北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌、増毛、小平のキャラでうまい棒

留萌市、増毛町、小平町のマスコットキャラクターがデザインされた「うまい棒」(留萌南部地域広域観光連携協議会提供)

 留萌市、増毛町、小平町で構成する留萌南部地域広域観光連携協議会(会長・高橋定敏留萌市長)は、平成29年度から都市部での知名度向上、交流人口拡大や移住促進を狙いとした各種事業を展開している。このほど、3市町のマスコットキャラクターをデザインしたパッケージを使用したスナック菓子を製造。今後、各地でのPR活動などを通じて配布する考えだ。

 同協議会による事業は、地域が連携して定住人口増加に向けて必要な生活機能確保をするため、経済基盤を培いながら地域の活性化を図るのが狙い。道の交付金を3年間で1500万円を活用。都市部での知名度向上を図る南るもい広域観光プロモーション事業、交流人口拡大や移住を促進する地域間交流等誘致促進事業の2本立てで展開している。

 スナック菓子の製造に当たっては、留萌市の公認かずの子応援キャラクター「KAZUMOちゃん」、増毛町のマスコットキャラクター「かもめのマーシーくん」、小平町のPRキャラクター「おびまる」を活用。パッケージのデザインを手掛ける広告代理店を通じてメーカーに依頼し、スナック菓子「うまい棒」を3市町それぞれ600本ずつ製造した。

 同協議会事務局の市経済港湾課は「2月3、4日に留萌合同庁舎で開かれるオロロン・スノーパラダイスをはじめとした3市町のイベントのほか、3市町のPRを狙いとした市外での催しに参加した際に配布したい」としている。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...