北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

戸井の自然を観光資源化へ 釜谷富士に休憩スポット新設【函館】

釜谷富士を眺望できる市が新設した休憩スポット

 函館市は、戸井地区に広がる自然の観光資源化に取り組んでいる。同地区にそびえる釜谷富士(標高243メートル)を鑑賞できる休憩スポットを新設したほか、北海道と本州との最短地点である国道278号沿いの汐首岬では案内看板を一新。新年度以降もPR強化に努める考えだ。

 市と合併した旧4町村の中で、戸井地区は南茅部や恵山と比べて目立つ名所が少ないのが課題。地域資源を観光地化して訪れる客を増やそうと、市戸井支所が中心となり、本年度は約200万円かけて事業に当たっている。

 昨年12月に整備した休憩場所は、釜谷漁港西側の海岸沿いにある。アスファルトで舗装した一画に、6人ほどが座れるテーブル付きのベンチ1台と釜谷富士の案内板を設置。座りながら津軽海峡の眺望を楽しむこともできる。

 市によると、釜谷富士には登山道がなく、地元住民が呼ぶ愛称で地図上には名前がない。ただ、静岡県が富士山の形に似た山を紹介する「全国ふるさと富士」の一つに数えられており、マニアの間では有名だという。

 晴天の日に下北半島の街並みを一望できる汐首岬では、風害などで劣化していた看板をリニューアル。縦1・5メートル、横4メートルのサイズに道南と東北の地図を描き「北海道~本州最短の地 17・5キロ」と記した。

 市は同地区の観光スポットをホームぺージで紹介。景観が鑑賞できる場所は、今後も整備を進める計画で、同支所産業建設課は「車で立ち寄る観光客の増加につなげたい」としている。

関連記事

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...

日高報知新聞

日高線協議進展なし

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が21日、公民館で開かれた。JR北海道の綿貫泰之常務が出席し、今後のあり方を話し合ったが、前回臨時会議から大きな進展はなかった。...

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...