北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

根室中標津空港 昨年は11年ぶり20万人突破【根室】

平成29年の年間利用者が20万人を突破した根室中標津空港

 根室管内の空の玄関口、根室中標津空港は、昨年一年間の乗降客数が、前年より2.6パーセント増えて11年ぶりに20万人を突破した。東京便はほぼ前年並みだったが、千歳便が5.2パーセント増と好調で全体の伸びにつながった。

 道釧路総合振興局釧路建設管理部中標津空港事務所がまとめた利用状況によると、昨年12月は千歳便が8,608人で前年同月比6.2パーセント、505人増。東京便が5,150人で同7.3パーセント、352人の増となり、全体で1万3,758人。同6.6パーセント、857人の増となった。

 千歳便は1月から8月までと12月に前年同月実績を上回り、特に4月から8月にかけて毎月前年比10パーセントを超える好調ぶりで乗降客数を伸ばした。東京便は夏のいわゆるオン・シーズンに前年割れが続いたが、11、12月でほぼ前年並みまで盛り返した。

 この結果、昨年1月から12月までの乗降客数は、20万1,813人となり、前年を2.6パーセント、5,120人上回った。千歳便が11万1,753人で同5.2パーセント、5,531人の増。東京便が9万60人で同0.5パーセント、411人の減だった。

 年間搭乗率は68.3パーセントで前年比2.6ポイント上がった。千歳便は2.5ポイント増の70.4パーセント、東京便も2.5ポイント増の65.8パーセントだった。搭乗率は使用機材や運航回数(欠航)などが影響するため、乗降客数の増減とは必ずしも一致しない。

 同空港の年間乗降客数は、平成18年に20万7,500人を数えたのを最後に20万人を割り込んできた。新型インフルエンザの流行で全国的な旅行控えが起こった平成21年には16万5,000人台に落ち込んだ。その後回復基調に転じ、平成23年3月11日の東日本大震災発生で一時的にブレーキがかかったものの、最終的には23年も利用客を伸ばし、25年に19万人台に回復。28年まで4年連続19万人台を維持していた。

関連記事

十勝毎日新聞

地上絵で「ありがとう」 閉校の西上音更小【士幌】

 西上音更小学校(川上裕明校長、児童11人)が来年3月に閉校するのを前に、地元農家の有志が校舎に隣接する畑で、地上絵を制作した。校章と「99年間ありがとう」というメッセージを描いた。15日には...

十勝毎日新聞

「幻の橋」模型完成 崩れも精密に再現【上士幌】

 崩壊が進むタウシュベツ川橋梁(きょうりょう)を後世に伝えようと、NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンター(河田充代表)はインターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)を活用し、3Dデー...

十勝毎日新聞

畑から湯気 17日は峠で積雪も【士幌】

 秋から冬へ季節が移ろう中、16日の十勝管内では気温差により、畑の堆肥がもうもうと白い湯気を立てる光景が見られた。  帯広測候所によると、16日朝の最低気温は最も低い大樹で2.6度、帯広は6....

室蘭民報

グランドホテルの村元さんが全日本司厨士協会から銀章【登別】

 登別グランドホテル(登別市登別温泉町)の洋食シェフ・村元茂美さん(64)が、全日本司厨士(しちゅうし)協会から銀章を受けた。永年の協会役員として携わった功績が評価された。「登別にはおいしい食...

函館新聞

秋の大沼湖畔を快走 グレートラン・ウオークに2192人【七飯】

 【七飯】「2018北海道大沼グレートラン・ウオーク」(七飯大沼国際観光コンベンション協会主催)が14日、大沼国定公園で開かれた。ランニングとウオーク合わせて2192人がエントリーし、秋風を浴び...