北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧のホッキ貝水揚げ 17年連続日本一

最盛期を迎えた冬ホッキ漁=17日午前7時25分ごろ、苫小牧漁港区

 苫小牧市の2016年ホッキ貝漁獲量は前年比30トン増の715トンで、産地の市町村別で17年連続日本一になったと、16日に同市が発表した。漁獲量全体の13%を占め、苫小牧産ホッキ貝のブランド力向上に弾みが付くと、漁業関係者も喜んでいる。

 ホッキ貝主要産地の北海道や青森、福島両県の市町村別漁獲実績のデータを苫小牧市が独自に集計し、順位を付けた。その結果、本道と両県の16年の漁獲量は5656トンで、前年より44トン減った。

 市町村別ではトップは苫小牧市で715トン。2位は根室管内別海町の489トン、3位は青森県三沢市の449トン、4位は根室市の400トン、5位は釧路管内白糠町325トン。この他、胆振管内ではむかわ町が270トンで7位、白老町は216トンで10位。

 漁が盛んな胆振管内全体の水揚げ量は1440トンで、本道と両県の合計漁獲量の25%を占める。日高管内は334トン(新ひだか町95トン、日高町94トン、えりも町83トンなど)だった。また、苫小牧市の漁獲高は、市町村別で最も多い4億1342万円で、1キロ当たり平均単価は前年より25円減の578円。2位は根室管内別海町で2億3320万円、3位は根室市の2億2514万円となった。

 苫小牧市の漁獲量は1994年の1255トンをピークに、資源保護の観点から減少傾向にある。漁に当たり苫小牧漁協は、漁獲対象を貝殻9センチ以上に規制し、5~6月を禁漁にするなど管理型漁業を徹底している。

 現在、漁を行っている同漁協の冬ホッキ部会の大島秀樹副船団長(53)は「資源量は近年増えており、中長期にわたり安定した漁獲量を維持したい」と話す。中出弘幸船団長(51)は「日本一の連続記録を更新し続け、苫小牧と言えばホッキ貝というブランド力を全国に発信したい」と意気込む。

関連記事

日高報知新聞

3グループが全道大会へ【新ひだか】

【新ひだか】15、16の両日に江別市で開かれた農業高校生がプロジェクト学習の成果を発表する「第37回南北海道学校農業クラブ連盟実績発表大会」で、静内農業高(大関俊郎校長、生徒123人)から参加した3グル...

日高報知新聞

やったぞ!!全国一に【浦河】

 全国の高校、大学を対象にした和歌山県主催の「第2回データ利活用コンペティション」の最終審査会が19日、和歌山市内で開かれ、高校の部で浦河高校3年の課題研究班(チーム健康ラボwithまちなか元気ステ...

苫小牧民報

「味の大王」陸自隊員にカレーラーメン振る舞う スケートまつり会場すべり台..

 第53回とまこまいスケートまつり(2月2、3日開催)のメイン会場となる苫小牧市若草町の中央公園で、「ちびっこすべり台」を制作する自衛隊員をねぎらおうと、市内植苗に総本店があるラーメン店「味の大...

苫小牧民報

支笏湖水槽で年1度の大掃除 水抜き、職員ごしごし-サケふる千歳水族館

 千歳市花園のサケのふるさと千歳水族館は23日、支笏湖水槽で年に1度の大掃除を行った。メンテナンス休館を利用し、水をほぼ抜いた水槽に職員が入り、藻や水カビなどをきれいに除去。2月1日の再開に備え...

苫小牧民報

千歳出身の声優・鈴木愛奈さんポップ設置 演じるキャラ玩具3倍に-道の駅サ..

 千歳市花園にある道の駅サーモンパーク千歳は24日、館内に市出身声優・鈴木愛奈さん(23)を起用した観光PR動画を放映中のモニターを彩る専用ポップを製作した。これに併せて鈴木さんが声を演じるアニ...