北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

「五輪うどん」期間限定で提供【下川】

左上から「椎茸天」「温玉」「豚キムチ」「かしわ」「ぶっかけ」の五輪うどん

 下川町出身の葛西紀明、伊東大貴、伊藤有希の3選手が、平昌五輪のスキージャンプ日本代表に決まり、町内錦町の「みなみ家」(南匡和店主)では五輪期間の2月9日から同25日まで、5種類のうどんを五つのおわんにそれぞれ盛った「五輪うどん」(1セット980円)を販売する。

 「地元の応援ムードを盛り上げたい」と企画しているもの。うどんには下川手延べ麺を使用。下川町産シイタケを使った「椎茸天うどん」、町産酵素卵を温泉玉子にして、スキージャンパー型の昆布を乗せた「温玉うどん」、韓国の国民食であるキムチを使った「豚キムチうどん」、鳥のように遠くまで飛んでほしい―との願いを込めた「かしわうどん」、下川手延べうどんならではのコシを楽しめる「ぶっかけうどん(冷)」をセットで提供する。

 五輪開催中のみの特別メニューで、1日10食限定となる。営業時間は午前11時から午後2時、定休は月曜日。南店主は地元出身選手へ「けがのないように頑張ってください。下川町からも応援しています」とエールを送る。

関連記事

十勝毎日新聞

ラワンブキでお茶 「雨やどり」28日登場【足寄】

 足寄町特産ラワンブキを使ったブランド茶「雨やどり」が28日に登場する。さっぱりとした味わいと新緑の香り、ハーブティーの位置づけで商品化された。足寄の道の駅関連施設のチャレンジショップ「ふきのし...

十勝毎日新聞

6年かけ「十勝パン」 地場小麦100%の新商品【十勝】

 十勝のパン職人らで構成する「十勝パンを創る会」(中島将好会長、8店)が6年がかりで開発してきた、十勝産小麦100%使用のオリジナル品「十勝パン」が完成した。イタリアの長時間発酵パン「チャバタ...

十勝毎日新聞

磯の味覚 手作業で フノリ漁【広尾】

 広尾町内の国道336号沿いの沿岸で、磯の味覚フノリの漁が行われている。  漁は3月から6月ごろまで、月1、2日程度行われる。今年は3月に1度、生で販売するフノリを取った。  4月17日は...

十勝毎日新聞

無料冊子「ラーメン街道」発刊 全道4エリア139店掲載【十勝】

 道内の新聞社5社で組織する北海道地方紙連携協議会(事務局・CMC函館営業所)は1日、フリーマガジン「ラーメン街道2018」を発刊した。道内4エリアから139店の人気ラーメンを紹介している。 ...

函館新聞

鹿部の「軽石干し」料理味わって ロイヤルホテル11日と25日にバイキング..

 みなみ北海道鹿部ロイヤルホテル(鹿部町本別530、若井浩支配人)は11日と25日、町の特産品として新たに誕生した「軽石干し」を使った料理を提供する「サンデーランチバイキング」を行う。同ホテルは...