北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「焼きピロシキ」好評 各店独自に工夫、味めぐりするファンも【函館】

表面に共通のロゴを刻印した「はこだて焼きピロシキ」

 はこだて雇用創造推進協議会(会長・谷口諭函館市経済部長)が開発し、市内の6事業者が昨年12月に販売した「はこだて焼きピロシキ」が好評だ。一定のルールを基にロシア風のパンの中に各店がオリジナルの具材をぎっしり詰め、表面に共通の焼き印を付けて提供。ほぼ毎日完売する店舗があるほか、各店のこだわりを楽しもうと〝味めぐり〟するファンも増えている。

 ピロシキはロシアや東欧の家庭料理で、中の具材はゆで卵やジャガイモなどさまざま。日本では揚げたものが主流だが、本場と同じ焼きピロシキとし、2種類以上のスパイスと道南産の食材を使った具材をたっぷり中に入れることなどを定義とした。

 同協議会と共に開発に携わった「まるたま小屋」(元町2)は、ウクライナでよく食べられているという米の入ったピロシキを提供。「ホワイトライスカレー」というメニューで、カレーパンとならないよう、カレーのとろみにこだわった。腹持ちの良さや食感などが好まれ、売れ行きは上々だという。

 1個250円。北見伸子オーナーは「幕末からロシアと縁がある函館でこれまでのピロシキのイメージを覆し、面白さを発信できれば」と意欲を燃やす。

 同じく開発に参加したキングベークは、タイ風カレーのピロシキに仕上げた。具材の原料は、函館近郊産の大粒の大豆「たまふくら」や鶏ひき肉などを使用。アジアンテイストな味わいにしようと、スパイスの調合に試行錯誤を重ねた上で完成した自信作。1日25個の限定販売で、完売となる日が圧倒的だという。

 1個216円。本店(亀田本町7)とキングベークナチュラル(シエスタハコダテ地下1階)で提供している。

 同協議会によると、工夫を凝らした各店のピロシキを味わおうと、販売店を巡って食べ比べを楽しむ客も多いという。同協議会製作のオリジナルソング「はこだて焼きピロシキの歌」もあり、販売店の一部で楽曲を流しているほか、動画サイト「ユーチューブ」で公開している。

 このほかの販売店は次の通り。

 ちいさなしあわせパン☆(五稜郭町18)▽ベーカリー ル・レーブ(白鳥町17)▽手作りパンの家 こすもす(富岡町2)▽パン・エスポワール戸倉店(戸倉町316)・的場店(的場町11)・石川店(石川町147)・函館駅前店(キラリス函館1階)。

関連記事

函館新聞

上ノ国で菜の花畑が見ごろ【上ノ国】

 【上ノ国】町内各所で可憐な菜の花が満開を迎えている。道道江差木古内線沿いでも、田んぼの間に鮮やかな黄色いじゅうたんが確認でき、ドライバーらの目を楽しませている。  同町では10年ほど...

函館新聞

自慢のバイク見せ合おう 6月2日にコンロッドミーティング【函館】

 バイク愛好家が集う「第9回コンロッドミーティングin摩周丸」(コンロッド函館主催)が6月2日午前10時から、青函連絡船記念館摩周丸前の広場で開かれる。それぞれが持ち込んだ幅広い年代のバイク...

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...