北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

牛とろ丼全国2位 ご当地どんぶり選手権【清水】

準グランプリに輝き、銀の丼形トロフィーを持つ藤田社長(中央)。右は町商工観光課の川原さん

 全国のご当地食材を使った丼メニューの人気を競う「第9回全国ご当地どんぶり選手権」の結果発表が21日、イベント会場の東京ドームで行われた。十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)が製造する牛とろを使った「十勝牛とろ丼」が過去最高の準グランプリに輝いた。2年連続の3位から1つ順位を上げ、藤田社長や関係者が喜びに沸いた。

 各地のお祭りやグルメを一堂に集めた「ふるさと祭り東京2018-日本のまつり・故郷の味」(実行委員会主催)のメインイベントで14の名物丼がエントリーした。12~21日の期間中、1杯500円で提供し、来場者が好みの一品に投票した。「十勝牛とろ丼」は冷凍状の細かい牛とろフレークを温かいご飯の上に載せ、変化する食感を楽しめる。

 表彰式には清水町商工観光課の川原基央さんも駆け付け見守った。ステージ上で、銀の丼型トロフィーを受け取った藤田社長は、牛とろ丼に力を入れていた清水ドライブイン運営の山下観光社長だった故・野崎勝敏さんの写真を掲げ「いい報告ができる」と笑顔。「十勝にはおいしい物がいっぱいある」と呼び掛けた。

 6度目の本選出場だが、今年は「前半は客足が少ないと感じ、プレッシャーもあった」と明かした。最終日まで常に切れ目なく行列が続き、「牛とろ丼の知名度が上がったと感じた。原料に限りはあるが、他のグルメイベントにも挑戦したい」と話していた。

 グランプリは、「志布志発かごしま黒豚三昧」(鹿児島)、3位は「豊後水道寒ブリ漬け丼」(大分)だった。

関連記事

室蘭民報

室工大のジンギスカン鍋クッキーが四季彩館で発売【室蘭】

 室蘭工業大学(空閑良壽(くがよしかず)学長)公認焼き菓子「ジンギスカン鍋クッキー」が23日から、室蘭市東町のJR東室蘭駅構内の北海道四季彩館東室蘭店で発売された。同店で扱う同大の「鐵(てつ)...

十勝毎日新聞

高木姉妹の好物 たかまん「祝」大判焼き 帯広

 帯広市内の高橋まんじゅう屋(東1南5)は高木菜那、美帆両選手の金メダル獲得を記念し、「祝」の焼き印が入った大判焼きの販売を始めた。スケートやサッカーの練習帰りに店で大判焼きを食べる幼い姉妹を見...

十勝毎日新聞

アレルギー対応中華まんを発売 市内「シェンロン」の平松さん【帯広】

 帯広の市民団体「アレルギーを考える会」の研究会員平松一海さんが16日、アレルギー対応の「ベジ肉まん」の販売を、自身が店主を務める帯広市内の中華レストラン・シェンロン(東6南16)で始めた。中華ま...

十勝毎日新聞

鹿カツドッグが最高賞 町給食センター考案【陸別】

 第2回ジビエ料理コンテスト(全国公募、国産ジビエ流通規格検討協議会主催)の表彰式が15日、都内で開かれた。陸別町給食センターが出品した「鹿カツドッグ」が、給食アイデア料理部門の最高賞となる農林水...

室蘭民報

「白老牛の日」がスタート、5店舗がメニュー2割引き【白老】

 白老牛銘柄推進協議会主催のグルメイベント「白老牛の日」が9日から4日間の日程で始まり、同協議会指定販売店5店舗が自慢のメニューを2割引きで提供し、昼時には格安メニューのオーダーが相次いだ。 ...