北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

オリジナル出生記念証明書の贈呈を開始 支笏湖や飛行機などデザイン

千歳らしさをデザインに盛り込んだオリジナル出生記念証明書

 千歳市は1日以降に市に出生届けを提出した人を祝う、オリジナル出生記念証明書の贈呈を開始した。支笏湖や樽前山、飛行機、ハナショウブなど千歳らしさを図柄のデザインに盛り込んだ。発行手数料は無料で、市に出生届を出した人に漏れなく発行している。

 「子育てするなら、千歳市」のキャッチフレーズを掲げる市として、出生を届けた人の記念品にしてもらう新たな趣向。表紙には市章を刻印し、ツツジ、シラカバ、ヤマセミ、ヒメマス、チトセバイカモと千歳らしい動植物をあしらった。市民課の小林由希奈さんを中心とする市職員がデザインし、「地域に愛着を持ってもらいたい」との思いを込めている。

 開くと内側には「ご出産おめでとうございます」とメッセージがあり、新生児の名前、出生年月日、出生時刻、体重を書き込める。写真を張り付けるスペースも設けた。

 小林さんが得意とする和紙の切り絵をスキャンしてパソコンに取り込み、パーツを再配置するなどして構図のバランスを取った。和紙ならではの色の深みや温もりを感じられる出来栄え。小林さんは「出生の記念なので、柔らかい雰囲気を出したいと思って作りました」と振り返る。

 出生届1通につき1枚を交付。再発行はできない。申請期間は出生届を提出してから14日以内で、千歳市役所1階の市民課窓口で手渡す。市担当者は「お子さんが大きくなった時に千歳とのゆかりを感じ、(市外にいても)思い出すきっかけにしてもらえたら」としている。

 市は2017年1月にも、5種類のオリジナル婚姻受理証明書の発行を開始。昨年1年間で198件を発行した。

関連記事

室蘭民報

中野さんが毎月発行の「白老の自然」が200号に【白老】

 白老町本町の中野嘉陽さん(77)が毎月発行している個人通信「白老の自然」(B4判)がこのほど通算200号を達成した。2001年(平成13年)の第1号以来、途絶えることなく発行し、四季折々の話...

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...