北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館マラソン、エントリー2月19日開始 宿問題解消へ宿泊予約あっせん【函館】

宿問題の解消対策などが示された実行委総会

 函館市教委は16日、フル・ハーフ同時開催となって3回目の「2018函館マラソン」(7月1日、市千代台公園陸上競技場発着)について、2月19日にエントリー受け付けを開始することを明らかにした。昨年の大会で発生した「宿問題」の解消に向け、エントリーに先駆けて2月12日午後9時から宿泊予約をあっせんする。

 同日、市役所で開かれた実行委(委員長・岡部寿一道南陸上競技協会会長)の総会で報告し、承認された。

 申し込み期間は、2月19日午後9時~4月13日午後5時。フル・ハーフともインターネットで、ハーフのみ郵便振替での申し込み(2月20日から)も可。定員になり次第締め切る。昨年の大会は申し込み期間が約1カ月だったが、今年は約2カ月に拡大し集客を図る。

 宿問題では、昨年はエントリー開始直後に市内の宿泊施設の供給不足が顕著となり、エントリーはしたいものの「宿がない」「高い」といった投稿がSNSで拡散し、エントリーの勢いが急激に鈍化した。

 問題解決のため、オフィシャルスポンサーのJTB北海道が今年は昨年の当初段階より1000室多い2000室を確保するとともに、函館ホテル旅館協同組合や函館湯の川温泉旅館協同組合と連携し早期のリリース、値ごろ感のある価格設定となるよう調整を促す。

 また、今年新たな試みとしてフルマラソンにペースランナーを8人配置。ランニングの愛好家団体「函館走ろう会」に依頼し、3・5時間、4時間、4・5時間、5時間で2人ずつ走る。表彰は年代別5歳刻みの男女各1~3位まで行う。昨年から導入した時差式スタートを継続し、ハーフが午前9時、フルが同9時10分スタートとするほか、エイドステーションを昨年より3カ所増やし16カ所(うちフード提供は6カ所)とするなど、ランナーの満足度を高める対策を講じる。

 フル・ハーフとも定員は4000人で、参加費はフル9000円、ハーフ5000円。JTB北海道函館支店は「昨年のようにエントリー開始と同時に宿の供給不足を招かぬよう準備に万全を期す」と強調した。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...