北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

大人のスイーツいかが? 末廣軒×国稀酒造で吟醸酒粕ケーキ

 函館空港国内線ターミナルビル2階の土産店「函と館」に、酒かすを生地に練りこんだパウンドケーキが登場した。洋菓子製造販売の末廣軒(北斗市中央2、佐々木博史社長)と留萌管内増毛町の老舗酒蔵「国稀酒造」によるコラボレーション商品で、大人のスイーツとして売り込む考えだ。  商品は「吟醸酒粕(かす)ケーキ」。土産店を運営する函館空港ビルデングが、大人向けの菓子を求めて末廣軒に開発を依頼した。  同社は、昨夏に札幌市で開かれた商談会を契機として、国稀酒造から酒かすを購入。食感にこだわり、何度も試作を重ねて昨年11月下旬、商品化にこぎつけた。  その日の湿度などによって焼き時間を調整し、焼き上がり後は酒を塗り重ねて仕上げた。アルコール分は2%で、口に含むと濃厚な酒の風味が広がるのが特徴。  酒かすを使った洋菓子は全国でも珍しいといい、末廣軒の佐々木善史常務(41)は「特別な人へのプレゼントとして買い求めてほしい」とPRする。今後は東京の商談会などで商品の提案を予定する。  350グラム入りで2160円(税込み)。同空港と末廣軒、新函館北斗駅構内のアンテナショップ「ほっとマルシェおがーる」などで取り扱っている。問い合わせは末廣軒(0138・73・3122)へ。(山田大輔)

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...