北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

もりもと、ベジマフィン新発売 カボチャ・ホウレンソウ・ニンジンの3種

左から野菜農家の桑山さんと西野さん、五十嵐さん

 もりもと(本社千歳市)は、千歳や恵庭など近郊産地の野菜を原料に使用した「ベジマフィン」(1個160円税込み)を発売した。野菜を収穫時にペースト状に加工し、地場産の少なくなる冬場にどんどん食べてもらおう―と企画した。2月中旬まで本店、ちとせモール店、恵み野店、苫小牧柏木店など道内19店舗で期間限定販売する。

 「ベジマフィン」はカボチャとホウレンソウ、ニンジンの3種類。道産素材の商品開発に取り組む社内の「野菜委員会」が昨夏から商品化を進め、半年がかりで実現した。当初はパンで商品化を進めていたがカップケーキ状の「マフィン」に落ち着いた。それぞれの持つ味や色などを引き出した焼き菓子だ。

 野菜摂取量が少ないと言われる道民向けに、冬場に地場野菜が食べられるようにし、配合比率も全体の25%と高くした。同社パン部の波多野穀チーフは「女性や健康志向の人、野菜が苦手な子供に最適」と言い、「ホウレンソウは独特の風味を、ニンジンは味を引き出すのに苦労した」と振り返る。

 同社に野菜を提供している農家には期待感が広がっている。恵庭の農業桑山正人さん(63)は「農食連携で加工された安心、安全な地元野菜が消費者に支持されれば」と期待する。同じく西野和文さん(57)も「ホウレンソウがスイーツに使われるとは」と驚き「生産者として提案できることを考えていきたい」と話す。

 千歳の農家五十嵐重明さん(48)も「これなら野菜嫌いの子供も食べられる。お菓子で栄養が取れると、高騰している冬にぴったり」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス