北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ソ連の四島侵攻に米国からの貸与艦 元島民に驚きと困惑【根室】

約100人がかけつけた資料解説の様子=スライドは国後島上陸作戦に使用された艦船の写真

 ソ連軍の北方領土上陸作戦に米国からの貸与船が一部使用されていたことが根室振興局の調べで分かり、市民の間に米国へ対する疑念と困惑が広がっている。21日に道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれた同振興局の企画展「北方四島~運命の九日間~」の資料解説ではこうした史実が紹介され、四島侵攻のために貸与された船ではないにしろ、米国にも責任の一端があるのでは―との声が上がった。

 米国は昭和16年から20年にかけて、連合各国に対して軍需物資を供給するレンドリース(武器貸与法)に基づいて対日戦用の戦艦を貸与しており、ソ連には上陸用舟艇30隻、掃海艇55隻、護衛艦28隻、駆潜艇32隻の計145隻を貸与。このうち昭和20年8月28日から9月5日までの四島上陸作戦には10隻が使用された。

 この事実は米ソが対日戦へ参戦することを決めた昭和20年2月の「ヤルタ会談」直後に開始した極秘作戦「プロジェクト・フラ」で使用された艦船リストと、サハリン博物館から入手した紀要を同振興局北方領土対策課が照らし合わせたことで明らかになり、四島侵攻に使用した船の所有国や形状、型式などが詳細に分かっている。

 これらの資料から得た情報をもとに、艦船に詳しい専門家などから写真を収集するとともに、四島地図へ侵攻の経路や方法を書き込んだ資料のほか、元島民からの聞き取り資料のパネルを作成。元島民を恐怖に陥れた艦船の姿を明らかにし、「忘れてはいけない物語」として後世に伝えようと2月2日まで企画展を開いている。

 21日の資料解説では、国後島元島民二世で根室振興局の谷内紀夫副局長が展示資料をスライドで映し出しながら説明。コメンテーターとして参加した河田弘登志千島歯舞諸島居住者連盟副理事長は米からの貸与船が四島侵攻に使用されたことについて、今後の返還運動には影響ないとしたものの「あまり知られていなかった事実を、生の声で全国へ発信していくべき」と話していた。

 解説を受けた宮谷内亮一千島連盟根室支部長は「米国にも責任の一端があるのではと個人的に思う。北方領土問題についてもっと米国が理解を深め協力するよう、日本政府はこのことについても今後対応していく必要があるのではないか」と指摘した。

 資料解説には約100人の市民や返還運動関係者が参加。来場した市内在住の齋藤孝夫さん(78)は「このような事実を知って驚いた。解決せずにここまできた北方領土問題に、米国から何かしらのアプローチがあれば何か進展につながるのでは」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

最後の奨学資金寄付【新ひだか】

【新ひだか】町アサヒビール協力会(鳥谷末雄会長)は17日夜、奨学資金として町に10万円を寄付した。  この日は、町公民館で最後のチャリティーとなる「第60回アサヒビアパーティー」を開催。同会では昭...

日高報知新聞

空き店舗をにぎわい拠点に【浦河】

 浦河町の若手集団「浦河リノベ部」(上埜友介部長、部員8人)は、空き店舗だった大通4の旧三好畳店の改装を手掛けた「シェアスペース・tatamiya(たたみや)」で18日、オープニングイベントを開...

苫小牧民報

G20観光相会合へ機運高める 新千歳にカウントダウンモニュメントお目見え

 北海道は18日、20カ国・地域(G20)観光相会合開催までの残り日数を表示するカウントダウンモニュメントの除幕式を新千歳空港国内線ターミナルビルで行った。会合実行委員会会長の鈴木直道知事が立ち...

苫小牧民報

震災協力者もてなし 安平・道の駅で「復興感謝フェス!」

 あびら観光協会と安平町復興ボランティアセンターのメンバーら町民有志でつくる「あびら復興加速実行委員会」主催の「復興感謝フェス!」が18日、安平町追分の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーショ...

名寄新聞

運動会で1番目指す!・高校生が教える陸上競技教室【名寄】

 名寄高校陸上競技部(三浦航大主将、部員27人)の「高校生が教える陸上競技教室~運動会で一番をめざそう!~」が18日に同校グラウンドで開かれ、小学生たちが速く走るための練習などを体験。多彩なプログ...