北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

未来大院生の河辺さん 中央図書館のデジタル検索システム試作【函館】

膨大なポスター資料を視覚化して探しやすくする試作の検索システムを試作開発した河辺さん

 函館市中央図書館デジタル資料館に登録されているポスター画像を利用した歴史資料探索支援システム「おもしろい資料が見つかる試作システム」が期間限定で公開されている。開発者は、公立はこだて未来大学大学院修士2年の河辺雅史さん(23)。膨大な資料の全体像を把握し、見つけやすくするためのシステム開発研究の一環で、キーワードで自動分類、表示されたサムネイル(縮小画像)から関心のある画像を直感的に探すことができる。

 河辺さんは、同大学が関わるデジタル資料館の開発メンバーの一人。サイトでは絵はがき約3800点、写真約3400点など多くの資料を公開している。河辺さんは「大量な資料があり、適切なキーワードを入れないとヒットしにくい」と話し、目的の資料が探しにくいと課題を挙げる。

 試作システムは昨年7月時点でポスターカテゴリに登録された1673点を活用。「ビール アイスクリーム コーヒー」「地方自治体 国民 政府」といった自動で組み合わせた3つの言葉でグループ化され、サムネイル画像を表示。枠の大きさで資料の数も視覚化した。

 例えば、「会 博物館 文化」には、1937年6月の来函時の「ヘレンケラー女史大衆講演会」の告知や北洋博など、催し物のポスターが分類される。画像は「資料名」「新着」「年代」「人気」などの順番に並び替えることができ、個別の画像は拡大もできる。

 さらに、SNSに見られる「いいね」ボタンのようにハート型のアイコンでお気に入り登録ができ、自分以外の利用者とも「みんなのお気に入り」として共有でき、人気資料が一目で分かるようになっている。

 2月4日までの限定公開だが、閲覧者のアクセス動向を調べて、システムの改善につなげる。河辺さんは「新たに追加された資料を探したいというニーズや、年代による表現方法の変化など資料の比較ができる。システムで興味のある資料を見つけてほしい」と話している。

 システムは、デジタル資料館から閲覧できる。

関連記事

室蘭民報

中野さんが毎月発行の「白老の自然」が200号に【白老】

 白老町本町の中野嘉陽さん(77)が毎月発行している個人通信「白老の自然」(B4判)がこのほど通算200号を達成した。2001年(平成13年)の第1号以来、途絶えることなく発行し、四季折々の話...

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...