北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

レストハウスアイランドが観光案内所化、準備着々【室蘭】

観光案内所化を進めるレストハウスアイランド

 アイランド観光(室蘭市崎守町、内池孝年代表取締役)は、同町のレストハウスアイランドの観光案内所化に向けた準備を進めている。パンフレットを置き、DVDの上映も始め、昨年12月にはカレー店として開店。室蘭の玄関口としての機能を果たすため、機能の拡充を図っている。

 同店は白鳥湾展望台に隣接している。同店前には国道37号が通っていることもあり、観光客らから、景勝地や展望台の場所を聞かれるケースも多い。駐車場で車内泊をしている人もいるという。「それならば観光案内所にした方が利便性が向上する」と思い立ち、取り組みを始めた。「室蘭を知らない人も来る。白鳥大橋を通り過ぎ、登別や洞爺に抜ける人も多い」と内池社長は指摘する。

 同店はこれまで、食事の提供や土産物の販売など、ドライブインのような形態で営業していた。案内所化に向けては、店舗に観光案内所の掲示を行い、観光案内のパンフレットを置き、DVDの上映を開始。PRのポスターも店舗内に張った。

 「カレーを目的に来店してくれる人にアピールしたい」(内池社長)と昨年12月7日からはカレーショップコロンボ白鳥湾展望台店としてオープン。同社の田中康之部長が中心となり、案内所としての機能を強化している。今後は「むろらんロケーションマップ」の掲示を予定。新名物を狙い、噴火湾産のホタテをふんだんに使った「室蘭名物噴火湾ほたて飯」の開発も進めている。

 内池社長は「観光客には室蘭が持つ地形や風景、食べ物の良さを知ってもらい、良さを実感して帰ってほしい。足を止めてもらうきっかけづくりになればと思う」と意気込む。田中部長は「室蘭の玄関口の役割を果たしたい」と笑顔を見せた。

関連記事

室蘭民報

中野さんが毎月発行の「白老の自然」が200号に【白老】

 白老町本町の中野嘉陽さん(77)が毎月発行している個人通信「白老の自然」(B4判)がこのほど通算200号を達成した。2001年(平成13年)の第1号以来、途絶えることなく発行し、四季折々の話...

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...