北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

減少幅縮小も2984人減 函館市17年人口【函館】

 函館市が11日に公表した住民基本台帳に基づく2017年12月末現在の人口は26万2519人で、前年同期と比べて2984人減少した。女性は14万3001人、男性は11万9518人で12万の大台を割った。減少幅は2年ぶりに縮小したが、死亡数から出生数を引いた自然減は、依然として過去最大を更新する状態が続いている。

 自然減は前年同期比126人増の2246人。死亡数は同2人増の3661人にとどまったが、出生数が同124人減の1415人と、1985年以降で最少となった。転出超過による社会減は844人で、前年の1136人から減少幅は縮小。世帯数は14万3249世帯だった。

 支所管内別で、減少幅が最も大きかったのは椴法華で同5・6%減の928人。恵山は同3・4%減の3011人、南茅部は同2・7%減の5260人で、旧4町村の人口減の割合が高くなっている。

 年齢別の割合は、年少人口(14歳以下)が同0・1ポイント減の10・0%、生産年齢人口(15~64歳)が同0・7ポイント減の56・2%、老年人口(65歳以上)が同0・8ポイント増の33・8%。5歳ごとの区切りでは65~69歳が2万5519人と最多で、全体の9・5%を占めた。

 市は人口減少対策として、若年層を中心とした安定雇用の確保や都市機能の集約化による持続可能なまちの形成などに優先的に取り組む考え。市企画部計画推進室は「人口減少への特効薬はない。交流人口の増加でまちの活気を維持しながら、福祉、子育て対策を通して豊かな市民生活の形成に努めたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

十勝毎日新聞

患者搬送で大規模練習 11月移転に向けて 厚生病院【帯広】

 帯広厚生病院(菊池英明院長)は22日、11月に予定する新病院(帯広市西14南9)への移転に向け、患者搬送のリハーサルを行った。引っ越しに向けた大規模練習は2回目。8日の1回目は胆振東部地震の...

十勝毎日新聞

3人の奮闘 実話で全道へ 帯北高演劇部【帯広】

 高文連十勝支部の演劇発表大会(17、18日・帯広市民文化ホール)で2年連続の最優秀賞に輝き、11月の全道大会(札幌)出場を決めた帯広北高演劇部(顧問・加藤真紀子教諭)。今回挑んだ作品「放課後談話...

室蘭民報

エアガン専用の射撃場「遊びに来て」【豊浦】

 豊浦町の元地域おこし協力隊の大戸有道さん(51)が町内大和でエアソフトガンの専用射撃場「BLOWBACK(ブローバック)」を開業した。道内でも珍しい屋外フィールドで人気を集めている。大戸さん...

室蘭民報

さいわい福祉会が車いす利用者の浴室整備【登別】

 社会福祉法人登別さいわい福祉会(山瀬隆幸理事長)は、運営する生活介護事業所「サポートセンター心愛(ここあ)」(登別市中央町)に、車いす利用者専用の浴室を整備した。専用機器を用いることで、車...