北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

牛とろ丼全国2位 ご当地どんぶり選手権【清水】

準グランプリに輝き、銀の丼形トロフィーを持つ藤田社長(中央)。右は町商工観光課の川原さん

 全国のご当地食材を使った丼メニューの人気を競う「第9回全国ご当地どんぶり選手権」の結果発表が21日、イベント会場の東京ドームで行われた。十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)が製造する牛とろを使った「十勝牛とろ丼」が過去最高の準グランプリに輝いた。2年連続の3位から1つ順位を上げ、藤田社長や関係者が喜びに沸いた。

 各地のお祭りやグルメを一堂に集めた「ふるさと祭り東京2018-日本のまつり・故郷の味」(実行委員会主催)のメインイベントで14の名物丼がエントリーした。12~21日の期間中、1杯500円で提供し、来場者が好みの一品に投票した。「十勝牛とろ丼」は冷凍状の細かい牛とろフレークを温かいご飯の上に載せ、変化する食感を楽しめる。

 表彰式には清水町商工観光課の川原基央さんも駆け付け見守った。ステージ上で、銀の丼型トロフィーを受け取った藤田社長は、牛とろ丼に力を入れていた清水ドライブイン運営の山下観光社長だった故・野崎勝敏さんの写真を掲げ「いい報告ができる」と笑顔。「十勝にはおいしい物がいっぱいある」と呼び掛けた。

 6度目の本選出場だが、今年は「前半は客足が少ないと感じ、プレッシャーもあった」と明かした。最終日まで常に切れ目なく行列が続き、「牛とろ丼の知名度が上がったと感じた。原料に限りはあるが、他のグルメイベントにも挑戦したい」と話していた。

 グランプリは、「志布志発かごしま黒豚三昧」(鹿児島)、3位は「豊後水道寒ブリ漬け丼」(大分)だった。

関連記事

十勝毎日新聞

枝豆大福にプレミア版 地元産にこだわり【中札内】

 道の駅なかさつないのカントリーショップ「てんとうむし」(村大通南7、小林利光代表)に新商品が登場した。「プレミア枝豆大福」と「ハスカップ入り豚丼のたれ」で、どちらも地元産にこだわった商品だ。 ...

十勝毎日新聞

鹿カツバーガーおいしいね 町民試食【陸別】

 陸別町給食センター主催の町民試食会が9日、町タウンホールで開かれた。ジビエ料理の全国コンテストで最高賞を受賞した同センターの「鹿カツドッグ」が「鹿カツバーガー」にアレンジされ、町民約120人...

十勝毎日新聞

甘みほのか「あずきサイダー」新発売 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(串田雅樹組合長)は、独自の野菜ブランド「とれたんと」の小豆を使った「北海道十勝あずきサイダー」を開発した。今月から管内で販売している。  「とれたんと」は有機肥料「しみず有機...

十勝毎日新聞

豚丼スティックで参戦 ご当地!絶品うまいもん甲子園【帯広】

 帯広南商業高校クッキング部の部員3人が、「第7回ご当地!絶品うまいもん甲子園」(農林水産省、全国食の甲子園協会主催)の北海道・東北エリア選抜大会(10日・仙台市)に出場する。考案したメニュー...

室蘭民報

ビーフインパクト室蘭店が開店し長蛇の列【登別】

 人気ステーキチェーン「炭焼ステーキBEEF IMPACT室蘭店」が8日、登別市鷲別町6の国道36号沿いにオープンした。「厚切りステーキを気取らずリーズナブルにガッツリ」をコンセプトにした業態...