北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

過去最多2271万人 2017年新千歳空港乗降客

多くの外国人観光客でにぎわう新千歳空港国際線(昨年12月29日)

 2017年の1年間に新千歳空港で乗降した人数は前年より約140万人(6・6%)多い2271万7980人に上り、過去最多を記録した。好調な国際線が約70万人(27・5%)増の328万9734人と初めて300万人の大台に達し、全体をけん引した。年間乗降客数の2000万人超えは15年から3年連続、過去最多更新は14年から4年連続となる。

 国土交通省新千歳空港事務所が21日、17年の航空概況(速報値)として発表した。国内線は3・72%増の1942万8246人。3月のダイヤ改正で1日2便に増えた茨城線は48・7%増の15万8498人だった。

 主な路線別では羽田線が0・9%増の975万5806人のほか、成田線が7・3%増の185万2981人、中部線が4%増の146万7875人、関西線が6・8%増の123万6356人、大阪線が4・6%増の121万5216人と各路線とも伸ばした。

 国際線の主な路線別では韓国線が46・7%増の113万1662人で、初めて100万人を上回った。増加の約3分の2を占めるソウル線のほか、新規就航した大邱線も増加に貢献したとみられる。  中国線は上海吉祥航空の就航で好調な上海線を中心に70・3%増の43万534人、台湾線は5%増の77万4499人、香港線は28・7%増の47万1582人と続いた。アジア圏で高い北海道観光の人気に支えられた形だ。

 貨物取扱量は国内線と国際線で8・03%減の計19万1746トン。国内線が9・86%減の17万8902トン、国際線が28・23%増の1万2843トンだった。

 概況では空港への各アクセスの利用状況も示された。JR新千歳空港駅の乗降者数は5・5%増の1162万1108人、駐車場の利用台数は5・8%減の150万5772台、貸し切りバスは2・6%増の5万3624台、レンタカーは5・1%増の40万2674台。

年間旅客数の移り変わり

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...