北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

レストハウスアイランドが観光案内所化、準備着々【室蘭】

観光案内所化を進めるレストハウスアイランド

 アイランド観光(室蘭市崎守町、内池孝年代表取締役)は、同町のレストハウスアイランドの観光案内所化に向けた準備を進めている。パンフレットを置き、DVDの上映も始め、昨年12月にはカレー店として開店。室蘭の玄関口としての機能を果たすため、機能の拡充を図っている。

 同店は白鳥湾展望台に隣接している。同店前には国道37号が通っていることもあり、観光客らから、景勝地や展望台の場所を聞かれるケースも多い。駐車場で車内泊をしている人もいるという。「それならば観光案内所にした方が利便性が向上する」と思い立ち、取り組みを始めた。「室蘭を知らない人も来る。白鳥大橋を通り過ぎ、登別や洞爺に抜ける人も多い」と内池社長は指摘する。

 同店はこれまで、食事の提供や土産物の販売など、ドライブインのような形態で営業していた。案内所化に向けては、店舗に観光案内所の掲示を行い、観光案内のパンフレットを置き、DVDの上映を開始。PRのポスターも店舗内に張った。

 「カレーを目的に来店してくれる人にアピールしたい」(内池社長)と昨年12月7日からはカレーショップコロンボ白鳥湾展望台店としてオープン。同社の田中康之部長が中心となり、案内所としての機能を強化している。今後は「むろらんロケーションマップ」の掲示を予定。新名物を狙い、噴火湾産のホタテをふんだんに使った「室蘭名物噴火湾ほたて飯」の開発も進めている。

 内池社長は「観光客には室蘭が持つ地形や風景、食べ物の良さを知ってもらい、良さを実感して帰ってほしい。足を止めてもらうきっかけづくりになればと思う」と意気込む。田中部長は「室蘭の玄関口の役割を果たしたい」と笑顔を見せた。

関連記事

函館新聞

住民の思い受け止めて 大間訴訟の会・竹田代表 11日に控訴審第1回弁論【..

 函館市の市民団体、大間原発訴訟の会(竹田とし子代表)が、電源開発(東京)が建設中の大間原発の建設・運転差し止めを求める訴訟の控訴審は11日、札幌高裁で初回の口頭弁論を迎える。法廷で意見陳述する...

函館新聞

函館で今冬初の真冬日 積雪15センチ越えで除雪車も【函館】

 冬型の気圧配置が強まった影響で、8日の道南は各地で気温が下がり断続的な雪となった。函館では最高気温が氷点下となり、今季初の真冬日となった。函館の真冬日の初日は昨年より8日遅かった。日中の最低気...

日高報知新聞

日ハム松本剛選手が指導【新ひだか】

【新ひだか】北海道日本ハムファイターズ新ひだか後援会(折手裕一会長)主催の野球教室が4日、静内体育館で開かれ、町内3野球少年団の小学生がファイターズの松本剛選手(25)と元一軍投手コーチの芝草宇宙さ...

日高報知新聞

「にいかっぷキッチン」オープン【新冠】

【新冠】道の駅「サラブレッドロード新冠」に隣接する農協ストア跡地に7日、町内の青果・コンブ、生肉、鮮魚、パン・スイーツの4店舗による商業施設「にいかっぷキッチン」がオープンした。あいにくの大雪の中...

苫小牧民報

「朝ラー」静かな人気 セットメニューも提供-味の大王総本店

 苫小牧市植苗の「味の大王総本店」が始めた、午前7時からラーメンを提供する「朝ラー」が静かな人気となっている。深夜、早朝時間帯に働く人を中心に注文が増えており、高橋浩一社長は「朝にラーメンを食べ...