北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

牛とろ丼全国2位 ご当地どんぶり選手権【清水】

準グランプリに輝き、銀の丼形トロフィーを持つ藤田社長(中央)。右は町商工観光課の川原さん

 全国のご当地食材を使った丼メニューの人気を競う「第9回全国ご当地どんぶり選手権」の結果発表が21日、イベント会場の東京ドームで行われた。十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)が製造する牛とろを使った「十勝牛とろ丼」が過去最高の準グランプリに輝いた。2年連続の3位から1つ順位を上げ、藤田社長や関係者が喜びに沸いた。

 各地のお祭りやグルメを一堂に集めた「ふるさと祭り東京2018-日本のまつり・故郷の味」(実行委員会主催)のメインイベントで14の名物丼がエントリーした。12~21日の期間中、1杯500円で提供し、来場者が好みの一品に投票した。「十勝牛とろ丼」は冷凍状の細かい牛とろフレークを温かいご飯の上に載せ、変化する食感を楽しめる。

 表彰式には清水町商工観光課の川原基央さんも駆け付け見守った。ステージ上で、銀の丼型トロフィーを受け取った藤田社長は、牛とろ丼に力を入れていた清水ドライブイン運営の山下観光社長だった故・野崎勝敏さんの写真を掲げ「いい報告ができる」と笑顔。「十勝にはおいしい物がいっぱいある」と呼び掛けた。

 6度目の本選出場だが、今年は「前半は客足が少ないと感じ、プレッシャーもあった」と明かした。最終日まで常に切れ目なく行列が続き、「牛とろ丼の知名度が上がったと感じた。原料に限りはあるが、他のグルメイベントにも挑戦したい」と話していた。

 グランプリは、「志布志発かごしま黒豚三昧」(鹿児島)、3位は「豊後水道寒ブリ漬け丼」(大分)だった。

関連記事

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

十勝毎日新聞

おあずけプリンに新味 コーヒーとほうじ茶【陸別】

 陸別町振興公社(陸別町大通、道の駅内)は20日、陸別ブランドとして定着している冷凍プリン「りくべつミルクのおあずけプリン」の新味として、コーヒーとほうじ茶の2種類を発売する。  コーヒー味は...

室蘭民報

壮瞥のリンゴを使用したワイン来年2月販売へ【壮瞥】

 壮瞥町内の農商工業者、観光関係者らでつくる「そうべつシードル造り実行委」(川南和彦委員長)は、町内産のリンゴを使ったワインを来年2月に販売する。シードル(リンゴ酒)に続く企画で特産のリンゴの...

室蘭民報

カネサン佐藤水産でイクラ醤油漬けの製造本格化【室蘭】

 水産加工のカネサン佐藤水産(室蘭市東町、佐藤有一代表取締役)は、旬の道産イクラを使った醤油(しょうゆ)漬け「いくら醤油味 有機」の製造を本格化させている。宝石のように輝くイクラが鮮やか。 ...