北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

〝笑顔〟でおもてなし 外国人観光客受入研修会

外国人役の通訳案内士とコミュニケーションを図る参加者たち

【新ひだか】日高振興局と道観光振興機構主催、日高地域日台親善協会共催の「日高管内外国人観光客受入研修会」が19日、町公民館で開かれ、管内各町の観光協会や観光施設、町や商工会関係者19人が参加して、おもてなしの秘けつやコミュニケーションのコツを学んだ。

 研修会は、道観光振興機構が凸版印刷東日本事業本部(札幌)に事業委託して開催。同社の桝谷稔さんを進行役に、旅行会社のZERO PLANNING(札幌)の増井淨美社長が「外国人観光客へのホスピタリティについて」、国家資格通訳案内士の岩崎修子さんと森若裕子さんが「通訳案内士による現場対応」について講義と演習が行われた。

 外国人観光客とのコミュニケーションでは、参加者が4グループに分かれ、言葉を使わずに前日の晩ごはんなどを伝えるコミュニケーションを体験。

 桝谷さんは「アイコンタクトが非常に大事で、目と目が合ったら笑うだけでコミュニケーションのほぼ半分は成立している。ジェスチャーや絵を描いて伝えている人がいたが、そうやって相手に伝えるために想像力を働かせることもポイント」と話した。

 さらに、通訳案内士が外国人役を務めて「サクラの季節はいつが見ごろですか?また、ここからどうやって行きますか?」などの質問について、参加者が自分が知っている英語や中国語、ジェスチャーなどを使って説明。

 桝谷さんは「この質問が海外の方からあった場合、どうやって答えたら良いかを考えておくことが大切。日ごろから練習をしておくとコミュニケーションについて前向きな姿勢が身につく」とまとめた。

関連記事

日高報知新聞

3グループが全道大会へ【新ひだか】

【新ひだか】15、16の両日に江別市で開かれた農業高校生がプロジェクト学習の成果を発表する「第37回南北海道学校農業クラブ連盟実績発表大会」で、静内農業高(大関俊郎校長、生徒123人)から参加した3グル...

日高報知新聞

やったぞ!!全国一に【浦河】

 全国の高校、大学を対象にした和歌山県主催の「第2回データ利活用コンペティション」の最終審査会が19日、和歌山市内で開かれ、高校の部で浦河高校3年の課題研究班(チーム健康ラボwithまちなか元気ステ...

苫小牧民報

「味の大王」陸自隊員にカレーラーメン振る舞う スケートまつり会場すべり台..

 第53回とまこまいスケートまつり(2月2、3日開催)のメイン会場となる苫小牧市若草町の中央公園で、「ちびっこすべり台」を制作する自衛隊員をねぎらおうと、市内植苗に総本店があるラーメン店「味の大...

苫小牧民報

支笏湖水槽で年1度の大掃除 水抜き、職員ごしごし-サケふる千歳水族館

 千歳市花園のサケのふるさと千歳水族館は23日、支笏湖水槽で年に1度の大掃除を行った。メンテナンス休館を利用し、水をほぼ抜いた水槽に職員が入り、藻や水カビなどをきれいに除去。2月1日の再開に備え...

苫小牧民報

千歳出身の声優・鈴木愛奈さんポップ設置 演じるキャラ玩具3倍に-道の駅サ..

 千歳市花園にある道の駅サーモンパーク千歳は24日、館内に市出身声優・鈴木愛奈さん(23)を起用した観光PR動画を放映中のモニターを彩る専用ポップを製作した。これに併せて鈴木さんが声を演じるアニ...