北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

総合振興局がニセコ地域で27日にPRイベント【胆振】

27日開催の「いぶり 食・観光ウインターイベントinニセコ」「胆振四大遺産inニセコ」のPRポスターやチラシ

 胆振総合振興局は、ニセコ地域への訪日外国人をターゲットにした「胆振PRイベント」を開く。27日に倶知安町内のホテルで、「胆振の食と観光」と「胆振四大遺産(洞爺湖有珠山ジオパーク、アイヌ文化、縄文遺跡群、むかわ竜)」をテーマにしたイベントをそれぞれ開催する。胆振の魅力を積極的に発信し、管内への誘客につなげていきたい考え。

 同局によると、ニセコ地域の外国人宿泊客数は年間66万人に上り、倶知安町内の滞在日数も平均5日程度という。同局では2016年度(平成28年度)から長期滞在の外国人をターゲットにしたPRイベントを開催してきた。

 17年度も胆振管内の強みである1~3次産業を生かして、誘客促進・交流人口拡大を図る「いぶり・6次観光推進プロジェクト」に伴う取り組みの一つとして実施する。17年度は「胆振の食と観光」と「胆振四大遺産」のイベントを同日開催し、胆振を集中的にPRする。

 当日は①白老牛サイコロステーキや噴火湾ホタテのバター焼きの試食などができる「いぶり 食・観光ウインターイベントinニセコ」②アイヌ民族の古式舞踊・伝統楽器演奏、ムックリ体験ワークショップ、アイヌ衣装試着、縄文アクセサリー作り体験などによる「胆振四大遺産inニセコ」を開催する。

 同局では英文チラシ1600枚を作成、倶知安町内のホテルやニセコ町内のスキー場で配布している。本間研一局長は「訪日外国人がより来場しやすい内容とした」とし、「ニセコ地域と近い胆振が魅力ある地域であることを、PRイベントを通じてしっかり訴えたい」としている。

関連記事

室蘭民報

24日に文化・スポーツの祭典、プログラム決まる【室蘭】

 24日に室蘭市体育館で行われる第11回文化・スポーツの祭典のプログラムが決まった。今回は室蘭和太鼓會の和太鼓演奏を皮切りに多彩な演目が披露される。  祭典は室蘭市体育協会(村木一夫会長)と...

室蘭民報

必見、古来の技術…たたらの会が展示会【登別】

 室蘭・登別たたらの会(石崎勝男代表)のたたら製鉄展示会が23日まで、登別市中央町の市立図書館で開会。写真や同会の活動で砂鉄から生成した粗鋼「鉧(けら)」を展示し、日本古来の製鉄技術を紹介して...

室蘭民報

熱戦間近…23日開幕の国際雪合戦準備着々【壮瞥】

 壮瞥町の冬の一大イベント・昭和新山国際雪合戦が23、24の両日、同町の昭和新山山麓特設会場で開かれる。本番に向け実行委やボランティアによる会場設営が着々と進んでいる。31回目を迎える今大会に...

室蘭民報

23日「工場夜景の日」に合わせイベント【室蘭】

 2月23日の「工場夜景の日」に合わせ、室蘭観光推進連絡会議(石田仁会長)は記念イベントを実施している。写真パネル展やカードの配布などを行い、観光客らに夜の室蘭の魅力を伝えている。  「工場...

名寄新聞

「星空とともに」・3月9、10日なよろ天文台で上映【名寄】

 プラネタリウム番組「星空とともに」の特別投影が、3月9、10の両日午後3時と午後5時からなよろ市立天文台「きたすばる」で行われる。  2011年3月11日発生の東日本大震災から8年となるが、こ...