北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

元カーリング女子日本代表 金村萌絵さんが平取町で講演

カーリング人生を話す金村萌絵さん

【平取】平成18年トリノ、22年バンクーバー冬季五輪カーリング競技女子日本代表選手の金村萌絵さん(33)の講演会「カーリングがくれた夢~一投に思いをのせて」が18日夜、振内町民センターで開かれた。

 金村さんは旧姓目黒。上川管内南富良野町出身。富良野高校を経て弘前大学人文学部卒。みちのく銀行に就職。現在はカーリング指導者とテレビ中継の解説者として活動中。

 父は日本選手権2位、母は世界シニア選手権4位のカーリング一家で育ち、小学3年の時からカーリングを始めた。4年生の時に釧路市から南富良野町に引っ越してきた寺田桜子さんを誘い、金村さんと姉二人が中心となるカーリングチーム「空知こざくら」のスキップとして、実家のビニールハウス内の特設リンクで毎日楽しく練習に励んだ。

 7年には国内で3番目の専用リンク「空知スポーツリンク」に天然氷のカーリングコースが完成。この時の同級生は4人しかいなかったが、「男子日本代表の山口剛史(SC軽井沢)を含め4人中3人が日本代表となった」と当時を振り返る。

 7年12月の第3回北海道ジュニア大会では2位に入賞。メンバーは金村さんと姉(目黒摩耶、目黒未希)、寺田桜子さん、山口亜矢さんの5人。

 12年1月第8回日本ジュニアカーリング選手権大会で、網走管内常呂町以外で初の優勝チームとなる。同年4月に富良野高校に進学し陸上部に入部。6月に平成12年度JOCの五輪有望選手に認定され、12月にはカナダでのカーリング強化合宿に参加した。

 高校卒業後の進路を決める時期に、青森市で臨時職員として働いていた小野寺歩さん(現姓小笠原)から「トリノ冬季オリンピック出場を目標とするチーム」への誘いを受け、青森県内の大学進学を決断し、弘前大学を受験し合格。4月に小野寺さんとその同僚の林弓枝さん(現姓船山)、同じく青森県内の大学に進学した寺田桜子さんを加えた4人で「フォルティウス」(後のチーム青森)を結成。20年3月にスポーツ枠でない一般の就職試験を受けて総合職としてみちのく銀行に入行した。

 これまでの人生を話したあと金村さんは「これまで自分が頑張れたのは、ジュニアの時にカーリングを存分に毎日楽しめたお陰」と振り返り、「引退してからは指導と普及啓発の日々。選手の時に感じなかった別の良い人生経験をさせてもらっている。カーリング指導を通じての平取町の皆さんとのお付き合いは5年。素敵な温かいつながりを大事に夢に向かって頑張りましょう」と爽やかな笑顔でエールを送った。

関連記事

日高報知新聞

林家とんでん平と茶摘家ちゃっきり【新ひだか】

【新ひだか】落語家の林家とんでん平さん(札幌在住)や茶摘家ちゃっきりさん(静内木場町・植村雪枝さん)らによる「平成最後の落語会」が21日、町公民館で開かれ、来場者は生の落語やとんでん平さんの歌謡ショ...

日高報知新聞

最多当選は荻野さん12回

 第19回統一地方選後半は市町村長選、市区町村議選が21日に投開票され、日高管内も4町の町議選で計49人が当選し、5人が落選した。新人は4町で9人が立候補し、全員が当選。浦河町(定数16)は新人の2人が3...

苫小牧民報

全国最年少知事が誕生 鈴木氏、道庁へ初登庁

 7日投開票された道知事選で初当選した前夕張市長の鈴木直道氏(38)は23日午前、道庁へ初登庁した。現役では全国最年少知事に就任した鈴木氏は、職員を前に「前例にとらわれず、絶えず広い視野を持ち、...

苫小牧民報

初の週末、1万5000人 安平・道の駅が家族連れで盛況

 安平町の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が開業後初めての週末を迎えた20、21の両日、晴天に恵まれて大勢の家族連れらでにぎわった。運営するあびら観光協会によると2日間で町内外から...

室蘭民報

春の憲法の集い、前川元文科事務次官が講演【室蘭】

 憲法を守る室蘭地域ネット(増岡敏三代表)の「春の憲法の集い」が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。元文部科学事務次官の前川喜平氏が日本国憲法について講演。第13条などを解説し、個人の権利...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス