北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

戸井の自然を観光資源化へ 釜谷富士に休憩スポット新設【函館】

釜谷富士を眺望できる市が新設した休憩スポット

 函館市は、戸井地区に広がる自然の観光資源化に取り組んでいる。同地区にそびえる釜谷富士(標高243メートル)を鑑賞できる休憩スポットを新設したほか、北海道と本州との最短地点である国道278号沿いの汐首岬では案内看板を一新。新年度以降もPR強化に努める考えだ。

 市と合併した旧4町村の中で、戸井地区は南茅部や恵山と比べて目立つ名所が少ないのが課題。地域資源を観光地化して訪れる客を増やそうと、市戸井支所が中心となり、本年度は約200万円かけて事業に当たっている。

 昨年12月に整備した休憩場所は、釜谷漁港西側の海岸沿いにある。アスファルトで舗装した一画に、6人ほどが座れるテーブル付きのベンチ1台と釜谷富士の案内板を設置。座りながら津軽海峡の眺望を楽しむこともできる。

 市によると、釜谷富士には登山道がなく、地元住民が呼ぶ愛称で地図上には名前がない。ただ、静岡県が富士山の形に似た山を紹介する「全国ふるさと富士」の一つに数えられており、マニアの間では有名だという。

 晴天の日に下北半島の街並みを一望できる汐首岬では、風害などで劣化していた看板をリニューアル。縦1・5メートル、横4メートルのサイズに道南と東北の地図を描き「北海道~本州最短の地 17・5キロ」と記した。

 市は同地区の観光スポットをホームぺージで紹介。景観が鑑賞できる場所は、今後も整備を進める計画で、同支所産業建設課は「車で立ち寄る観光客の増加につなげたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...