北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

格安交流 「ゲストハウス」開設

 浦河町堺町東1で銭湯とラーメン店を営む有限会社「まさご」は11日、店舗2階に宿泊施設「ゲストハウスまさご」をオープンした。中小企業庁の「創業・事業承継補助金」(助成上限500万円)を活用した施設で、宿泊者の自然体験ツアーガイドなどもかってでる大久保直幸専務(54)は「若者や外国人旅行者、ちょっと暮らしなどで利用してもらい、浦河の魅力をアピールしたい」と話している。

 中小企業庁のこの補助は、地域創業の促進と経営者の世代交代や再活性化を促進する平成29年度からの新規支援制度。全国から600件以上の応募があり、道内採択事業所は同社だけだった。全国では65件が採用されている。

 最大30人近くが宿泊可能なゲストハウスまさご(約400平方㍍)は、昨年5月までサウナ施設として利用。秋から改修にかかり、町内の若手事業者、知己の浦河定住者などが協力し、このほど完成した。  内部は宿泊者が憩うキッチン付きの広いホールを中心に、20人収容の2段ベッドのドミトリーと、ツイン、ダブルの4個室がある。ドミトリーのベッド一つひとつには、浦河に棲む鳥や動物などの名前を付けた。

 料金は素泊まり1人一泊3300円からで、2人部屋個室を1カ月利用し2人で5万円強ほど。1階の銭湯も無料で利用できる。食事は外食かゲストハウスホールのキッチンを自由に使ってもらうスタイルだ。

 大久保さんは町内滞在者を自然ガイドする〝ちょっと暮らし案内人〟のボランティア活動を長く務めてきた。「『またしばらく浦河に滞在したい』という要望に応えられる施設を作りたかった」という。

 「旅をする若い人や外国人などにも多く利用してもらいたい。ホールが広いのでライブなどイベントにも活用できたら」と話す。さっそく11日から浦河滞在の経験がある神奈川県からの夫婦をもてなしている。

ゲストハウスホールと大久保専務

関連記事

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...

日高報知新聞

日高線協議進展なし

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が21日、公民館で開かれた。JR北海道の綿貫泰之常務が出席し、今後のあり方を話し合ったが、前回臨時会議から大きな進展はなかった。...

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...