北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

未来大院生の河辺さん 中央図書館のデジタル検索システム試作【函館】

膨大なポスター資料を視覚化して探しやすくする試作の検索システムを試作開発した河辺さん

 函館市中央図書館デジタル資料館に登録されているポスター画像を利用した歴史資料探索支援システム「おもしろい資料が見つかる試作システム」が期間限定で公開されている。開発者は、公立はこだて未来大学大学院修士2年の河辺雅史さん(23)。膨大な資料の全体像を把握し、見つけやすくするためのシステム開発研究の一環で、キーワードで自動分類、表示されたサムネイル(縮小画像)から関心のある画像を直感的に探すことができる。

 河辺さんは、同大学が関わるデジタル資料館の開発メンバーの一人。サイトでは絵はがき約3800点、写真約3400点など多くの資料を公開している。河辺さんは「大量な資料があり、適切なキーワードを入れないとヒットしにくい」と話し、目的の資料が探しにくいと課題を挙げる。

 試作システムは昨年7月時点でポスターカテゴリに登録された1673点を活用。「ビール アイスクリーム コーヒー」「地方自治体 国民 政府」といった自動で組み合わせた3つの言葉でグループ化され、サムネイル画像を表示。枠の大きさで資料の数も視覚化した。

 例えば、「会 博物館 文化」には、1937年6月の来函時の「ヘレンケラー女史大衆講演会」の告知や北洋博など、催し物のポスターが分類される。画像は「資料名」「新着」「年代」「人気」などの順番に並び替えることができ、個別の画像は拡大もできる。

 さらに、SNSに見られる「いいね」ボタンのようにハート型のアイコンでお気に入り登録ができ、自分以外の利用者とも「みんなのお気に入り」として共有でき、人気資料が一目で分かるようになっている。

 2月4日までの限定公開だが、閲覧者のアクセス動向を調べて、システムの改善につなげる。河辺さんは「新たに追加された資料を探したいというニーズや、年代による表現方法の変化など資料の比較ができる。システムで興味のある資料を見つけてほしい」と話している。

 システムは、デジタル資料館から閲覧できる。

関連記事

日高報知新聞

感謝の〝あんもち”【えりも】

【えりも】町郷土資料館N42度の会(新松隆会長)は8日、会の活動を支援・協力する個人や企業に感謝の気持ちを届けようと、同館で会員ら22人がもちつきに励んだ。  N42度の会は、郷土資料館の事業支援団体...

日高報知新聞

元気をあげに行こう?

【新冠】市民劇団ど・こ~れ新冠の第21回定期公演「田舎の子どもたちに元気をあげに行こう?」が8日夜、レ・コード館で開かれ、会場に詰めかけた500人の観客が子どもたちの熱演に大きな拍手を送った。  ...

苫小牧民報

JR日高線の橋梁、地震で損傷 復旧の場合は工期2年、費用5億円-富川―日高..

 JR北海道の島田修社長は12日の定例会見で、高波被害で不通が続く日高線鵡川―様似間のうち、富川―日高門別間に架かる「沙流川橋梁(きょうりょう)」(日高町)が9月の胆振東部地震で被災し、復旧する場...

苫小牧民報

千歳市消防本部で救急翻訳アプリ導入 15言語で病状など聞き取り

 増加するインバウンド(訪日外国人旅行者)への対応を充実させるため千歳市消防本部は救急隊用の多言語翻訳スマートフォンアプリ「救急ボイストラ」を導入した。消防署支笏湖温泉出張所(宮平史郎所長)は同...

十勝毎日新聞

クマさん冬眠準備 ベア・マウンテン【新得】

 クマさんも“仕事納め”-。サホロリゾート内の「ベア・マウンテン」(新得町狩勝高原、佐々木和好園長)で、飼育されているヒグマ全12頭の冬眠に入る準備が整った。  直前の10月後半から約1カ月間は...