北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ハクサイ・ダイコン 2倍以上 野菜高値【十勝】

 十勝管内のスーパーなどで野菜の高値が続いている。この時期主力の本州産が昨年の台風や大雪などで品薄状態が続き、需要期の年末を過ぎても価格が下がらない状況。特にハクサイやレタス、ダイコンなどが平年の2倍以上の価格で推移しており、カット品や小袋で値頃感を出すなど懸命だ。

野菜の高値が続き頭を悩ませる管内のスーパー

 管内スーパーの青果バイヤーや帯広地方卸売市場関係者によると、年末需要期の12月は全般的に食材の価格が上がり、年が明けて1月中旬ぐらいから価格が下がる傾向がある。

 ただ、主要スーパーでは現在、通常売りの場合、ハクサイが4分の1カット200円前後、ダイコンが1本400円前後、ブロッコリー1個やレタス1玉がそれぞれ500円前後で売られている。道内産が主力のタマネギとニンジンを除く多くの野菜が、昨年12月以降、平年ベースより高い状況が続いている。

 同市場の小澤直樹野菜担当取締役は「この時期、主力となる関東や九州の産地が昨年の天候不順や大雪などで物が小さく、品薄傾向。全国から商品をかき集めている状況」と説明する。

 各店では2分の1カットにとどまらず、4分の1にカットした野菜や、カットしたハクサイなどの袋売りなどの販売を強化している。ダイイチの岩花利典青果担当バイヤーは「高値疲れで消費が低迷するのが怖い。長年、青果を担当するが、この時期になっても価格が下がらないのはあまり経験がない」とする。

 コープさっぽろ(本部札幌)の管内3店では、1袋100円台前半の豆苗(とうみょう)が前年同期比1.5倍、1袋25円前後のもやしが1.3倍の売れ行き。外崎善隆帯広地区本部長も「比較的安価な商品に注目が集まっている。小分け対応を強化しているが、品切れを起こすこともあり、こまめにチェックしている」と話す。

 年明け以降、日本海側を中心に本州で大雪や寒波が続いている。青果担当者らは品薄に拍車がかかることを懸念し、「年末より少し価格が下がってきたキュウリやトマトが、今回の大雪などで上昇するのでは」と心配する声も聞かれた。

関連記事

函館新聞

北斗の高石さん、そば打ち全国大会に初出場へ【北斗・函館】

 北斗市在住で北斗浜分郵便局の局長を務める高石勝利さん(54)がこのほど、十勝管内新得町で開かれた「全日本素人そば打ち名人大会北海道予選」で、本大会への出場権を獲得した。道南在住者では、これまで...

函館新聞

札苅駅前「アルメリアロード」が満開 6月末まで見ごろ【木古内】

 【木古内】国道228号から道南いさりび鉄道札苅駅前に伸びる町道(約100メートル)は、毎年6月に道路の両側に「ハマカンザシ(アルメリア)」と「イブキジャコウソウ」がピンクの花をいっぱいに咲かせ...

室蘭民報

わくわく発掘体験、縄文楽しむ講座スタート【伊達】

 史跡北黄金貝塚公園(伊達市北黄金町)の解説ボランティア・オコンシベの会(小倉定一代表)は本年度、同公園と縄文文化により理解を深めてもらおうと、講座「縄文を楽しむ」を企画した。初回の16日には...

室蘭民報

宮蘭フェリー22日就航、新たな“海路”誕生祝う【室蘭】

 川崎近海汽船(東京)が室蘭市と岩手県宮古市を結ぶフェリー航路があす22日、就航する。室蘭の航路消滅から10年、北海道に新たな物流ルートが誕生する。両市では歓迎の準備が大詰めを迎えた。川近...

根室新聞

ビザなし交流 四島ファミリー訪問団帰島【根室】

 今年度のビザなし交流で受け入れ第2陣となった四島在住ロシア人のファミリー訪問団は19日夕、3泊4日にわたる管内住民との交流を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)でそれぞれの島へ戻った。管内...