北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位 えりも町第54回つけものコンクール

町内の主婦自慢の味を慎重に審査

【えりも】「第54回つけものコンクール」が15日、町福祉センターで開かれ、町内の主婦らが自家用の漬物を持ち寄って自慢の味を競い合った。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)の主催。

 川﨑会長は「昨年は秋サケ、ハタハタの不漁で原料が入手しにくかった中で、出品者の伝統の食文化を守ろうとする意気込みを審査し、味わせてもらいます」とあいさつ。大西正紀町長は「自家製の漬物には、主婦の気持ちと意気込みが入っている。この場からさらに自慢の味を外に広める努力と工夫を考えよう」と呼び掛けた。

 今回は、たくあん、サケいずしなど7部門に18人の主婦が43品を応募。審査は大西町長、川上松美町教育長、金崎伸幸日高振興局副局長、井上節子新ひだか町女性団体連絡協議会長、住野谷張貴えりも漁協専務など15人が各部門ごとを受け持って、お茶で味覚を整えながら、味、香り、見た目などを1品ずつを慎重に審査。

 集計の合間には、各審査員がそれぞれの感想を述べ合い、井上新ひだか町会長は「工夫の部9品目を審査しましたが、努力のあとが解ります。それに名前の付け方もユニーク。〝アルコールと合います”などのキャッチフレーズで商品化も可能」と述べた。

 審査は、出品数に応じて1位のみや3位までとなったが、出品常連で例年いずしづくりの講師を務める渡部智佳子さん=本町=は、たくあんなど3部門で1位。第19回から入賞を続けている能登貞子さん(82)=笛舞=は「家族が毎年、自分の漬物を喜んでくれるので、さらに工夫を続けます」と話していた。

 川上教育長は審査講評で「出品作品にはどれも真心とオーラが出ていた。審査は甲乙付けがたく苦心した。今後はコンブなど、毎年何かをメーンに工夫を重ねてほしい」と期待。表彰後は、主催者が用意したご飯と味噌汁に、出品漬物をおかずに審査員も加わって昼食会で味わった。

 各部門3位までの入賞者は次の通り。

 ▽たくあん ①渡部智佳子②川越和子

 ▽かぼちゃ漬け ①渡部智佳子

 ▽粕漬け ①渡部智佳子

 ▽工夫 ①能登貞子②石村千代子③渡部智佳子

 ▽即席 ①能登貞子②高田香奈江③渡部智佳子

 ▽いずし「さけ」 ①川﨑舞子②高橋星子③谷家祥子

 ▽いずし「その他」 ①芹田美子②銅谷信子③同

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...