北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ハクサイ・ダイコン 2倍以上 野菜高値【十勝】

 十勝管内のスーパーなどで野菜の高値が続いている。この時期主力の本州産が昨年の台風や大雪などで品薄状態が続き、需要期の年末を過ぎても価格が下がらない状況。特にハクサイやレタス、ダイコンなどが平年の2倍以上の価格で推移しており、カット品や小袋で値頃感を出すなど懸命だ。

野菜の高値が続き頭を悩ませる管内のスーパー

 管内スーパーの青果バイヤーや帯広地方卸売市場関係者によると、年末需要期の12月は全般的に食材の価格が上がり、年が明けて1月中旬ぐらいから価格が下がる傾向がある。

 ただ、主要スーパーでは現在、通常売りの場合、ハクサイが4分の1カット200円前後、ダイコンが1本400円前後、ブロッコリー1個やレタス1玉がそれぞれ500円前後で売られている。道内産が主力のタマネギとニンジンを除く多くの野菜が、昨年12月以降、平年ベースより高い状況が続いている。

 同市場の小澤直樹野菜担当取締役は「この時期、主力となる関東や九州の産地が昨年の天候不順や大雪などで物が小さく、品薄傾向。全国から商品をかき集めている状況」と説明する。

 各店では2分の1カットにとどまらず、4分の1にカットした野菜や、カットしたハクサイなどの袋売りなどの販売を強化している。ダイイチの岩花利典青果担当バイヤーは「高値疲れで消費が低迷するのが怖い。長年、青果を担当するが、この時期になっても価格が下がらないのはあまり経験がない」とする。

 コープさっぽろ(本部札幌)の管内3店では、1袋100円台前半の豆苗(とうみょう)が前年同期比1.5倍、1袋25円前後のもやしが1.3倍の売れ行き。外崎善隆帯広地区本部長も「比較的安価な商品に注目が集まっている。小分け対応を強化しているが、品切れを起こすこともあり、こまめにチェックしている」と話す。

 年明け以降、日本海側を中心に本州で大雪や寒波が続いている。青果担当者らは品薄に拍車がかかることを懸念し、「年末より少し価格が下がってきたキュウリやトマトが、今回の大雪などで上昇するのでは」と心配する声も聞かれた。

関連記事

室蘭民報

中野さんが毎月発行の「白老の自然」が200号に【白老】

 白老町本町の中野嘉陽さん(77)が毎月発行している個人通信「白老の自然」(B4判)がこのほど通算200号を達成した。2001年(平成13年)の第1号以来、途絶えることなく発行し、四季折々の話...

室蘭民報

登別マリンパークニクスの合格祈願お守りが人気【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、館内で飼育しているオオアナコンダの抜け殻を使った合格祈願のお守りを作製し、販売している。ヘビは知恵の象徴と言われており、毎年、受験シーズンに販売。...

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...