北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

薪ストーブで冬乗り切る 萩原さんの木造住宅【陸別】

薪ストーブで陸別の厳寒を乗り切る萩原さん

 日本一寒い冬を迎えた陸別町。暖房にはより気を使う地域でもある。築50年以上の木造家屋に住む栄町の萩原徳子さん(53)宅では、冷気が入る窓枠をビニールでふさぎ、何よりの強い味方となる薪(まき)ストーブで厳寒を乗り切る。

 陸別の寒さは本番。今月に入り10日現在、4日間(4日連続)の全国最低気温(朝9時までのアメダス)を記録している。12日朝は氷点下20.2度。2月にかけ、氷点下20度を優に超える日々が続く。

 萩原さんは陸別出身。10年前に木造2階建ての現住居に越してきた。「大昔は店舗として利用されていて、窓は大きく、それだけ冷気も入ってくる」といい、冬は窓枠にビニールを張って過ごす。

 入居当時、1回だけ石油ストーブを試したが、部屋の観葉植物が凍った。以来、知人から譲り受けた薪ストーブが冬の命綱に。煙突を2階にも通して部屋中を暖めるため、外気温との差で屋根部分から家を囲むオブジェのようにつららが垂れ下がる。

 1日に使う薪は約40リットルの箱3個分のカラマツやナラの木。地元の木材業者から残材の提供もあり、軽トラックで取りに行くこともあるという。住宅横の小屋にはあふれんばかりストックが積まれている。

 萩原さんは日中、町のコミュニティーバスのドライバーを務めており、朝仕事に行く前に薪をくべ、帰宅後は就寝前の夜11時ごろにまた木を用意して朝6時まで火を絶やさない。「家の中で吐く息が白いっていやでしょ、ストーブの掃除は大変だけどね」と笑う。

 アンティークを好む萩原さんにとって築50年以上の家は、レトロ調を地でいく住まい。大学生と高校生の娘たちの写真を飾った古い家具、かつてのピアノ、雑貨類、そして薪ストーブがリビングに花を添える。「いつまでここに住めるかしら、いい物件ない?」と明るく冗談を飛ばす。

関連記事

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...

室蘭民報

わくわく発掘体験、縄文楽しむ講座スタート【伊達】

 史跡北黄金貝塚公園(伊達市北黄金町)の解説ボランティア・オコンシベの会(小倉定一代表)は本年度、同公園と縄文文化により理解を深めてもらおうと、講座「縄文を楽しむ」を企画した。初回の16日には...

室蘭民報

宮蘭フェリー22日就航、新たな“海路”誕生祝う【室蘭】

 川崎近海汽船(東京)が室蘭市と岩手県宮古市を結ぶフェリー航路があす22日、就航する。室蘭の航路消滅から10年、北海道に新たな物流ルートが誕生する。両市では歓迎の準備が大詰めを迎えた。川近...

根室新聞

ビザなし交流 四島ファミリー訪問団帰島【根室】

 今年度のビザなし交流で受け入れ第2陣となった四島在住ロシア人のファミリー訪問団は19日夕、3泊4日にわたる管内住民との交流を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)でそれぞれの島へ戻った。管内...