北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

〝笑顔〟でおもてなし 外国人観光客受入研修会

外国人役の通訳案内士とコミュニケーションを図る参加者たち

【新ひだか】日高振興局と道観光振興機構主催、日高地域日台親善協会共催の「日高管内外国人観光客受入研修会」が19日、町公民館で開かれ、管内各町の観光協会や観光施設、町や商工会関係者19人が参加して、おもてなしの秘けつやコミュニケーションのコツを学んだ。

 研修会は、道観光振興機構が凸版印刷東日本事業本部(札幌)に事業委託して開催。同社の桝谷稔さんを進行役に、旅行会社のZERO PLANNING(札幌)の増井淨美社長が「外国人観光客へのホスピタリティについて」、国家資格通訳案内士の岩崎修子さんと森若裕子さんが「通訳案内士による現場対応」について講義と演習が行われた。

 外国人観光客とのコミュニケーションでは、参加者が4グループに分かれ、言葉を使わずに前日の晩ごはんなどを伝えるコミュニケーションを体験。

 桝谷さんは「アイコンタクトが非常に大事で、目と目が合ったら笑うだけでコミュニケーションのほぼ半分は成立している。ジェスチャーや絵を描いて伝えている人がいたが、そうやって相手に伝えるために想像力を働かせることもポイント」と話した。

 さらに、通訳案内士が外国人役を務めて「サクラの季節はいつが見ごろですか?また、ここからどうやって行きますか?」などの質問について、参加者が自分が知っている英語や中国語、ジェスチャーなどを使って説明。

 桝谷さんは「この質問が海外の方からあった場合、どうやって答えたら良いかを考えておくことが大切。日ごろから練習をしておくとコミュニケーションについて前向きな姿勢が身につく」とまとめた。

関連記事

室蘭民報

「撮りフェスin室蘭」大賞に地元初の齋藤さん【室蘭】

 室蘭市で行われた24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7月7、8日、同実行委員会など主催)の受賞作品が14日決まった。大賞には齋藤ますみさん(46)=室蘭市=のイタン...

函館新聞

湯ノ岱駅の窓口カウンター、道南トロッコ鉄道に〝引っ越し〟【木古内、上ノ国】

 【木古内、上ノ国】旧江差線廃線跡で運行する「道南トロッコ鉄道」にこのほど、6月に解体された同線湯ノ岱駅(上ノ国町)の窓口カウンターが移設され、トロッコの切符売り場として活用されている。  ...

函館新聞

「向日葵のかっちゃん」23日に上演 稽古に熱【函館】

 函館在住の作家・西川司さんの自伝小説「向日葵のかっちゃん」(講談社出版)の舞台(実行委主催、函館新聞社など後援)が23日に市芸術ホールで上演されるのを前に、地元の高校生ら主要キャストが稽古の最...

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...