北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

薪ストーブで冬乗り切る 萩原さんの木造住宅【陸別】

薪ストーブで陸別の厳寒を乗り切る萩原さん

 日本一寒い冬を迎えた陸別町。暖房にはより気を使う地域でもある。築50年以上の木造家屋に住む栄町の萩原徳子さん(53)宅では、冷気が入る窓枠をビニールでふさぎ、何よりの強い味方となる薪(まき)ストーブで厳寒を乗り切る。

 陸別の寒さは本番。今月に入り10日現在、4日間(4日連続)の全国最低気温(朝9時までのアメダス)を記録している。12日朝は氷点下20.2度。2月にかけ、氷点下20度を優に超える日々が続く。

 萩原さんは陸別出身。10年前に木造2階建ての現住居に越してきた。「大昔は店舗として利用されていて、窓は大きく、それだけ冷気も入ってくる」といい、冬は窓枠にビニールを張って過ごす。

 入居当時、1回だけ石油ストーブを試したが、部屋の観葉植物が凍った。以来、知人から譲り受けた薪ストーブが冬の命綱に。煙突を2階にも通して部屋中を暖めるため、外気温との差で屋根部分から家を囲むオブジェのようにつららが垂れ下がる。

 1日に使う薪は約40リットルの箱3個分のカラマツやナラの木。地元の木材業者から残材の提供もあり、軽トラックで取りに行くこともあるという。住宅横の小屋にはあふれんばかりストックが積まれている。

 萩原さんは日中、町のコミュニティーバスのドライバーを務めており、朝仕事に行く前に薪をくべ、帰宅後は就寝前の夜11時ごろにまた木を用意して朝6時まで火を絶やさない。「家の中で吐く息が白いっていやでしょ、ストーブの掃除は大変だけどね」と笑う。

 アンティークを好む萩原さんにとって築50年以上の家は、レトロ調を地でいく住まい。大学生と高校生の娘たちの写真を飾った古い家具、かつてのピアノ、雑貨類、そして薪ストーブがリビングに花を添える。「いつまでここに住めるかしら、いい物件ない?」と明るく冗談を飛ばす。

関連記事

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...

苫小牧民報

苫小牧のホッキ貝水揚げ 17年連続日本一

 苫小牧市の2016年ホッキ貝漁獲量は前年比30トン増の715トンで、産地の市町村別で17年連続日本一になったと、16日に同市が発表した。漁獲量全体の13%を占め、苫小牧産ホッキ貝のブランド力...