北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

東京線 初の65万人超 昨年【帯広】

JALの機材大型化などを背景に、夏場の旅行需要が拡大(昨年8月、帯広空港)

 帯広市空港事務所がまとめた、とかち帯広空港の2017年の東京(羽田)線の利用者数は、前年比8.0%(4万8862人)増の65万7366人で過去最多となった。月別でも、その月の歴代1位を9回更新。悪天候による欠航は前年に比べて半減し、日本航空(JAL)が繁忙期に機材を全便大型化したことなどが要因とみられる。

 東京線は1965年に道東初の首都直行便として就航。2011年にJALとエア・ドゥのダブルトラッキング(2社乗り入れ)が始まり、以降、便数増や航空運賃の低下といった利便性の向上を背景に、歴年の利用者数は12年から6年連続で増加している。

 17年の利用実績を月別でみると、2、11、12月を除くすべての月で歴代最多に。16年は天候不順や台風の影響で欠航が66便と相次いだ半面、17年は30便にとどまった。就航率は99.4%で、帯広空港特有の就航率の高さも際立った。

 航空会社別の乗降客は、JALが前年比6.7%(2万7104人)増の42万9736人で、搭乗率は3.6ポイント増の72.1%。繁忙期となる夏場に通常より96席多い中型機を導入、7月15日~8月31日の約1カ月半にわたっては全便大型化を図った。7~9月の提供座席数は前年同月比12.3%増の17万6512席で、観光シーズンの旅行需要を取り込んだとみられる。

 同社帯広支店の岩田昌之副支店長は「機内のWi-Fiサービスの完全無料化など需要喚起にも努めたことで、個人客についてはすべての月で前年を上回った」とする。

 エア・ドゥは10.6%(2万1758人)増の22万7630人で、搭乗率は4.8ポイント増の68.5%だった。年間を通して事前予約購入割引の制度が好調で、同社の広報担当は「道内全体の旅行需要が高まっていて、特に夏場は景気が良いことも数字を左右した」と分析している。

 市の総合計画で19年度の定期便利用者数を63万1000人に設定しているが、17年度はこの数字を上回る見込み。市空港事務所の加藤帝所長は「この数字を弾みに、新規の路線開設につなげていきたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...