北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自動化牛舎を整備 搾乳ロボット新たに3台 北藤ファーム【広尾】

 酪農業の北藤(ホクトー)ファーム(町紋別21、北藤利通社長)は、搾乳ロボットや自動給餌機、ふん尿掃除装置を導入し、自動化、機械化を進めた牛舎を整備した。22日に同ファームで竣工(しゅんこう)式が開かれ、労働力不足の課題解決による地域の酪農発展へのさらなる貢献を誓った。

完成した新牛舎内部

 同ファームは1951年に入植し、88年に法人化、昨年町内の佐藤真樹牧場と合併して2戸の共同経営法人となった。労働力不足による労働時間増加が課題となっており、施設の更新時期を迎えたため、牛舎を新築した。

 新牛舎は鉄骨造り約4500平方メートル。以前から搾乳ロボット2台を導入していたが、新築に当たってさらに3台を設置し、牛床や通路のふん尿を自動で清掃する「スクレーパー」、自動給餌機なども取り入れた。町内酪農関係者によると、これほど自動化を進めた牛舎は町内では珍しいという。

 事業費は約5億4500万円。新牛舎には28日に約320頭を入れる予定で、これまでの飼養頭数約600頭(うち経産300頭)を、将来的に750頭(同380頭)に増やす。

 竣工式には地域や町の関係者約100人が出席。北藤社長は「念願だった完成。労働時間低減や省力化に取り組み、地域振興に貢献したい」とあいさつした。

 村瀬優町長、堀田成郎町議会議長、JAひろおの萬亀山正信組合長が祝辞。萬亀山組合長は「家族経営が酪農の基本。地域を支える核となることを期待したい」と述べた。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...