北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

オリジナル出生記念証明書の贈呈を開始 支笏湖や飛行機などデザイン

千歳らしさをデザインに盛り込んだオリジナル出生記念証明書

 千歳市は1日以降に市に出生届けを提出した人を祝う、オリジナル出生記念証明書の贈呈を開始した。支笏湖や樽前山、飛行機、ハナショウブなど千歳らしさを図柄のデザインに盛り込んだ。発行手数料は無料で、市に出生届を出した人に漏れなく発行している。

 「子育てするなら、千歳市」のキャッチフレーズを掲げる市として、出生を届けた人の記念品にしてもらう新たな趣向。表紙には市章を刻印し、ツツジ、シラカバ、ヤマセミ、ヒメマス、チトセバイカモと千歳らしい動植物をあしらった。市民課の小林由希奈さんを中心とする市職員がデザインし、「地域に愛着を持ってもらいたい」との思いを込めている。

 開くと内側には「ご出産おめでとうございます」とメッセージがあり、新生児の名前、出生年月日、出生時刻、体重を書き込める。写真を張り付けるスペースも設けた。

 小林さんが得意とする和紙の切り絵をスキャンしてパソコンに取り込み、パーツを再配置するなどして構図のバランスを取った。和紙ならではの色の深みや温もりを感じられる出来栄え。小林さんは「出生の記念なので、柔らかい雰囲気を出したいと思って作りました」と振り返る。

 出生届1通につき1枚を交付。再発行はできない。申請期間は出生届を提出してから14日以内で、千歳市役所1階の市民課窓口で手渡す。市担当者は「お子さんが大きくなった時に千歳とのゆかりを感じ、(市外にいても)思い出すきっかけにしてもらえたら」としている。

 市は2017年1月にも、5種類のオリジナル婚姻受理証明書の発行を開始。昨年1年間で198件を発行した。

関連記事

日高報知新聞

森林資源の有効活用【様似】

【様似】日高地区「森林・林業・林産業活性化を促進するための連絡会議」(賀集繁喜会長)主催の特別講演会が14日、町立様似図書館視聴覚ホールで開かれ、林野庁北海道森林管理局の新島俊哉局長が貴重な再生資源...

日高報知新聞

営農状況を現地調査【新ひだか・新冠】

【新ひだか・新冠】日高振興局の松浦英則局長による管内農業情勢現地調査が15日、新ひだか、新冠両町で行われ、ピーマン、ミニトマト、肉牛の選果場や生産農家を回り、現地の状況を確認した。  今年2月の大...

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同...

苫小牧民報

豪華な飾りや塗装 苫小牧でデコトラ展示、募金イベント

 電飾やペイントなどで派手に装飾したデコレーショントラック(デコトラ)を全国から集めたチャリティーイベントが17日、苫小牧市若草町の中央公園で行われた。道内のデコトラ愛好家でつくる、北海道はまな...

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布が...