北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

児童が「自分のお店」開店 キャリア講座【帯広】

出店に向けた最終的な打ち合わせを行う児童とCDNスタッフ

 小学4~6年生を対象としたキャリア教育講座「自分のお店を作ってみよう!」で、参加児童たちが21日に、帯広市内の高齢者いきいきふれあい館「まちなか」で自分たちが考えた店を開く。14日に「まちなか」で第3回の講座が開かれ、児童4人が最終回の出店に向けた準備を進め、内容を協議した。

 十勝キャリアデザインネットワーク(CDN)主催。子どもたちが未来を思い描き、自ら行動し、人と協力することなどを楽しみながら学習する「心を育むプログラム」として、全4回開講される。

 初回と第2回では、仕事の意義や企業経営を学び、出店にかかる原価や販売価格などの資金計画を立てた。この日は、CDNのスタッフ6人が児童をサポートしながら、必要な作業や時間配分を考え、食券制の導入の有無など販売形態を決めた。また、開店のためにメニュー看板を作成し、接客マナーの確認をして士気を高めた。

 CDNの山崎増美さんは「主体的に考えて、話し合うなどの過程を大切にしてきた。実際の出店では、『できた』という成功体験を自信につなげてほしい」としている。

 21日は正午から午後2時まで、同館の1階スペースに児童らがスコーンやフランクフルト、おしるこなどの店を構え販売する。入場は自由。

関連記事

日高報知新聞

旬のウニに約4千500人【様似】

【様似】前浜の春ウニを味わう「第10回さまにウニまつり」が19日、本町3の国道沿いエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の行楽日和のもと、町内外から約4500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類を網...

日高報知新聞

日高管内からは5人

 政府は21日付で令和元年春の叙勲受章者を発表した。全国総数4226人で、うち道内居住者は230人。日高管内からは長年にわたって各分野で地域の発展に尽くした元えりも漁協組合長の平野正男さんら5人が晴...

苫小牧民報

安平のSL、日本遺産に 北海道の「炭鉄港」認定で

 文化庁が20日付で発表した、各地の文化財に物語性を持たせて観光振興などにつなげる「日本遺産」。今年度は安平町など12市町で組織する北海道の「炭鉄港」(たんてつこう)を軸にした「本邦国策を北海道...

苫小牧民報

「ララ」です。会いに来てね 赤ちゃんラマの名前決まる-えこりん村

 恵庭市牧場のテーマパーク「えこりん村」は19日、4月に同村にやって来た赤ちゃんラマの名前を人気投票で「ララ」に決定した。担当の飼育員は「他の動物と仲良くしながら元気に成長してほしい」と話してい...

苫小牧民報

駒大苫高、女子硬式野球部を創設 全国制覇目指し、環境も整備

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、同校で記者会見を開き、2020年4月に女子硬式野球部を創設すると発表した。道内では札幌新陽高校に次ぎ2校目の女子野球部となる。笹嶋校長は「やるなら上を目...