北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

大人のスイーツいかが? 末廣軒×国稀酒造で吟醸酒粕ケーキ

 函館空港国内線ターミナルビル2階の土産店「函と館」に、酒かすを生地に練りこんだパウンドケーキが登場した。洋菓子製造販売の末廣軒(北斗市中央2、佐々木博史社長)と留萌管内増毛町の老舗酒蔵「国稀酒造」によるコラボレーション商品で、大人のスイーツとして売り込む考えだ。  商品は「吟醸酒粕(かす)ケーキ」。土産店を運営する函館空港ビルデングが、大人向けの菓子を求めて末廣軒に開発を依頼した。  同社は、昨夏に札幌市で開かれた商談会を契機として、国稀酒造から酒かすを購入。食感にこだわり、何度も試作を重ねて昨年11月下旬、商品化にこぎつけた。  その日の湿度などによって焼き時間を調整し、焼き上がり後は酒を塗り重ねて仕上げた。アルコール分は2%で、口に含むと濃厚な酒の風味が広がるのが特徴。  酒かすを使った洋菓子は全国でも珍しいといい、末廣軒の佐々木善史常務(41)は「特別な人へのプレゼントとして買い求めてほしい」とPRする。今後は東京の商談会などで商品の提案を予定する。  350グラム入りで2160円(税込み)。同空港と末廣軒、新函館北斗駅構内のアンテナショップ「ほっとマルシェおがーる」などで取り扱っている。問い合わせは末廣軒(0138・73・3122)へ。(山田大輔)

関連記事

十勝毎日新聞

ラワンブキでお茶 「雨やどり」28日登場【足寄】

 足寄町特産ラワンブキを使ったブランド茶「雨やどり」が28日に登場する。さっぱりとした味わいと新緑の香り、ハーブティーの位置づけで商品化された。足寄の道の駅関連施設のチャレンジショップ「ふきのし...

十勝毎日新聞

6年かけ「十勝パン」 地場小麦100%の新商品【十勝】

 十勝のパン職人らで構成する「十勝パンを創る会」(中島将好会長、8店)が6年がかりで開発してきた、十勝産小麦100%使用のオリジナル品「十勝パン」が完成した。イタリアの長時間発酵パン「チャバタ...

十勝毎日新聞

磯の味覚 手作業で フノリ漁【広尾】

 広尾町内の国道336号沿いの沿岸で、磯の味覚フノリの漁が行われている。  漁は3月から6月ごろまで、月1、2日程度行われる。今年は3月に1度、生で販売するフノリを取った。  4月17日は...

十勝毎日新聞

無料冊子「ラーメン街道」発刊 全道4エリア139店掲載【十勝】

 道内の新聞社5社で組織する北海道地方紙連携協議会(事務局・CMC函館営業所)は1日、フリーマガジン「ラーメン街道2018」を発刊した。道内4エリアから139店の人気ラーメンを紹介している。 ...

函館新聞

鹿部の「軽石干し」料理味わって ロイヤルホテル11日と25日にバイキング..

 みなみ北海道鹿部ロイヤルホテル(鹿部町本別530、若井浩支配人)は11日と25日、町の特産品として新たに誕生した「軽石干し」を使った料理を提供する「サンデーランチバイキング」を行う。同ホテルは...