北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

格安交流 「ゲストハウス」開設

 浦河町堺町東1で銭湯とラーメン店を営む有限会社「まさご」は11日、店舗2階に宿泊施設「ゲストハウスまさご」をオープンした。中小企業庁の「創業・事業承継補助金」(助成上限500万円)を活用した施設で、宿泊者の自然体験ツアーガイドなどもかってでる大久保直幸専務(54)は「若者や外国人旅行者、ちょっと暮らしなどで利用してもらい、浦河の魅力をアピールしたい」と話している。

 中小企業庁のこの補助は、地域創業の促進と経営者の世代交代や再活性化を促進する平成29年度からの新規支援制度。全国から600件以上の応募があり、道内採択事業所は同社だけだった。全国では65件が採用されている。

 最大30人近くが宿泊可能なゲストハウスまさご(約400平方㍍)は、昨年5月までサウナ施設として利用。秋から改修にかかり、町内の若手事業者、知己の浦河定住者などが協力し、このほど完成した。  内部は宿泊者が憩うキッチン付きの広いホールを中心に、20人収容の2段ベッドのドミトリーと、ツイン、ダブルの4個室がある。ドミトリーのベッド一つひとつには、浦河に棲む鳥や動物などの名前を付けた。

 料金は素泊まり1人一泊3300円からで、2人部屋個室を1カ月利用し2人で5万円強ほど。1階の銭湯も無料で利用できる。食事は外食かゲストハウスホールのキッチンを自由に使ってもらうスタイルだ。

 大久保さんは町内滞在者を自然ガイドする〝ちょっと暮らし案内人〟のボランティア活動を長く務めてきた。「『またしばらく浦河に滞在したい』という要望に応えられる施設を作りたかった」という。

 「旅をする若い人や外国人などにも多く利用してもらいたい。ホールが広いのでライブなどイベントにも活用できたら」と話す。さっそく11日から浦河滞在の経験がある神奈川県からの夫婦をもてなしている。

ゲストハウスホールと大久保専務

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...