北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自動化牛舎を整備 搾乳ロボット新たに3台 北藤ファーム【広尾】

 酪農業の北藤(ホクトー)ファーム(町紋別21、北藤利通社長)は、搾乳ロボットや自動給餌機、ふん尿掃除装置を導入し、自動化、機械化を進めた牛舎を整備した。22日に同ファームで竣工(しゅんこう)式が開かれ、労働力不足の課題解決による地域の酪農発展へのさらなる貢献を誓った。

完成した新牛舎内部

 同ファームは1951年に入植し、88年に法人化、昨年町内の佐藤真樹牧場と合併して2戸の共同経営法人となった。労働力不足による労働時間増加が課題となっており、施設の更新時期を迎えたため、牛舎を新築した。

 新牛舎は鉄骨造り約4500平方メートル。以前から搾乳ロボット2台を導入していたが、新築に当たってさらに3台を設置し、牛床や通路のふん尿を自動で清掃する「スクレーパー」、自動給餌機なども取り入れた。町内酪農関係者によると、これほど自動化を進めた牛舎は町内では珍しいという。

 事業費は約5億4500万円。新牛舎には28日に約320頭を入れる予定で、これまでの飼養頭数約600頭(うち経産300頭)を、将来的に750頭(同380頭)に増やす。

 竣工式には地域や町の関係者約100人が出席。北藤社長は「念願だった完成。労働時間低減や省力化に取り組み、地域振興に貢献したい」とあいさつした。

 村瀬優町長、堀田成郎町議会議長、JAひろおの萬亀山正信組合長が祝辞。萬亀山組合長は「家族経営が酪農の基本。地域を支える核となることを期待したい」と述べた。

関連記事

日高報知新聞

中男73㌔以下は佐藤選手

 公益社団法人北海道柔道整復師会日胆ブロック主催の第33回日胆柔道スポーツ少年団交流大会兼第28回文部科学大臣杯争奪北整選抜少年柔道大会選考会(浦河柔道連盟主管)が14日、浦河町ファミリースポーツセンタ...

日高報知新聞

開幕日のレース楽しむ【浦河】

 17日に日高町の門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬を盛り上げる「応援ビアバーティーin・Aiba浦河」が同日夜、浦河町の浦河ウエリントンホテルで開かれた。この日は全道的に6月から夏並みに気温...

苫小牧民報

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

苫小牧民報

ワーカム北海道、独身寮再建へ 来年6月完成-むかわ

 いすゞ自動車は、胆振東部地震で被災したグループ会社「ワーカム北海道」(本社・むかわ町)の独身寮(むかわ町文京)を再建する。災害に備えて耐震性を高めて、非常用電源なども備えていく。災害時は住民に...

室蘭民報

市ふれあい市民農園オープン、農作業に心地よい汗【室蘭】

 室蘭市崎守町の市ふれあい市民農園が17日開園した。利用者は晴天の下、農作業に入り、心地よい汗を流していた。11月17日まで開園しており、2019年度は121人が申し込んだ。内訳は50平方メート...