北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自慢の乳製品一堂に ミルク&チーズフェア【帯広】

道内各地のチーズや乳製品を買い求める来場者でにぎわった会場

 道産牛乳と乳製品を集めた「ミルク&ナチュラルチーズフェア2018」が18日、藤丸7階催事場で開幕した。全道から集まった60工房・社のチーズやヨーグルトなどがずらりと並び、初日から多くの買い物客でにぎわった。23日まで。

 北海道牛乳普及協会とホクレン主催。牛乳や乳製品の消費拡大を目的に、帯広と札幌(25~30日)の2会場で毎年開いている。帯広は、今年で30回の節目を迎えた。

 今回の目玉企画は、高校生が加工した乳製品を使って、同じく高校生が調理実演を披露するコラボレーションステージ(土・日曜限定で各日正午から)。また、会場内に設置されたスタンプをスマホで集めると抽選でオリジナルエコバッグが当たる「デジタルスタンプラリー」を道内百貨店で初開催している。

 音更町在住の会社員田畑泰志さん(51)は、開店から10分で完売した開催30回記念のチーズ詰め合わせバッグを手に「あっという間になくなってびっくりした。チーズは普段ワインと一緒に楽しんでいる。この後も、気になる商品を買って帰りたい」と笑顔で話した。

 開場に先立ち、午前9時半からの開会式で、北海道牛乳普及協会の茂木悦雄常務理事は「こだわりをもってオンリーワンの商品作りを目指して」と出店者に呼び掛けた。

関連記事

室蘭民報

国道37号線沿い直売所に客誘う真っ赤なイチゴ【豊浦】

 豊浦町内を走る国道37号沿いで、今年も町名産のイチゴの直売所がオープンしている。つややかに真っ赤に熟した実が、甘い香りを漂わせている。観光客や札幌、函館方面に向かうドライバーが立ち寄りにぎわ...

名寄新聞

独自製法で強いモチモチ感・杵つき餅入りどら焼き発売【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、本格的なきねつき餅が入った特製どら焼きを発売。モチモチ感が強く、あんと皮とともに、おいしさを際立たせている。  同社では、地元産も...

名寄新聞

「もち米玄米珈琲」を発売【名寄】

 株式会社松前(市内西4南6、松前衛代表取締役社長)は、名寄産もち米を使った「名寄産もち米玄米珈琲」を発売。玄米を黒焙煎(ばいせん)して仕上げたもので、コーヒーのような香りと色、苦みがありなが...

名寄新聞

チョウザメおこわ誕生・天塩川グルメ開発【美深】

 チョウザメのまち「美深町」ならではの新メニューが誕生した。コラーゲン豊富なチョウザメだしスープで美深町産もち米を炊き上げた「チョウザメおこわ」で、道の駅びふか前で販売。多くの観光客から注目を...

名寄新聞

道の駅でガレット販売・地元産そば粉100%【美深】

 ㈱アウル事業の推進や特産品の研究・開発を通じ、美深町PRに奮闘している地域おこし協力隊員の森下雄介さん。美深産そば粉100%の「ガレット」をプロデュースし、1日から道の駅びふか前で販売してい...