北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

刑法犯 昭和32年以降最少の84件【根室】

 根室警察署(武田一郎署長)管内の平成29年の刑法犯認知件数が、初めて100件を切る84件にとどまり、同署に通年で比較可能な記録として残る昭和32年以降の統計で過去最少となった。平成22年に103件まで減少し、その後は増減を繰り返していたが昨年は前年より23.6パーセントも減少した。同署では今後も安心、安全な根室市の実現を目指して犯罪の減少に向けた防犯活動を推進していく。

 同署がまとめた平成29年の市内の刑法犯認知件数・検挙件数によると、認知件数は前年を23.6パーセント、26件下回る84件で3年ぶりに減少した。

 凶悪犯はなく前年比3件減。暴行、傷害、脅迫、恐喝などの粗暴犯は28件で同2件増。侵入窃盗、自動車盗、万引きなどの窃盗犯は31件で同14件減、詐欺、横領、背任などの知能犯は3件で同3件減。風俗犯が2件で同1件増、その他が20件で同9件減となった。

 検挙件数は凶悪犯1件、粗暴犯25件、窃盗犯9件など全体で47件となり、前年より3件少なかったが、認知件数が大きく減少したことから検挙率は前年より10.4ポイント上がって55.9パーセントとなった。

 根室署管内(根室市)の刑法犯の認知件数は、平成16年以前は年間300件前後だったものの、19年には160件とほぼ半減。22年には103件まで減少した。ところが23年には9件増の112件、24年には128件と2年連続で増加。25年111件、26年107件と再び減少に転じていたが、同27年は110件と3年ぶりに増加。増減を繰り返し、28年は前年と同数だった。

 犯罪の発生件数には市全体の人口減少など社会的背景が無視できないものの、刑法犯がここ十数年の間に3分の1以下に減ったのには、平成10年の根室市安全で住みよいまちづくり条例の制定、これに基づく根室市安全で住みよいまちづくり推進協議会の設置などを契機に防犯活動が強化されてきたことが大きい。

 青色防犯パトロールをはじめとした地域における自主防犯活動の活発化、協議会のもとに関係団体との連携を強化したまちぐるみでの活動が成果として表れた結果と見ることができる。

 根室警察署では「粗暴犯は前年に比べ増加したが、住民が身近に不安に感じる窃盗犯は減少した。今後とも関係機関、団体と連携しながら、さらなる犯罪の減少を目指して活動していきたい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

十勝毎日新聞

さあW杯 ゲスト24カ国から340人【帯広】

 16日に明治北海道十勝オーバルで開幕するスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦を前に、帯広市内では世界各国から集まった選手や関係者らの姿が街中でも見られ、十勝のグルメを満喫する選手らへ...