北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

東京線 初の65万人超 昨年【帯広】

JALの機材大型化などを背景に、夏場の旅行需要が拡大(昨年8月、帯広空港)

 帯広市空港事務所がまとめた、とかち帯広空港の2017年の東京(羽田)線の利用者数は、前年比8.0%(4万8862人)増の65万7366人で過去最多となった。月別でも、その月の歴代1位を9回更新。悪天候による欠航は前年に比べて半減し、日本航空(JAL)が繁忙期に機材を全便大型化したことなどが要因とみられる。

 東京線は1965年に道東初の首都直行便として就航。2011年にJALとエア・ドゥのダブルトラッキング(2社乗り入れ)が始まり、以降、便数増や航空運賃の低下といった利便性の向上を背景に、歴年の利用者数は12年から6年連続で増加している。

 17年の利用実績を月別でみると、2、11、12月を除くすべての月で歴代最多に。16年は天候不順や台風の影響で欠航が66便と相次いだ半面、17年は30便にとどまった。就航率は99.4%で、帯広空港特有の就航率の高さも際立った。

 航空会社別の乗降客は、JALが前年比6.7%(2万7104人)増の42万9736人で、搭乗率は3.6ポイント増の72.1%。繁忙期となる夏場に通常より96席多い中型機を導入、7月15日~8月31日の約1カ月半にわたっては全便大型化を図った。7~9月の提供座席数は前年同月比12.3%増の17万6512席で、観光シーズンの旅行需要を取り込んだとみられる。

 同社帯広支店の岩田昌之副支店長は「機内のWi-Fiサービスの完全無料化など需要喚起にも努めたことで、個人客についてはすべての月で前年を上回った」とする。

 エア・ドゥは10.6%(2万1758人)増の22万7630人で、搭乗率は4.8ポイント増の68.5%だった。年間を通して事前予約購入割引の制度が好調で、同社の広報担当は「道内全体の旅行需要が高まっていて、特に夏場は景気が良いことも数字を左右した」と分析している。

 市の総合計画で19年度の定期便利用者数を63万1000人に設定しているが、17年度はこの数字を上回る見込み。市空港事務所の加藤帝所長は「この数字を弾みに、新規の路線開設につなげていきたい」としている。

関連記事

函館新聞

上ノ国で菜の花畑が見ごろ【上ノ国】

 【上ノ国】町内各所で可憐な菜の花が満開を迎えている。道道江差木古内線沿いでも、田んぼの間に鮮やかな黄色いじゅうたんが確認でき、ドライバーらの目を楽しませている。  同町では10年ほど...

函館新聞

自慢のバイク見せ合おう 6月2日にコンロッドミーティング【函館】

 バイク愛好家が集う「第9回コンロッドミーティングin摩周丸」(コンロッド函館主催)が6月2日午前10時から、青函連絡船記念館摩周丸前の広場で開かれる。それぞれが持ち込んだ幅広い年代のバイク...

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...