北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

牛とろ丼 日本一挑む どんぶり選手権【東京・清水】

 全国各地の祭りやグルメを一堂に集めた「ふるさと祭り東京2018-日本のまつり・故郷の味-」(実行委員会主催)が12日、都内の東京ドームで開幕した。十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の牛とろフレークを使った「とかち牛とろ丼」がメインイベントの「全国ご当地どんぶり選手権」にシード丼として出場し、初優勝を目指す。

初優勝に向けて気合十分の藤田社長(中央)

2年連続3位「今年こそ」

 「どんぶり選手権」には、前回上位のシード丼3つと、昨年9月の予選会を突破した11の丼がエントリーした。21日までの期間中1杯500円で提供し、来場者による食べ比べと投票で、ご当地丼ナンバーワンの座を競う。最終日に結果発表と表彰式が行われる。

 十勝牛とろ丼は5年連続の本選出場で、昨年まで2年連続3位だった。「今年こそは優勝を」と、ブースに掲げたロゴを白から金色に変えた。期間中は約40万人の来場が見込まれており、藤田社長をはじめスタッフ7人体制で迅速に提供、ライバルに対抗する。

 期間中は阿部一男町長も会場入りし激励する予定。牛とろ丼は、昨年6月に都内で開かれた日本最大級の野外グルメフェスの「満腹博覧会(まんぱく)2017」で優勝し、首都圏での人気も高まっている。藤田社長は「清水町・十勝代表として宣伝したい」と話している。

 イベントは午前10時~午後9時。入場料は1700円(前売り券1500円)。

関連記事

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...

日高報知新聞

日高線協議進展なし

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が21日、公民館で開かれた。JR北海道の綿貫泰之常務が出席し、今後のあり方を話し合ったが、前回臨時会議から大きな進展はなかった。...

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...