北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館マラソン、エントリー2月19日開始 宿問題解消へ宿泊予約あっせん【函館】

宿問題の解消対策などが示された実行委総会

 函館市教委は16日、フル・ハーフ同時開催となって3回目の「2018函館マラソン」(7月1日、市千代台公園陸上競技場発着)について、2月19日にエントリー受け付けを開始することを明らかにした。昨年の大会で発生した「宿問題」の解消に向け、エントリーに先駆けて2月12日午後9時から宿泊予約をあっせんする。

 同日、市役所で開かれた実行委(委員長・岡部寿一道南陸上競技協会会長)の総会で報告し、承認された。

 申し込み期間は、2月19日午後9時~4月13日午後5時。フル・ハーフともインターネットで、ハーフのみ郵便振替での申し込み(2月20日から)も可。定員になり次第締め切る。昨年の大会は申し込み期間が約1カ月だったが、今年は約2カ月に拡大し集客を図る。

 宿問題では、昨年はエントリー開始直後に市内の宿泊施設の供給不足が顕著となり、エントリーはしたいものの「宿がない」「高い」といった投稿がSNSで拡散し、エントリーの勢いが急激に鈍化した。

 問題解決のため、オフィシャルスポンサーのJTB北海道が今年は昨年の当初段階より1000室多い2000室を確保するとともに、函館ホテル旅館協同組合や函館湯の川温泉旅館協同組合と連携し早期のリリース、値ごろ感のある価格設定となるよう調整を促す。

 また、今年新たな試みとしてフルマラソンにペースランナーを8人配置。ランニングの愛好家団体「函館走ろう会」に依頼し、3・5時間、4時間、4・5時間、5時間で2人ずつ走る。表彰は年代別5歳刻みの男女各1~3位まで行う。昨年から導入した時差式スタートを継続し、ハーフが午前9時、フルが同9時10分スタートとするほか、エイドステーションを昨年より3カ所増やし16カ所(うちフード提供は6カ所)とするなど、ランナーの満足度を高める対策を講じる。

 フル・ハーフとも定員は4000人で、参加費はフル9000円、ハーフ5000円。JTB北海道函館支店は「昨年のようにエントリー開始と同時に宿の供給不足を招かぬよう準備に万全を期す」と強調した。

関連記事

日高報知新聞

旬のウニに約4千500人【様似】

【様似】前浜の春ウニを味わう「第10回さまにウニまつり」が19日、本町3の国道沿いエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の行楽日和のもと、町内外から約4500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類を網...

日高報知新聞

日高管内からは5人

 政府は21日付で令和元年春の叙勲受章者を発表した。全国総数4226人で、うち道内居住者は230人。日高管内からは長年にわたって各分野で地域の発展に尽くした元えりも漁協組合長の平野正男さんら5人が晴...

苫小牧民報

安平のSL、日本遺産に 北海道の「炭鉄港」認定で

 文化庁が20日付で発表した、各地の文化財に物語性を持たせて観光振興などにつなげる「日本遺産」。今年度は安平町など12市町で組織する北海道の「炭鉄港」(たんてつこう)を軸にした「本邦国策を北海道...

苫小牧民報

「ララ」です。会いに来てね 赤ちゃんラマの名前決まる-えこりん村

 恵庭市牧場のテーマパーク「えこりん村」は19日、4月に同村にやって来た赤ちゃんラマの名前を人気投票で「ララ」に決定した。担当の飼育員は「他の動物と仲良くしながら元気に成長してほしい」と話してい...

苫小牧民報

駒大苫高、女子硬式野球部を創設 全国制覇目指し、環境も整備

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、同校で記者会見を開き、2020年4月に女子硬式野球部を創設すると発表した。道内では札幌新陽高校に次ぎ2校目の女子野球部となる。笹嶋校長は「やるなら上を目...