北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

根室中標津空港 昨年は11年ぶり20万人突破【根室】

平成29年の年間利用者が20万人を突破した根室中標津空港

 根室管内の空の玄関口、根室中標津空港は、昨年一年間の乗降客数が、前年より2.6パーセント増えて11年ぶりに20万人を突破した。東京便はほぼ前年並みだったが、千歳便が5.2パーセント増と好調で全体の伸びにつながった。

 道釧路総合振興局釧路建設管理部中標津空港事務所がまとめた利用状況によると、昨年12月は千歳便が8,608人で前年同月比6.2パーセント、505人増。東京便が5,150人で同7.3パーセント、352人の増となり、全体で1万3,758人。同6.6パーセント、857人の増となった。

 千歳便は1月から8月までと12月に前年同月実績を上回り、特に4月から8月にかけて毎月前年比10パーセントを超える好調ぶりで乗降客数を伸ばした。東京便は夏のいわゆるオン・シーズンに前年割れが続いたが、11、12月でほぼ前年並みまで盛り返した。

 この結果、昨年1月から12月までの乗降客数は、20万1,813人となり、前年を2.6パーセント、5,120人上回った。千歳便が11万1,753人で同5.2パーセント、5,531人の増。東京便が9万60人で同0.5パーセント、411人の減だった。

 年間搭乗率は68.3パーセントで前年比2.6ポイント上がった。千歳便は2.5ポイント増の70.4パーセント、東京便も2.5ポイント増の65.8パーセントだった。搭乗率は使用機材や運航回数(欠航)などが影響するため、乗降客数の増減とは必ずしも一致しない。

 同空港の年間乗降客数は、平成18年に20万7,500人を数えたのを最後に20万人を割り込んできた。新型インフルエンザの流行で全国的な旅行控えが起こった平成21年には16万5,000人台に落ち込んだ。その後回復基調に転じ、平成23年3月11日の東日本大震災発生で一時的にブレーキがかかったものの、最終的には23年も利用客を伸ばし、25年に19万人台に回復。28年まで4年連続19万人台を維持していた。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩【浦河】

 浦河赤十字看護専門学校(武岡哲良学校長)=浦河町東町ちのみ1=の第29回戴帽式が19日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女27人が看護の道への第一歩を踏み出...

日高報知新聞

イオン静内店営業再開【新ひだか】

【新ひだか】9月6日の胆振東部地震で店舗の損壊被害に遭い、臨時休業していた静内末広町2のイオン静内店(横山秀雄店長)が20日、45日ぶりに営業を再開した。再開を心待ちにしていた来店客で終日にぎわった。 ...

苫小牧民報

実と花が同時に 駅北広場の梨の木に珍現象-白老

 白老町のJR白老駅北側にある駅北広場内の梨の木が、実を付けると同時に小さな白い花を咲かせている。不思議な現象に地域住民も驚きの表情で眺めており、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構果...

室蘭民報

輪西八条アトリエのものづくりイベント好評【室蘭】

 ボルト人形ボルタを生み出したNPO法人テツプロ(塩澤尚志理事長)は21日、室蘭市輪西町の輪西八条アトリエでものづくりをテーマにしたイベントを開いた。訪れた親子連れが椅子や銅板バッジなどの手作り...

室蘭民報

ホッキ2千袋が完売、漁港イベントにぎわう【苫小牧】

 漁獲量日本一の特産品・ホッキ貝をPRするイベント「第8回苫小牧漁港ホッキまつり」が21日、苫小牧港西港漁港区で開かれた。青空が広がる絶好のイベント日和に、市内外から多くの家族連れや買い物客が詰...