公表した住民基本台帳に基づく2017年12月末現在の人口は26万2519人で、前年同期と比べて2984人減少した。女性は14万3001人、男性は11万9518人で12万の大台を割った。減少幅は2年ぶりに縮小したが、死亡数から出生数を引いた自然減は、依然として過去最大を更新する状態が続いている。

 自然減は前年同期比126人増の2246人。死亡数は同2人増の3661人にとどまったが、出生数が同124人減の1415人と、1985年以降で最少となった。転出超過による社会減は844人で、前年の1136人から減少幅は縮小。世帯数は14万3249世帯だった。

 支所管内別で、減少幅が最も大きかったのは椴法華で同5・6%減の928人。恵山は同3・4%減の3011人、南茅部は同2・7%減の5260人で、旧4町村の人口減の割合が高くなっている。

 年齢別の割合は、年少人口(14歳以下)が同0・1ポイント減の10・0%、生産年齢人口(15~64歳)が同0・7ポイント減の56・2%、老年人口(65歳以上)が同0・8ポイント増の33・8%。5歳ごとの区切りでは65~69歳が2万5519人と最多で、全体の9・5%を占めた。

 市は人口減少対策として、若年層を中心とした安定雇用の確保や都市機能の集約化による持続可能なまちの形成などに優先的に取り組む考え。市企画部計画推進室は「人口減少への特効薬はない。交流人口の増加でまちの活気を維持しながら、福祉、子育て対策を通して豊かな市民生活の形成に努めたい」としている。

関連記事

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...

苫小牧民報

苫小牧のホッキ貝水揚げ 17年連続日本一

 苫小牧市の2016年ホッキ貝漁獲量は前年比30トン増の715トンで、産地の市町村別で17年連続日本一になったと、16日に同市が発表した。漁獲量全体の13%を占め、苫小牧産ホッキ貝のブランド力...