北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

初の雪道走行データを収集 苫東で2回目、自動運転実証実験

冬道走行のデータを収集する実証実験の車両(手前)

 北海道大学と民間企業6社でつくる冬道自動運転車の技術開発プロジェクトチームが24日、苫小牧市柏原の苫小牧東部地域で今年度2回目の実証実験を行った。積雪状態での試験走行は初めてで、直線と周回の2コースで速度を変えながら走り、自動運転に必要なデータを収集した。今年度から3年計画のプロジェクトに取り組む担当者は「一部センサーに不調はあったが、全体ではほぼ順調。2月下旬にも3回目の試験走行を行いたい」としている。

 実証実験には、開発チームのメンバー15人が参加。ドライバーやデータ計測者など3人が実験車両に乗車し、時速10キロ以下から30キロまで段階的に速度を変えながら、苫東の林の中に設けた直線と周回路のテストコースを走行した。車両には6台のセンサーやカメラなどを搭載。検知状態などその都度確認しながらデータを収集した。今後、同様の試験を繰り返しながらデータ分析を進めるという。

 プロジェクトリーダーを務めるシステム開発会社代表の坂本謙治氏は「思ったよりも積雪量が多く条件的には良かった。圧雪や凍結など雪の状態に応じてセンサーの反射率なども変わってくるので、今後は無雪状態のデータと比較してどんな違いがあるかを調べたい」と話した。

 実証実験は、積雪で見えない障害物をセンサーなどの検知情報で判断し、回避動作を取るシステム開発が目的。現在は人が運転してデータを収集しているが、坂本氏は「早ければ次回の実験で自動運転状態にしてテストしたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス