北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

チョウザメ縫いぐるみ販売開始 道の駅【鹿追】

道の駅しかおいで販売が始まったチョウザメの縫いぐるみ

 道の駅しかおいで13日から、手作りのチョウザメの縫いぐるみ販売が始まった。観光客らから「かわいい」と好評を集めている。

 町はバイオガス発電施設の余剰熱を活用し、チョウザメの飼育、特産化を進めている。縫いぐるみは町内の手芸サークル「しかおい夢工房」の伊藤明美代表(64)と藤井利江さん(40)がデザインから縫製までを手掛け、一つ一つ手作りした。とがった鼻を強調して愛嬌(あいきょう)のある4本のひげを付け、背中にはチョウ形のうろこを配置するなどチョウザメの特徴をかわいらしく表現した。

 色は青、ピンク、ミントグリーンの3種類で、価格は大(5000円)、中(3000円)、小(2500円)。伊藤代表は「心を込めて作っている。縫いぐるみを通してチョウザメや鹿追のことを知ってもらいたい」と語った。道の駅を訪れた町内の木澤亜沙美さん(30)は「とてもかわいい。しっかり作られていて、色もたくさんあるので子どもにも受けそう」と話していた。

関連記事

函館新聞

上ノ国で菜の花畑が見ごろ【上ノ国】

 【上ノ国】町内各所で可憐な菜の花が満開を迎えている。道道江差木古内線沿いでも、田んぼの間に鮮やかな黄色いじゅうたんが確認でき、ドライバーらの目を楽しませている。  同町では10年ほど...

函館新聞

自慢のバイク見せ合おう 6月2日にコンロッドミーティング【函館】

 バイク愛好家が集う「第9回コンロッドミーティングin摩周丸」(コンロッド函館主催)が6月2日午前10時から、青函連絡船記念館摩周丸前の広場で開かれる。それぞれが持ち込んだ幅広い年代のバイク...

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...